2019年08月04日

アメリカさんも韓国に言うべきこと言って!

日本政府が貿易管理上の優遇対象国からの韓国除外を決めたことについて、米政府は日韓のさらなる関係悪化を懸念している。
2日にはポンペオ国務長官が、事態の沈静化に向けて両国の仲介に乗り出した。

ポンペオ氏は2日、バンコクで河野太郎外相、韓国の康京和外相との3カ国会談に臨み、「(日韓の状況を)深く憂慮している。米国としてできる役割を果たす」と語った。関係悪化が、日米韓3カ国間の安全保障協力や北朝鮮の非核化に向けた取り組みに影響を及ぼしかねないという危機感がある。

ただ、米政府は日韓いずれかの立場を支持することには慎重な姿勢を崩していない。当面は、15日に行われる文在寅大統領の演説や、韓国側が破棄を示唆した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)への両国の対応を注視。緊張緩和に向けて自制と対話を促していく方針だ。(時事通信社)


b190803_02.jpg
康京和韓国外相、ポンペオ米国務長官、河野太郎外相

日本政府が第2次経済報復として韓国を「ホワイト国」から除外したことは、韓国国内の日本製品不買運動に油を注ぐものとなった。特にユニクロやアサヒビールなど日本ブランド製品の不買を越えて、日本産原料・素材などを使用した製品にまで「ボイコットジャパン」が拡散している。(中央日報 8/3)

韓国の文在寅大統領は、日本から「ホワイト国」を除外されたことについて「盗っ人たけだけしい」などと強く批判し、「相応の措置をとる」と報復を宣言した。
文在寅大統領「今後、広がる事態の責任は、全面的に日本政府にあるという点を明確に警告する」(FNN 8/2)

b190803_03.jpg
文在寅大統領(「盗っ人たけだけしい」のはどちら?)

どうも米国は逃げ腰のようですが、韓国のお守を日本にだけ押しつけるってどうなの? こんな反日感情にとり憑かれたヒステリックな人たちには日本が何を言っても無駄でしょう。

b190803_04.jpg

最近、韓国大統領訪米時の首脳会談がたったの3分で終わった、とかいうニュースを聞いた覚えがありますが、トランプ大統領も文在寅氏を信用してないのではないですか。

貿易に関する安全保障上の問題については米国もその疑惑、あるいは把握している事実をはっきり韓国政府に伝えて、警告するべきではないでしょうか。

今回の措置(韓国をホワイト国から除外)についてはどうもトランプ大統領は了解済みで、安倍総理と綿密に話し合った結果のような気がしてならないのですよ。

いくら韓国が米国の同盟国で自由主義陣営に繋ぎ留めておきたいからといって、日本にだけ韓国への対応を任せて、米国が中立の立場をとるというのは、ちょっとずるいと思うのです。

日本はこれまでこの隣国にはほとほと手を焼いてきたのですから、今回ははっきり日本の味方をしてくださいよ、米国さん。でないと事実をそのまま伝えられていない韓国民の反日感情は益々エスカレートして、日本も断交を考えざるを得なくなってしまいます。

そんな最悪の事態になったら、米国だって困るでしょう。激化する対日感情を鎮めるには、米国のくぎを刺すひと言が必要だし、またここで日本が下手に譲歩すれば、韓国はさらに解決のゴールポストを動かして、新たな問題が発生するのは今までの経験から明らかなことです。

米国さん、一度でいいから日本側に立って、駄々っ子のような困った我が隣国に喝を入れてくださいな。

文在寅は北朝鮮のスパイではないか? と本当に疑っているならさ。


南北朝鮮の仮想敵国は日本なんですよ。

将来、わが国に牙をむくであろう反日国家にこれまでたくさんの経済・技術援助、貿易上の優遇措置を講じて肥え太らせてきたのはわが日本なのですから、ほんとに正気の沙汰ではありません。

相手はそれを当たり前と見て感謝するどころか、益々居丈高になっているではありませんか。


たとえ南北統一がなされたとしても、半島国が必ずしも西側につくとは限らないこと、地理上の観点からも、中国に呑み込まれていく可能性は決して低くないこと、その危険性を日本は今から米国と共有しておくべきだと思うのです。

その将来のあり得るべき展望について、日本政府は米国にしっかり伝えておいてほしいものです。

唯一の希望的観測は、民間交流で相互のネガティブな感情を改善して真に友好的な関係を築き上げることだと思いますが、その交流さえも今は制御できない反日感情によって次々と中止されている状況なのですから、あまり期待はできませんね。

