2020年01月18日

アイドルグループが占拠する歌謡界の衰退

最近の、と言うか、もうだいぶ前からですが歌謡界がとてもつまらなくなってきて、歌番組なども激減してしまいましたね。
そうした数少ない番組も似たようなアイドルグループばかりが頻繁に出演しており、肝心の歌よりも踊りのほうが重視されている印象を受けます。

照明の効果もやたらと派手になってきて目がチカチカするし、歌手の歌声をじっくりと聴くような環境ではなくなっているような……

過剰な演出と特定のアイドルグループ押しは紅白歌合戦を例にあげれば顕著にわかります。

b200118_01.jpg
昨年、史上最低視聴率を記録した「紅白歌合戦」に未来はあるか?

最近は手品ショーあり、けん玉ショーあり、寸劇あり、スポーツ関連企画ありなど、もうなんでもござれのバラエティー番組化して「歌合戦」という名称も「紅白バラエティーショー」に変更したほうがいいくらいです。

また女性に人気のある男性アイドルグループのメンバーが毎年交代で司会を務めるので、そこからして不利な紅組はここ数年は勝てなくなってしまっています。

b200118_05.jpg
批判もある紅白の司会独占は彼らの咎ではないが……

要するに特定の芸能事務所が強大化して、どの局も忖度せざるをえなくなったのか、デビュー前の新人グループさえあちこちの番組にひっぱりだこのようです。

これでは弱小芸能事務所に所属する歌唱力あるソロ歌手の出る幕などなくなってくるのは当然でしょうね。

女性アイドルグループも似たようなものがいくつもありますよね。メンバーが入れ替わっても絶対に気づかないでしょう。

もちろんそうしたアイドルグループがあっても良いのですが、あまりにも多くなり過ぎていやしませんか? と問いたいのです。

その反面、昔と比べて演歌歌手の存在が極端に薄れてきて、その存続も危ぶまれるような状況になっています。NHKの歌番組で辛うじて生き残っていることに気づくくらいです。

氷川きよしさんなども相当な危機意識があったのでしょうか。最近はビジュアル系ロック歌手の特徴を大胆に取り入れて必死にがんばっているようです。

b200118_02.jpg
昇龍に乗り「限界突破」に挑戦する氷川きよしさん

最近のロックバンドにも注目株が結構ありますが、彼らもファンの人以外は似たように聴こえる曲が多くて、見分けのつかないことがありますし、大ヒット曲といっても年配者は知らなかったり、特定の世代にしかアピールしないということでしょうか。

若年層など一定の世代向けの曲があってももちろん良いけれど、20年後、30年後にどれだけのバンドが生き残って活躍しているだろうか。

そうしたことを考えると、ソロ歌手、グループ歌手に関わらず、全世代の人が口ずさめ長く後世に残るような優れた曲の誕生を望みたくなります。

といってもネット社会がこれほど発達して、人々の関心も好みも多様化している今の時代には老若男女、誰もにアピールする歌手・アーチストの存在はもはや望むべくもないのでしょうか。

アイドルグループやダンスグループが全盛となり、どの歌謡シーンも画一的になってしまった今の歌謡界に、新たな息吹を吹き込む本格的な歌手がすい星のように現れることを期待しながら、どこか醒めて諦めてしまっている自分は、すでに時代から取り残されているだけなのか。

もはや「令和の時代」に美空ひばりは生まれず、山口百恵も伝説の歌姫と化し、唯一、国民的アイドルグループに昇華した SMAPは「うつし世」で見た最後の夢だったのかもしれません。

後に続くものはみなごり押しの、作られた「国民的なんちゃら」で、幻惑される者もいますが、醒めた眼で見つめている者も少なからずいるようです。

「明日の歌謡界」に救世主は現れるのか、否か?

まあ、もう少しだけ様子を見てみましょうかね。

posted by orion at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能

2018年01月02日

紅白・欅坂46の歌を聴いて「貴乃花だ!」と思った

明けまして おめでとうございます。

今年(2017)の紅白歌合戦は昨年(2016)よりもまとまりがあって、いくつかの見せ場もよくできており、司会者も安定感が増して良かったと思います。

b180102_012.jpg

話題のバブリーダンス(郷ひろみの歌の時)も観たし、

b180102_03.jpg

黒柳徹子さんのドラマの主題歌(福山雅治)も聴けたし、「ひよっこ」の寸劇も桑田さんが登場したりして、なかなか面白かったです。

b180102_07.jpg

安室奈美恵さんのステージ・シーンはとても美しく

b180102_11.jpg

X JAPAN・YOSHIKIさんのドラム復活のサプライズもあり

b180102_09.jpg

ただカメラワークが落ち着きがなく、正面から観客の立場で見たいと思っても、突然うしろに回ったり、横から映したり、動きがせわしなく、全体のイメージが損なわれたところがちょっと残念でした。

他にも楽しめる企画がありましたが、なかでも欅坂46のステージを観て、初めて歌詞をじっくり聴いてみたら「あー、これ貴乃花のことじゃない? 貴乃花の立場にそっくりだ!」と思ってしまいました。

b180102_04.jpg

たとえば、

僕はイエスと言わない 首を縦に振らない 〜

最後の最後まで抵抗し続ける 〜

叫びを押し殺す 見えない壁ができてた

ここで同調しなきゃ裏切者か 仲間からも撃たれると思わなかった

僕は嫌だ! 不協和音を恐れたりしない

嫌われたって 僕には僕の正義があるんだ

殴ればいいさ 一度妥協したら死んだも同然

支配したいなら 僕を倒してから行けよ!

