2017年10月04日

小池さん、音喜多氏を離党させてはいけない。若い人の意見も聴いてあげて!

昨日、『都民ファーストの会』所属の音喜多駿、上田令子両都議が同会から離党する意向を固めた、とのニュースが流れてとても驚きました。両氏は元『かがやけTokyo』のメンバーで、同会派の3人は作夏の都知事選で唯一小池氏を支援した人たちでした。

bk104_03.jpg

小池新都知事が初登庁の時に、都議ではこの3人だけが都庁入口で出迎えた映像が、とても印象的でした。

bk104_04.jpg

当初、音喜多氏はよくテレビにも出ていましたが、最近はめっきり見かけなくなりました。会の幹事長職も7月の都議選後には外されて、役職から遠ざかっているようです。

何があったのでしょう。彼がテレビに出過ぎていたのが小池氏には気に入らなかったのでしょうか。彼の発言に問題があったのでしょうか。だとしても、小池さんが気にするほど、世間は気にしていませんよ。

むしろ、音喜多氏の個性やはきはきとした物言いは、けっこう好感を持たれていたのではないでしょうか。頭の回転がはやく、賢い人物との印象を私も受けましたので、今回の離党表明は大変残念です。

小池さんは彼らとコミュニケーション不足ではないのですか。「出過ぎた奴」と思ったのかもしれませんが、彼の冷遇は、第二次安倍政権下における小池さんの立場を想起させます。

同会派所属議員への発言規制も長期間続けば、不満が出てくるのは当然で、もうすこし風通しを良くしてやらないと、他の都議たちも嫌気がさして、離反する者が出てくるかもしれません。

組織を固める初期には「小池独裁」もやむを得ないでしょうが、いつまでもそういう体制ではいけないと思うのです。小池氏にもいつかは引退する時がきます。その時のために、有望な若手を育て、経験を積ませることも、トップリーダーの責務ではないでしょうか。

ご自分が去ったあとに、苦労して造り上げた組織が一瞬にして瓦解してしまったら、今、毀誉褒貶があるなかで、必死に戦っている努力も、成果も、水泡に帰してしまいます。

初心を忘れてはいけない、絶大な人気に驕ってはいけない

と、他人から言われるまでもなく、賢明なあなたのことですから十分にお分かりになっていると思います。

どうか音喜多氏らと腹を割って話し合ってください。

初登庁時にやさしく、温かく出迎えてくれた3人の都議たちに抱いた感謝の気持ちを思い出して、若い人たちの意見を広い心で受け止めてください。

音喜多氏の想いを理解し、信頼を取りもどして、離党を思いとどまるように説得され、最後にはお二人が笑顔で握手されている姿を見たいと思います。

そうでないと、組織における危機管理能力が問われ、敵の攻撃材料にもなってしまいます。ここはリーダーとしての度量の広さをみせて、『都民ファーストの会』『希望の党』の運営が両立できることを、納得してもらえるように最大限の努力をしていただきたい、と願うほかありません。

雨降って地固まる、となりますように。



posted by orion at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小池都知事

2017年08月04日

国政新党:代表は小池氏(都知事)でなければ成功しない

小池都知事が事実上率いる『都民ファーストの会』の国政進出への動きが今、注目されています。自民党、民進党、与野党ともに小池氏の動向に目が離せない状況ですが、本人は現職都知事でもあり、その可能性に含みを持たせるにとどまっています。今のところ、自民党を離党した小池氏の盟友・若狭勝議員が肯定的な発言を繰りかえしていますが、さて、どうなるのでしょう。

年内に新党(最低5人が条件)を創らなければ、政党助成金を受け取れないということで、そのメンバーは若狭氏の他には渡辺喜美(元「みんなの党」「日本維新の会」)、長島昭久(元民進党)、松沢成文(元神奈川県知事)各議員が予想されていますが、実際の結成に向けての予備軍は二ケタに上りそうだとも。