奇跡でも起こらないかぎり、彼らの反日感情が親日に振れることはまずないと、最悪の結果を想定して、我々は将来に向けた準備をしておいたほうがよいと思います。

北への瀬どり、レーダー照射事件、戦略物資の横流し……
韓国の数々の疑惑について、日本を矢面に立たせるばかりでなく、米国自ら韓国に問いただすように、安倍総理はトランプ大統領にはっきり要請してほしいです。

とにかく、あまりにも激情的で、まともな交渉さえできない国家ですから、いざという時には米国が引導を渡すしかないでしょう。トランプさんでも、ポンペオ国務長官でもいいですから、韓国の裏切り行為については明確に言及するべきだと思います。

米国さん、日本と韓国、どちらの同盟国がより信用できるか、よくよく考えて、最悪の事態が生ずる前に、その立場を鮮明にする決断をよろしくお願いします。日本はもう我慢の限界超えていますから。
posted by orion at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年06月26日

トランプ大統領、日米安保破棄の考えを側近に漏らす

トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。旧条約から数えて60年余り前に調印された安保条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。以下略(ブルームバーグ)

b190624ko8.jpg
トランプ大統領

だからトランプさんは突然何を言い出すかわからない人だから。彼は経済人だから基地費用の負担増や貿易問題での譲歩を日本側に要求する取引材料として発言した可能性もあるけれど、同盟国相手だからといって全面的に信用してはいけない、ということを我々が考える良い機会かもしれません。

というか、戦後の日本が軍隊を持てないようにしたのは米国でしょう。それを朝鮮戦争だの、米ソ冷戦だので、あわてて日本に自衛隊を創設させたのも全部アメリカさんの意向ですよね。トランプ大統領はそうした歴史をご存じなのでしょうかね。

それに日米安保は日本だけでなく、アジア太平洋地域の安全保障にもかかわっており、ベトナム戦争でも日本の基地を利用したし、日本の米軍基地はいわば米国の飛び地みたいなもので米国にとっても大いに役立っているはずなのです。

もし日米安保が破棄されたら、もはや中国の思うつぼで、この地域での米国の影響力は著しく低下し、中国が覇権を握るのは間違いありません。

そんなことは米国もわかっているはずだとは思いますが、その一方でいつまでも日本の安全保障を米国だけに頼って良いのか、という問題も当然持ち上がってきます。

100年後、200年後も日本に外国の軍隊が駐留していること自体、独立国として健全な状態と言えるのか。

年々高まってくる強大な中国の脅威にどう対峙すれば良いのか、70年経っても100年経っても、謝罪と賠償を求め続けるであろう韓国とどう付き合ってゆけば良いのか、今から未来の青写真をしっかり描いて、日米安保抜きの日本の在り方を、政府も、野党も、我々国民も真剣に考え、最良の答えを見いだしてゆかなければならないでしょう。

中国とは経済面や民間交流で良好な関係を保って、北朝鮮に対する日本の立場を理解してもらえる努力をすると同時に、決して中国に取り込まれないように警戒を怠らないことも必要でしょう。

さて、ここからは「オリオンの生活日記」です。

北海道行ってきましたー!

b190624ko6.jpg
旭山動物園の白クマさん

ガラス越しなのでちょっと写りが悪いです。


b190624ko4.jpg
美瑛・白金「青い池」

一番見たかったところです。本当に水面が不思議な青色をしていて、神秘的な雰囲気が漂っていました。

b190624ko5.jpg

定番の摩周湖にも行ってきました。20歳の時に一人旅をして一度訪れていたので、若き日の思い出がよみがえって、とても懐かしかったです。

b190624ko7.jpg

これは網走刑務所内に飾ってあった受刑者が描いたという似顔絵です。プロ並みのうまさにびっくりしたのでご紹介しました。左から皇太子妃時代の美智子上皇后さま、美空ひばりさん、えーと外国女性は誰だったかな。

その他、メルヘンの丘、オシンコシンの滝、釧路湿原など行ってきましたが写真たくさんになっちゃうのでここらへんでやめときます。また、秋になったらどこか行きたいなー。実現したら、ここでまたご報告しようと思います。

posted by orion at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年05月15日

河野外相、日韓関係改善の前に言うこと言って!