ああ 調和だけじゃ危険だ 〜


ね、ねっ、なにか今の貴乃花親方の立場を象徴しているようではありませんか。

一度妥協したら死んだも同然、って本人は本気で思っているのかもしれませんね。

さて、今年はどうなることになりますやら、政治の面でもいろいろ目が離せないことだらけで、私ももうすこしブログ更新できるようにがんばろうと思います。ランキング参戦については、毎日は更新できないので、あきらめました〜<(_ _)>

posted by orion at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能

2017年03月05日

『アナと雪の女王』(フジTV)観ました〜

とうとうテレビ解禁になって、昨晩やっていましたね『アナと雪の女王』(2013年 ディズニーアニメ)。私は劇場で観ていなかったので、しっかりみました。期待していたよりも意外性があって、とても良かったです、うん。

bana02.jpg
自分の魔法の力で、誤って妹アナを傷つけてしまったエルサ。娘を心配して救いを求めにきた両親(国王夫妻)

当時、劇場に観に行った人が、出てきたときにみんな泣いていたので、アニメ映画でそんなに泣くのかな、とちょっと不思議に思ったのですが、やっとわかりました。その涙のわけ、最後の驚きと感動が!

あの「ありのままで〜」とエルサが歌う場面は、これまで何度もテレビで観ていたのですが、昨日全編の映画の中であらためて観て、その背景の美しさ、歌唱のすばらしさ(松たか子さん)もあって、まさに圧巻でした。

bana03_1.jpg

この映画のテーマをひと言で表現すれば、やっぱり「愛は勝つ」かな。わき役陣にもそれぞれの愛のかたちがあって、ほろりとさせられるところがあります。エルサが雪で作ったオラフとか、クリストフの相棒のトナカイとか、キャラクターがすごくおもしろいです。

bana10.jpg
アナ、オラフ、クリストフ、彼の相棒トナカイ

山頂の氷のお城に閉じこもってしまったエルサは迎えにきた妹アナに「私に近づかないで」と言って拒否します。手に触れるものすべてを凍らせてしまう魔法の力でアナを傷つけてしまった、子供のころの思い出が忘れられないのですね。その力は再びアナの命を奪いそうになり……

bana06.jpg
迎えに来たアナから逃げようとするエルサ

両親を失い、姉からも遠ざけられて、寂しい思いをしていたアナは、初めて会ったハンス王子に一目ぼれして、その場で結婚の約束をするのですが、このふたりの結末にも「あっ」と驚かされますよね。

bana07.jpg
アナとハンス王子

森で出会ったクリストフはアナを助けて、いっしょにエルサを探しに行きます。彼はアナが好きになるのですが、別の男(ハンス)と婚約していることを知って、身を引くのです。そして、国中を凍らせた罪で城に捕らわれたエルサと、姉を救おうとするアナに危険が迫ってくる――

bana08.jpg
凍ってしまったアナを見て、狼狽するエルサ

↑この場面の結末に私も感動して、思わず泣いてしまいました。

観終わってから、なぜか世界の情勢に思いをはせ、映画のようにはうまくいかない現実に引き戻され、ため息をついてしまう自分に気づきました。とくに、近隣の事件、政情が気になっています。

平然と国家犯罪に手を染める国がありますからね。「いったい、いつの時代だよ」と思っても、現実に起こっていることなのですよね。すべてが明らかに異常なのに、誰も、どうすることもできない、この無力感。北の将軍様を我々の世界に引きずり込むことは不可能なのでしょうか。

中国、米国と、複雑に国益が絡み合うので、思い切った策をとることもできない。一人の独裁者のために、一般庶民はこの時代にインターネットをやることさえできず、世界中の情報から隔離されています。いつまでこんな状況が続くのか、というよりも、放置しておくことが許されるのか、と思ってしまいます。


北の最高権力者に問うてみたい。あなたはこのアニメ『アナと雪の女王』を見ましたか、と。もし見たら、最後の場面に涙しなかったか、どうか。まだ人間の心があるなら、自分の家族を愛するように、無力で貧しいあなたの人民を愛することはできませんか、と。

