2016年10月05日

軍事の天才・大村益次郎と西郷隆盛の上野戦争(「知恵泉」から)

幕末に活躍した軍事の天才・大村益次郎(長州藩)は、高杉晋作、坂本龍馬、土方歳三など人気のある著名なヒーローに比べると、その知名度、人気度、話題性において大きく水をあけられています。しかし、旧幕府との最後の戦い(戊辰戦争)において、大村が重要なキーマンだったことは間違いありません。

先日、「知恵泉」(Eテレ)で大村益次郎を2週にわたって取り上げていましたので、主に大村と西郷の関係に焦点をあてた後半の「上野戦争」について語ろうと思います。

bomusa04.jpg
大村益次郎と西郷隆盛

大村(旧名:村田蔵六 1824 - 1869)は長州人でありながら、最初は宇和島藩に招かれて軍艦を造ったり、蕃書調所教授方手伝として幕府に出仕したりしていました。彼の才能に注目して長州藩に招へいしたのが桂小五郎でした。肖像画でもわかるとおり、大村は額が異様に広くて独特な顔つきをしています。それで、高杉晋作があだ名をつけていますね。「火吹きダルマ」って(笑)

ちょっと番組とは話がそれたので戻りますが、「鳥羽・伏見の戦い」後、徳川慶喜が水戸へ蟄居してからも、旧幕臣が中心となって組織した「彰義隊」(約3千人)が江戸に残って新政府軍を困らせていました。

bomusa05.jpg
西郷隆盛と勝海舟の会談

西郷と勝の会談で江戸無血開城は実現しましたが、これに不満を持つ彰義隊が恭順を示すことはなかったのです。同隊士による官軍兵士の殺傷事件が起きても、西郷が直接解決に乗りだすことはありませんでした。勝海舟に江戸の秩序維持をゆだねていたこと、また全面戦争を回避したい、という気持ちもあったようです。

江戸の様子を見に来た江藤新平(佐賀藩)がこうした状況を目のあたりにして「西郷のやり方は手ぬるい」として、京都の新政府に報告しました。危機感を抱いた新政府が、西郷に代わる司令官として江戸に派遣したのが大村益次郎でした。

江戸についた大村は参謀たちと作戦会議を開き、そこで夜襲を提案する者がいましたが、大村は反対します。理由は、

敵の拠点を絞りきれないこと。
上野を叩いても、江戸市中に散らばっている敵が残ってしまうこと。
敵が江戸の町に火を放つ危険性があること。
新政府軍が各藩の寄せ集めでばらばら(特に薩長の仲が悪い)であること。


bomu05.jpg

不愛想な大村に薩摩の幹部が反発してもいたので、まことにやっかいでした。そこで、大村は考えます。

「集中する時間をくぎれ」ということで、

・5月15日に上野の山の賊徒を討伐する、というお触れを出す。
 (市中に散らばる彰義隊を一か所に集めることができる)

・討伐の日まで考える時間を与えれば、戦いを諦める者たちが出る。
 (実際に、3千が千人ほどに減った)

・ばらばらの新政府軍も一日だけなら、がまんして協力する。
 (時間をくぎることで、兵士たちの士気を高める)

そして、江戸城にあった美術品・骨とう品を売却して、多額の資金をゲット。
 (アームストロング砲などの新兵器を配備する)


bomu06.jpg

大村はたった一日の戦いに、新政府軍の命運をかけたのです。

★ 大村のたてた作戦

・表門の黒門口から突撃
・敵の背後にも軍を配備して突入
・行き場を失った敵に、不忍池の対岸からアームストロング砲を放つ
・三方向からの攻撃を受けて、敵は部隊を配置していない北東から敗走する


黒門口での戦いがもっとも困難なので、最強の部隊を投入する必要がありました。つまり薩摩軍を配置したいが、大村は長州人なので反発される可能性があったのです。しかし、一日で勝負を決するにはこの作戦しかありえない、と思い、

「キーマンを見極めろ」ということで、

大村はすべての準備を整えてから、ただ一人にだけ事前に作戦を打ち明けます。

薩摩の大将、西郷隆盛で、西郷と二人きりで会い、部隊の配置図を示しました。西郷は激戦が予想される黒門口に薩摩軍が配置されているのを見て、

「薩摩の兵を皆殺しにするおつもりか」
 
大村は黙って天をあおぎながら、扇子を弄びます。そしてひと言、

「そのとおり」

やがて西郷は無言で席をたち、部屋から出て行ってしまいました。

交渉決裂か?