日韓両政府が22〜23日にフランス・パリで開かれる経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に合わせ、河野太郎外相と康京和(カンギョンファ)外相が会談する方向で調整していることがわかった。実現すれば、河野氏は元徴用工らへの賠償問題で日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう要求し、日本産水産物の輸入規制についても解除を求めるとみられる。(2019/05/13 朝日新聞)

190514kono02.jpg
河野太郎外務大臣

河野外相は日韓関係改善に意欲を見せているようですが、たとえ慰安婦、元徴用工、レーダー照射事件など、個別の問題を解決できたとしても、日韓関係の根本的な問題が解決されたことにはなりません。

なぜなら、韓国の大統領が変われば解決されたはずの諸問題がまたぶり返される可能性が大いにあるからです。そんなことは過去を振り返れば容易に想像できるはず。

b190514k4.jpg

腐った根の上に真の花が咲くはずもなく、偽りの造花がもっともらしく外面を繕っているだけで、むしろ経済面で韓国が得をするように、日本からいくらでもむしり取ろうとするでしょう。それが当然だと思っている国なのですから。

まず、日本でなぜ嫌韓が広がっているのか、韓国政府と国民にその理由を明白にわからせる必要があります。ですから日韓関係を改善する前に、言うべきことをはっきり言ってください。

b190514k2.jpg
文在寅(ムンジェイン)韓国大統領

大統領が変わるたびにそれまで二国間で交わした条約や約束を平気で破る国は信用もできないし、尊敬もできない。日本国民はそのことで怒っているのだ、と。

もっと現在の日本を視て、若い世代のため、将来の世代のために真の友好関係を築く努力をしてほしい。反日政策を推進する今の韓国を日本国民が好きになれるはずがないし、憎しみには憎しみしか返ってこない、と。

河野外相、これをはっきり、はっきり言ってください。

韓国が反日活動を続けるのも、平気で約束を破るのも、それを阻止できない現安倍政権が無策だからです。日本政府にも大いに責任があります。

たとえ上辺の問題が解決されても、韓国国民の反日マインドが劇的に改善されないかぎり、日本を仮想敵国とみなしているかぎり、日韓関係に明日はありません。

先の戦争前に欧米や日本の植民地だった国で、これほど長きにわたって謝罪と賠償を求め続ける国は他にいないし、日本が敗戦国だった弱みに付け込んでいるとしても、これほど世界史的視野で歴史を観られず、半島国の狭い視点に固執している国も珍しく、特殊な民族性と言わざるを得ません。

良い悪いは別として、そうした特殊な国と対峙していることを忘れずに、決して相手をつけ上がらせるような妥協をすることなく、毅然とした対策を講じてください。

安倍総理も6月に大阪で開かれる主要20カ国(G20)会議の際に、日韓首脳会談がなされるとしても、決して甘い顔をすることなく、ウィーン条約にも違反している疑いのある韓国に対して「これ以上の無礼は許さない」という気概を持って大統領に接してください。まあ、今回の会談はなされないほうが効果的ではありますが。

もう一度言いますが、韓国の反日活動を止められないのは日本政府が有効な策を講じないからで、そのことをどうか肝に銘じて今後の対策を練るよう、一国民としてお願いいたします。

日韓両国の真の友好のためには、一時的な関係悪化もしかたのないことで、そのことを恐れずに、韓国大統領の理不尽な反日利用にくぎを刺してください。

河野外相、本当にお願いしますよ。
posted by orion at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年04月30日

プーチン大統領とはしばらく距離を置いたほうがいい

2019年版外交青書には18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えているそうですよ。

北方領土の記述で19年版は日本の法的立場に関する説明を回避。「問題を解決して平和条約を締結」するとの言い回しにとどめた。18年版にあった「未来志向の発想により、平和条約の締結を実現する」も踏襲しなかった。(4.23 共同通信)

b190430_jaro02.jpg
安倍首相とプーチン大統領

ちょっと心配していたことが現実になってしまったようです。
あまり親しくなりすぎると、言いたいことも遠慮して言えなくなる、ということでしょうか。

「4島を実効支配するロシアへの態度を一定程度軟化させることで、交渉を前進させる狙いがある」

って、詭弁はやめてほしい。前進なんかしていないし、この時点でむしろ後退していますよね。「北方四島は日本に帰属する」という表現を削ったことで、なんかロシアから見返りを得ていますか。なにも得ていないでしょう。

プーチンさんの立場に配慮して、安倍さんが一方的に譲歩しただけに思えるし、明らかに足元見られていますね。

あのひと、曲者ですよ。そんなことわかっているはずなのに、いい顔したって相手はどんどん交渉の条件を厳しくしてくるだけ。日米同盟のことまで問題にしているのですから、日本というか、安倍首相はくみし易し、と思われたのでしょう。

ロシア側の条件が厳しくなった時点で、安倍さんの負けです。

だから、安倍総理はプーチンさんとはしばらく距離を置いたほうがいいです。もの欲しげにこちらから交渉を持ち掛けないで、しばらく放置しておくことですね。

経済協力なんて絶対に約束しちゃダメ。韓国と同様、ロシアも放置でいい。
これ以上譲歩したら、領土問題は日本側に極めて不利な形でしか解決されないでしょう。

安倍さん、「北方4島は日本固有の領土」とはっきり言い続けてください。あれこれ言われてプーチンさんに丸め込まれないで、プーチンさんと不仲になる勇気を持ってください。