あの国において、『愛は勝つ』という言葉が通用するのかどうか、さらに考え込みながら、もう一度、この映画の録画ビデオを観はじめています。

posted by orion at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能

2017年01月05日

SMAP、もうそっとしておいてあげて+紅白(NHK)の感想

明けましておめでとうございます。新年になって最初の書き込みです。
なんかSMAPで暮れ、SMAPで明けた年末年始でしたね。年が明けてもいろいろと新聞やテレビを賑わしているようで――そろそろSMAPネタも飽きてきたかな。

bsmaptv03.jpg

というより、もうここらへんでそっとしておいてあげたほうがいいんじゃない? 中居くんも、大晦日のラジオ番組で解散について
「誰も悪くない。もう(メンバーを)そっとしておいてやって」
と語り、最後には一人一人の名前を呼んで、
「じゃあね、ばいばーい」と明るく終わらせていたのですから。

これからは各メンバーの活動を静かに、温かく見守っていきましょうよ。今後、5人がどうなっていくのかは神のみぞ知る、ということで……そうそう、最後の「SMAP×SMAP」(フジTV)では、コマーシャルの白いわんこが「さよならじゃないよな」と寂しげにつぶやいていたのが、とても印象的でした。

bsmaptv02.jpg
さよならじゃないよな?


さてSMAPが出なかったNHKの紅白歌合戦は、けっこう新しい話題で盛り上がり、演出もこれまでとはだいぶ違っていましたね。

bkohaku06_1.jpg
舞台上に勢ぞろいした紅白出場者たち

いろいろと趣向を凝らしてグダグダし過ぎたとか、若い二人の司会、特にネットでは白組・相葉(嵐)君の司会がへたくそと叩かれていましたが、初めて(一人では)にしては、かなり健闘していたのではないでしょうか。あれ以上を望むのは、ちょっと酷かも。紅組司会の有村さんは、とても落ち着いていて、初めてとは思えないほど安定感があって良かったと思います。

とにかく、歌の合間、合間にいつもとは違う寸劇があったり、ゴジラのドラマがあったりで大変だったでしょう。

タモリとマツコのコンビは、舞台裏をうろついたあと、最後には会場の座席までたどり着いて「やれやれ、やっと着いたわ。みなさん、こんちわー」とか言って、観客のみなさんに挨拶してほしかったかな。なにか中途半端な感じがして、残念でした。おそらく「ブラタモリ」の番外編的な演出だったのでしょうけれど。

bkohaku02.jpg
タモリ&マツコ・デラックス

ピコ太郎はRADIO FISHとのからみもあって面白かったけれど、ちょっと出しすぎの気もしました。歌う場面もゴジラ退治前の1回きりにしたほうが効果的だったかも。本格的な声楽隊との組み合わせが意外で、インパクトがありましたからね。

bkohaku04.jpg
ピコ太郎

ゴジラがNHK紅白会場を襲撃するというドラマ的な演出は初めてだったので、視聴者側に戸惑いがあって、賛否両論ありましたが、新しいものに慣れていけば、それほど違和感はなくなるのかもしれません。私はけっこう楽しめました。

bkohaku05.jpg
ゴジラ

ところで視聴率(関東地区)は第一部(午後9時まで)が35.1%、第二部(午後9時以降)が40.2%で、昨年と比べてそれぞれ0.3ポイント、 1ポイント増えたそうです。新しい試みが拒否されたわけでもないようで、良かったですね。

ただ勝敗は、視聴者&会場の結果に反して、紅組が勝利したことには疑問を投げかける人たちもいたようです。審査員票がほぼ紅組に偏っていたのは、白組優勢をみてバランス感覚が働いたのかもしれませんね。

今回はRADIO FISHの「パーフェクトヒューマン」やテレビドラマが注目された星野源の歌&恋ダンス、コマーシャルで人気が沸いた桐谷健太の歌「海の声」おまけのゲスト・ピコ太郎を含めれば、かなり話題性があって白組が勝利してもおかしくはなかったでしょう。

でも、これまで白組の司会には嵐など、ジャニーズ系の歌手を起用することが多かったので、女性ファン票もそちらに流れるでしょうし、紅組の司会は大体女優一人が務めるという傾向を考えると、公平だったとも思えません。

ですから、一昨年を除くここ数年は白組勝利が続いて、なかなか紅組が勝てないのですね。しかたがないので審査員票でなんとか紅組を勝たせて、勝敗のバランスをとるしかなくなっているのでしょう。

女性に圧倒的人気があるジャニーズ系タレントを白組司会に起用しているかぎり、不公平感は拭えませんね。さて、今年の紅白はどうなるのか、司会、演出ともに注目したいと思います。

あ、最後に言い忘れましたが、PPAPをやって、視聴者をあっと驚かせた総合司会の武田真一アナウンサー。

bkohaku07.jpg
あー、武田さん、やっちゃったー。

NHKさん、この方にぜひ特別賞を差し上げてください(笑)
posted by orion at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能