2日にフジテレビの単独インタビューに応じた小池氏は、自身が特別顧問を務める「都民ファーストの会」で、国政選挙の候補者擁立に向けた準備を進めていることを明らかにしました。


でも、このニュースに対するネット上のコメントって、あまりよくなのですよね。自民党のサポーターばかりが書き込んでいるのか、ある種の印象操作もあります。

・ 小池都知事は都政でまだ何も結果を出していないじゃないか

当初7,300億円だった東京五輪予算が、2〜3兆円に膨れ上がっていたが、小池知事は一部会場の見直しや仮設への変更などで、削減に努めた。

これだけでもたいしたものです。森喜朗(五輪組織委員会)会長との派手なバトルなど、普通の都知事なら絶対に避けますよ。もし増田寛也氏が都知事になっていたら、森会長や自民党都連のいいなりになっていたのではないしょうか。

都政改革よりも、4年間の任期を無事全うしたいという自己保身に走れば、たとえ都民のためにならなくとも、「事なかれ主義」に徹したほうが一番安全で楽なのですから。

既存の勢力と正面から戦い、改革を進めるためには、胆力も、体力も必要。小池さんにはそれがあったし、今も十分にあるでしょう。しかも、相手によって、臨機応変に直球も投げれば、変化球も投げられる政治家です。

これまでの小池氏の履歴を振り返ってみると、彼女はまさしく選挙の『勝利請負人』で、いずれの選挙でも「負けなし」でした。

まず、25年前の1992年、日本新党から立候補(参院選)して勝利し、政界デビューを果たしました。


bkokuse02.jpg

その後、衆院選に鞍替えして、また勝利

2005年、当時の小泉総理による『郵政選挙』で刺客となって勝利


bkokuse03.jpg

2016年、都知事選で大勝利

bkoike18.jpg

その後、応援に走った千代田区長選はトリプルスコアで圧勝

2017年7月、都議会議員選挙でも大・大勝利!

すごい勢いだったですよねえ。自民党の自爆がなくても、結果はそれほど変わらなかったでしょう。

最近、細川護熙元総理が毎日新聞の夕刊に手記を載せていますね。


bkokuse04.jpg
小池さん「倒幕」するかもね

奇しくも近ごろ、小池氏は次のように述べています。

bkokuse05.jpg

「私の出発点は日本新党でしたので、25年経って原点に戻った感じ」

このように、小池氏自身の選挙、彼女が応援した選挙はみな大きな勝利を収めています。日本新党時代に同党から立候補者を出して、彼女が主力となって戦った「尼崎市議選挙」でも10人のうち8人が当選したそうですね。(フジTV『新報道2001』7月23日放送による)

戦えば勝つ、まさに常勝の大将、いや、女神ですか? そこに最初から風があったわけではない。しかし、小池氏は選挙を戦っていく過程で、大きな風を巻き起こす不思議な力を備えているのです。

唯一の敗北は自民党の「総裁選」ですね。これについては、笹川堯氏(元衆院議員)曰く、「アメリカだったら(小池さんは)大統領になっているでしょう。だけど日本は選挙制度が違いますから。総理にすぐなれるかどうかというのは、やっぱり数ですからね」

それで本題に戻りますが、若狭氏が意欲を燃やす国政新党の党首には、いったい誰がなればよいのか、という問題です。

若狭氏自身が語るように、彼はトップリーダーには向かなくて、むしろ参謀役がはまり役、と思われます。小池氏も都知事選を思い返して、「若狭氏がいなかったら、今の自分はない」と語っています。確かに、彼の人物眼はたいしたものだと思います。

それでは他に誰がいるのでしょう。渡辺喜美氏? 「みんなの党」のイメージが強すぎますよね。長島氏は民進党の色が強いし、かと言って、松沢氏ではどうにも地味ですよねえ、失礼ですが。

結論を言えば、やはり国政新党の党首は小池百合子氏以外にいない、ということです。

・ まずは都政をしっかりやってほしい?