一時的に不仲になっても、毅然として日本の立場を貫けば、相手が軟化することもあるのですから、しっかり作戦を練り直してください。


それでは、以下は「オリオンの生活日記」です。

鎌倉とドイツ村行ってきましたー。

b190430_kama01.jpg
鶴岡八幡宮

桜は小ぶりでしたけど、きれいに咲いていました。

b190430_kama02.jpg

ドイツ村のイルミネーションは想像したより大規模で見ごたえがありました。

b190430_doi02.jpg

b190430_doi03.jpg
光のトンネル

今度は北海道に行きたいな。富良野から網走のほうをまわってみたいです。
それでは、またいつか、ブログ閉鎖していなければお会いしましょう。



posted by orion at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年01月16日

南・北朝鮮の仮想敵国は日本では?

明けましておめでとうございます、って遅いよね。
新年も明けて半月以上も経ってから、今年初の更新とか、さぼりすぎ?
このままフェイドアウトするのではないかと思われてもしかたないですが、もうすこしがんばってみますので、今年もよろしくお願いいたします <(_ _)>。

でも、新年最初のトピックが日韓関係だなんて、ああ、イヤだ、イヤだ、と思ったけれど仕方がないですね。もう日韓に明るい未来なんてないんじゃないかと悲観するほど、いろいろ問題が続いていますからねえ。

b190116_k02.jpg

問題1 昨年12月20日に日本海で韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国は事実を認めるどころか、日本側が危ない行動をとったとかいちゃもんつけて、逆に謝罪を要求する始末。またしても問題のすりかえ、責任のがれ。

問題2 韓国人元徴用工の訴訟問題でも、日本政府が要請した2国間協議に応じる様子もなく、いまだにだんまり状態。

問題3 日韓合意を無視して、元慰安婦を支援する財団の解散手続きを一方的に発表。 
さらに、今年発表された韓国防衛白書では、日本に関係する「民主主義や市場経済の基本的価値を共有する」という表現が消えた一方、北朝鮮に関しては「我々の敵」という記述が削除された


つまり、北朝鮮はもはや我々の敵ではないが、日本は……?

b190116_k03.jpg
文在寅(ムンジェイン)韓国大統領

これらの問題はすべてこの人↑が大統領になってから起きたことです。

つまり、怒涛の反日政策は文氏の反日思想を着実に実現化したものであり、確信犯だということ。さらに言えば、韓国にとって北朝鮮は同胞であり、いずれ統一されれば「日本は南北朝鮮の仮想敵国とみなされる」と思わざるを得ません。

ですから実は、文大統領は北朝鮮の核廃棄を望んでおらず、南北統一後には日本に対する威嚇に利用する意図が見え隠れするように感じられます。ひょっとしたら、そうした同意が南北間でできているのではないか、と疑ってしまいます。

一庶民に過ぎない私がそう感じているのですから、国のトップリーダーたる安倍首相はすでにそのことを想定して対処していると信じたいです。

もう無理だと思いますね。たとえ韓国との問題をひとつ、ひとつ解決できたとしても、国民全体に植え付けられた反日思想が払しょくできなければ、また同じような問題が繰り返されていくでしょう。

なにか国内問題あるいは日韓関係で窮地に立たされると、必ず歴史問題を蒸し返して有利に立とうとする韓国大統領の性根は「不治の病」と同じで、もはや治ることはないと思います。

では、米国がこれまでのように日韓の間を仲介してくれるかというと、それも期待できません。トランプ大統領の自国第一主義は今後も変わらないでしょうし、韓国や日本から軍を引くことも、日本政府は現実問題として正面から向き合って、今後の対策を考える必要があると思います。

最近のイギリスやフランスなどとの軍事的連携を模索する安倍総理の行動が、こうした可能性を想定した動きだとしたら、賢明な判断だと思えます。

国際社会における米国の地位や影響力が低下している現状を考えれば、いつまでも日米同盟に安住しているわけにはいかないでしょう。

いまのところ安倍総理は日本の国益を守るために経済や外交面でがんばっていると思いますが、問題はポスト安倍であり、次期総理が誰になるかで日本の運命も変わってくるでしょう。

間違っても日本の国益よりも、隣国の国益を重視して行動するような政治家を首相に選んではいけませんよね。

自国が不利あるいは間違っている状況でも、ウソはったりをかまして紛争の相手国を責め叩く国が多いのですから、次期総理は国および日本国民を守るために、ひるむことなく毅然として対応・対抗してほしいし、緻密な作戦を練る能力も備えていることを期待したいです。

posted by orion at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際