もちろんです。なにも新党の代表になったからといって、都知事を辞めるわけではありません。彼女も東京五輪が無事終わるまでは、都知事を辞めるつもりなどさらさらないでしょう。代表にはなっても、自分は都知事の任期を全うし、直接国政新党にかかわる活動をすることはない、と宣言すればよいのです(ただし、衆院選挙時の立候補者の選抜、応援、水面下の交渉などを除く)。

その代り、代表代行2名をおいて、小池氏が都知事である間は、実質的な活動はその2名が携わるということにするのです。とにかく、自民党は早期に解散総選挙に打って出る可能性があり、残念ながら準備期間はそれほどないと思われます。

小池氏の人気・知名度、「必勝請負人」の実力なしに、「にわか新党」がそれなりのカタチを整えることは、事実上不可能でしょう。
そこらへんのところは、若狭氏など信頼のおける仲間と十分に話し合ってほしいものです。

まあ、これは筆者の願望にすぎず、そうなればいいな、と期待しているだけですが、小池さんが他にもっと良いアイデアを持っていれば、別ですよ。

ただ、入党の条件はしっかり整えて、間違っても民進党など次回選挙で落ちそうな野党議員の「駆け込み寺」にはならないでください。また、中国・韓国に対して臆病で、日本の立場からしっかりものが言えず、土下座外交しそうな人は、たとえ向こうが入党を望んでも、絶対に拒否しほしいです。

と、くどくどと要望を述べなくとも、小池さんは深謀遠慮の人だから、やることに間違いはないと、信じています(でも、敵の悪しき陰謀には気をつけて)。

では『小池新党』に80%の期待を込めて、実現をまっています!



posted by orion at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 小池都知事

2017年07月06日

保守派の皆さん、小池さんを信じてあげて

都議選は小池都知事の「都民ファーストの会」が圧勝しましたね。候補者50人中49人が当選、追加公認した推薦候補の当選者6人を合わせると計55人になり、都議会第一党に躍り出ました。公明党など都知事の支持勢力を加えた数は79議席で、過半数の64議席をかるく超える結果となりました。

btogisen02_1.jpg

都民ファーストの勝利は予想していましたが、自民党が現有勢力58人から23人に激減するほど大敗するとは、正直言って想像を越えていました。ちょっと負けすぎかな。終盤戦はマスコミの自民党に対するネガティブ・キャンペーンも相当ひどかったですから、大負けはそのせいもあったのでしょう。

btogisen04.jpg

まあ、私は小池都知事を応援していたので、万々歳ですけれども。ただ、小池さんを相当厳しく批判している保守派の人たちがいることは、新聞広告などを見て知りました。見方が一方的で、明らかに自民党よりなんですよね。

まだ読んでいないので、雑誌の見出しや、本の目次ぐらいしか知りませんが、内容はある程度想像がつきます。

★「ないないづくしのワイドショー政治」、「パフォーマンスの女王・小池百合子」ですって?

 バカですねえ。小池都知事を批判すればするほど、小池人気は高まるっていうこと、先の都知事選で学ばなかったのでしょうか。石原元都知事の侮辱的な言葉や自民党都議会議員の「小池いじめ」を見てさ。

小池さんは知名度もあるし、これまでと違ったことを主張し、やろうとすれば、マスコミが積極的に取り上げるのは当然だし、騒ぎにもなるし、それを単なるパフォーマンスだと決めつけるのはどうなのでしょう。まさか嫉妬ではないですよね。「小池劇場が日本を滅ぼす」って、大げさな。


★ 豊洲市場への移転を延期して、その維持費や関係者への補償金など、多額の損失を生じさせた?

 豊洲市場の整備や汚染対策で、すでに6000千億円も使われていることに比べれば、たいした額ではないでしょう。これは利権がらみではないのかと、小池都知事は疑念を抱きましたが、これまでは誰も問題視しなかったのですよね。

★ 「都民ファーストの会」代表であることは、地方の二元代表制に反する?

 だったら「大阪維新の会」代表だった橋下さんはどうなのよ。これまでだって「都議会のドン」とやらが都政を牛耳っていたようだから、二元代表制なんて有名無実だったのでは? 

もっとも、小池さんはさっさと会の代表を辞めて、うるさい批判者を黙らせてしまいましたが、これからも「重箱の隅をつつく」ようなことをされそうです。


 キリがないのでここらへんでやめておきますが、こうした批判者や反小池派は「自民党第一主義者」や「無条件のサポーター」が多いのでしょうから、仕方がないのかな、とも思います。

でも、都議選に関する反応はどうなのだろう、と最近、ネットの保守系ブログをいくつか覗いて見たのです。それで、結構小池さんを批判しているブロガーが多いことにショックを受けました。

なぜ彼女を応援してやらないの? 舛添前都知事が前向きだった朝鮮学校への土地貸与も停止させたし、朝鮮服に似た変なボランティア・ユニフォームも廃止したじゃない。もし鳥越氏や増田氏が都知事になっていたら、けっしてやらなかったでしょう。安倍政権も黙認していたようですしね。

こうした決定だけでも、かなり勇気がいることだと思うのです。


★ 離党した民進党議員・出身者を受け入れ、公認・推薦したじゃないかって?

 そりゃあ、私だってイヤですよ。あんまりそういう人たちが増えたら。彼らは選挙目当てで、小池さんの人気を利用しているだけですもの。

でも、だいじょうぶ。小池さんは彼ら(リベラル左派?)に引きずられるような人じゃないから。彼女は百戦錬磨の政治家ですよ。民進党的になるような自殺行為はしないし、むしろ彼らの思想を変えてくれるかもしれません。


★ 公明党と組んでいるじゃないか?

 お互いに相手を利用しているだけでしょう。保守派を失望させるような妥協はしないと思います。


★ 総裁選で石破茂に味方したじゃないか?

 たしかに石破さんの歴史観は日本人的ではないところがあり、韓国にも同情的だけれど、小池さんが同じ思想を持っているわけではありません。石破氏に賭けて、負けただけのこと。彼女は(良い意味で)男勝りの野心家ですから、自分の道を切り開こうとして、結果的に選択を誤ってしまったのです。

自分のためにになるなら、たとえ誰であろうと、敵さえも利用する肝っ玉を持っていますから。そうでなければ、厳しい政界で生き残ってはいけないでしょう。


★ 移民の大量受け入れに賛成しているじゃないか?

 以前はそうでも、今はどうだかわかりません。「都民ファースト」ならぬ「国民ファースト」なら、大方の国民が嫌がることをやるとは思えません。じっくり今後の言動を見てから、判断をくだしても遅くはないでしょう。


★ 東京をどういう都市にするのかというビジョンがない?

 ビジョンがないのは、これまでの都知事も同じでしょう。実現できるかどうかわからない、高い理想を掲げたビジョンよりも、まず生活者の視点に立って、より良い政策を実行していくことのほうが大事なのではないでしょうか。

通りの無電柱化とか、通勤電車の混雑を解消するとか、手間のかかるやっかい政策は、小池さんしか提唱し得なかったと思うのです。誰もが慣れて、当たり前だと思っていることが、じつは当たり前ではなく、改善されるべきことなのだと、彼女は考えたのですから。

電柱は街の景観を損なうばかりでなく、災害時の救助活動にもじゃまになるし、満員電車の解消は通勤者の疲労を軽減し、快適な都市生活を実現させる一助にもなります。その他、待機児童問題の取り組みなど、女性ならではのきめ細やかな政策を、もっと打ち出してくれるに違いありません。


 と、私は小池都知事を信じたいし、都民ではありませんが、一国民として応援したいと思っています。

ですから、自民党の悪いところにもモノ言える保守派の皆さんは、しばらく小池さんを信じ、温かい目で見てあげてください。多少の失敗は大目に見て、彼女が明らかに我々を裏切ったと思う時が来るまでは、民進党よりはよほどましだと思って――。

それに、自民党一強時代は是正されなければなりません。彼女を除いてほかの誰がそんな期待に応えられますか。きっと彼女には、神様が与えた使命があるのだと思います。だから私は今、小池都知事を応援します。


btogisen03.jpg

小池さん、がんばって! 誰だかの誹謗中傷には負けないでください。

posted by orion at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 小池都知事

2017年02月06日

千代田区長選(石川候補)小池知事爆勝!!

ち、ちょっと勝ちすぎじゃないですか。見てください、この投票結果。

bchisen03.jpg

得票数は小池さんが推す石川候補 16,371票、都議会のドンこと内田氏が推す与謝野候補 4,758票、五十嵐候補 3,976票という結果で、ダブルスコアどころか、トリプルスコア以上の差をつけて石川氏の圧勝です。いえ圧勝を通りこして爆勝というよりほかありません。

bchisen02.jpg

石川氏が勝つだろうとは思っていましたが、まさかこれほどの差がつくとは、誰も予想していなかったのではないでしょうか。自民党の御用政治評論家も真っ青? テレビでも声が上ずっていましたからね。

bchisen04.jpg

敵を作るのがうまいとか、イメージ戦略とか、あれこれと表面上のことで難癖をつけるよりも、なぜ小池知事がこれほど有権者に支持されているのか、その理由を真剣に考えたほうがよいと思いますけどね。石川氏は歳も最年長なうえに今回は五選目ですから、多選の批判があってもおかしくなかったし、相手候補によっては、小池さんの支援がなければ勝てなかったかもしれません。

石川氏本人が言っているように、この勝利はまさに小池効果のたまものでしょう。この勢いで夏の都議選では「都民ファーストの会」から過半数の議席獲得を目ざして立候補者を増やす話も持ち上がっているようです。

自民党は相当ビビッているのではないでしょうか。いずれ国政にも影響を与えるときが来るかもしれませんね。小池さんはまだ自民党員なので、安倍さんはどうしますかねえ。

今後は小池人気に便乗して、自民党だけでなく、民進党などからも離党者が出て、小池グループに入ろうとする人たちが出てきそうです。今もそんな兆候が見られますし、どうなりますことか。

小池さん、まさかそうした者たち全員を無条件で受け入れる、なんてことはないですよねえ。政治思想や理念の異なる人は絶対に仲間にしないでほしいです。自民党の弱点は、党内にあやしげな政治家がまぎれこんでいることなのですから。今の自民党の優勢は党じしんの人気というよりも、安倍人気なのですよね。

だから、ポスト安倍は安倍、なんて言われたりする。要するに、次期総理にしたい候補者が自民党にはいない、ということですね。安倍さんの秘蔵っ子と言われる稲田防衛大臣は言動がふらふらして、頼りないという印象がぬぐえず、とても総理の器とは思えません。

岸田外相にしても、石破氏にしても、安倍さん以上の総理になれるかというと、現段階でそうしたイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。とくに外交において、安倍総理に匹敵する成果を挙げられるかどうか。

安倍さんの弱点は、国内政策だと思います。経済面はともかく、ある種の問題解決には及び腰というか、見て見ぬふりというか、あまり熱心じゃない。この問題については、後日、改めて取り上げるかもしれません。

話を戻しますが、今後の小池都知事の行動には目がはなせませんね。これまでと同様、注目していきたいと思います。

posted by orion at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小池都知事

2016年12月01日

小池都知事がベストドレッサー賞&反小池派おやじ衆を斬る!

今年のベストドレッサー賞には五輪金メダリストの伊調馨選手(レスリング)、女優の松下奈緒さんなどと共に小池百合子都知事が選ばれました。小池さんは環境大臣だった2005年にも同賞を受賞していますね。

定例会見でも今日はどんな服かな、色は何色かしら、とか、まずファッションに目がいってしまうのは、やはり女性だからでしょうか。これまでのファッションを一部ですが見てみましょう。

bkoifa01.jpg

bkoifa01_1.jpg
ピンボケでごめんなさい。

小池さんはブランド品ではなく、ご自分でデザインして作っているとか。誰ともかぶらない、というのは彼女らしいですね。今後もどんなファッションを見せてくれるのか楽しみです。

さて、肝心な都政の話に移りますが、昨日も、今日も、五輪のバレーボール会場のことを各局が取り上げていました。最初の計画どおり有明アリーナを新設するか、小池知事の推す既存の横浜アリーナを使うかで、小池さんは劣勢に立たされているという話でした。

突然言われて横浜は迷惑しているのだ、という森会長(組織委員会)の話を強調して、小池さんを批判する男性陣が多かったようです。

bkoif02.jpg
小池叩きにいそしむ「おやじ4人衆」(TBS ひるおび)

bkoif03.jpg
小池さんの味方はこの女性ひとりだけ。左のデーモン氏は中立派かな?

要するに、小池批判派4人に対して、小池支持派はたったひとりだけでした。それでバランスは取りました、という言い訳のための「おまけ」みだいな印象を受けました。

がち森派、自民党派のT氏は、相変わらず「小池叩き」をくり返していました。この人は都知事選前に、(自民党筋からの情報によると)増田寛也氏と小池氏に関して支持(どちらが勝つか)の調査をしたところ、両者公認なしだった場合は、小池さんが有利だけれど、増田氏を自民党公認にした場合は、増田氏がダブルスコアで小池氏に勝つ」と言っていましたね。

それで、増田氏が自民党公認になりましたが、結果は小池氏が100万票以上の差をつけて、増田氏に圧勝しました。ダブルスコアで「増田氏が勝つ」って、大外れだったけれど、視聴者に対してひと言詫びたのかどうかは知りません。
「俺が言ったんじゃない。自民党の予想だから」と弁解したのかな。

まあ、政府や自民党から情報を得るために、小池さんを良く言えないお立場はわかりますが、同じような親自民・都連の政治評論家でも、都知事を評価するべきところは評価して、自分の意見をしっかり話される方もいますね。

一番呆れるのは、「小池さんは都連との対立姿勢をアピールするために、次から次へと新しい問題を持ち出すのだ」と語る人で、こういうくだらない発言をする人は、コメンテーターとして呼ばないでよ、と思います。

上辺だけの現象を語っているだけで、まともな意見じゃないから、もっと勉強して内容のあるコメントをしてほしいものです。最初から小池さんは、東京都を大改革する、と言っていることさえ、知らないということですものね。

ジャンヌダルクは屈強な男どもを相手に戦ったわけですから、平成の「ジャンヌダルク」も頭の固い体制派のオヤジ連中に叩かれるのは、避けて通れない運命なのかもしれません。

でも、都民や国民が応援しているかぎり、負けることはないでしょう。五輪施設の問題も、費用削減が最大の目的なのですから、ある程度それが達成できれば都知事の勝ちなのです。

ボート会場を長沼に移転できなかったから、あるいはバレーボール会場を横浜アリーナに変更できなかったから、といって「小池の負け」としたり顔で言うおやじコメンテーターには、勝手に言わせておきましょう。

現状維持派はいつか置いてけぼりにされるだけ。それを知る時がきたら、小池知事がいかに有能で奇特な人だったか、初めてわかるのかもしれませんが、遅いよ。

でも小池支持派も、一度や二度の失敗・挫折で見放さないで、長い目で見てやりましょうよ。彼女ならきっと東京を、日本を救ってくれる、と信じてね。『希望』を持ちましょう、と小池さんは言っているのですから。


posted by orion at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小池都知事