bomusa06.jpg

しかし、西郷は大村不在の会議の場で「大村に私を一番難しいところへ出してくれ、と申しておきました」と語りました。大村の作戦を了承したのですね。

慶応4(1868)年5月15日、「上野戦争」が始まりますが薩摩軍は苦戦。

江戸城では参謀の一人が焦って大村に言います。
「これならば、夜襲のほうがよかったのでは」
大村は落ち着き払って、
「そうあわてるな。そろそろ時間だ」

やがて、昼過ぎに黒門口が薩摩隊によって破られます。まさかの正面突破に敵は慌て、その背後から長州軍が突撃、佐賀軍はアームストロング砲を撃ち込みます。

bomu07.jpg
上野戦争の配置図

ついに敵はなすすべもなく敗走。戦いはわずか一日で新政府軍の勝利におわりました。これで江戸から旧幕勢力が一掃され、二か月後、江戸は東京に改称されて、時代は明治へと移っていったのです。

最後に番組では、現在の上野を訪ねて、移築された黒門や彰義隊のお墓・慰霊碑などを紹介していました。


大村益次郎については、司馬遼太郎が「花神」という小説で書いており、NHKの大河ドラマにもなりましたね。私もレンタルビデオで観たことがあり、なかなかいい作品だと思いました。弊サイトの「幕末・維新史−木戸孝允への旅」でも何回か登場しています。

残念ながら、大村は明治2年9月に出張先の京都で賊に襲われ、そのとき受けた傷がもとで、2か月後に落命してしまいました。享年46。靖国神社には彼の銅像が建っているそうです。

posted by orion at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史人物

2016年07月19日

吉田松陰『留魂録』にみる死生観

ご存じのとおり吉田松陰は幕末の長州藩で私塾『松下村塾』を主宰し、高杉晋作、久坂玄瑞など若い藩士たちを教育して著名な尊攘志士に育てた人です。幕府に危険人物としてにらまれ、30歳で刑死してしまいましたが、村塾生に残した遺書『留魂録』は今でも多くの人々に読み継がれています。冒頭には

 身はたとひ 武蔵の野辺に朽ぬとも 留め置まし大和魂

bshoin04.jpg
という辞世の歌が書かれ、全十五章のうち第八章には感動的な死生観が読み取れます。ここに抜粋してご紹介いたしましょう。

〔原文〕
今日死を決するの安心は、四時(しじ)の順環に於て得る所あり。けだし彼の禾稼(かか)を見るに、春種し、夏苗し、秋苅り、冬蔵す。秋冬に至れば人みなその歳功の成るを悦び、酒を造り醴(れい)を為(つく)り、村野歓声あり。

未だ曾て西成に臨んで歳功の終るを哀しむものを聞かず。吾れ行年三十、一事成ることなくして死して禾稼(かか)の未だ秀でず実らざるに似たれば惜しむべきに似たり。

然れども義卿の身をもって云へば、是れ亦秀実の時なり、何ぞ必ずしも哀しまん。何となれば人寿は定まりなし、禾稼の必ず四時を経る如きに非ず。

十歳にして死する者は十歳中自ずから四時あり。二十は自ずから二十の四時あり。三十は自ずから三十の四時あり。五十、百は自ずから五十、百の四時あり。
十歳を以て短しとするは蟪蛄(けいこ)をして霊椿(れいちん)たらしめんと欲するなり。百歳を以て長しとするは霊椿をして蟪蛄たらしめんと欲するなり。斉しく命に達せずとす。

義卿三十、四時已(すで)に備はる、亦秀で亦実る。その秕(しいな)たるとその粟たると吾が知る所に非ず。若し同志の士その微衷を憐み継紹の人あらば、乃(すなわち)後来の種子未だ絶えず、自ら禾稼の有年に恥ざるなり。同志其れ是れを考思せよ。

〔注釈〕
四時(しじ): 春夏秋冬、四季のこと。
禾稼(かか): 農事、穀物。稼は実った稲の穂
歳功:(さいこう) 一年中の農事、また、その収穫
西成 : 秋に食物が成熟すること。
義卿(ぎけい): 松陰の字(あざな)
蟪蛄(けいこ): 夏蝉(なつぜみ。短命の喩え)
霊椿(れいちん): 長生の霊木
秕(しいな): 殻ばかりで実のない籾(もみ)

〔現代語訳〕
今日、死を決意して、平安な心境でいるのは、春夏秋冬の四季の循環で思うところがあるからだ。つまり農事を見ると、春に種をまき、夏に苗を植え、秋に刈りとり、冬には蓄える。秋・冬になると農民たちはその年の収穫を喜び、酒や甘酒をつくって、村々に歓声が満ちあふれる。

この収穫期を迎えて、その年の農事が終わったことを悲しむ者を私は知らない。私は三十歳になったが、いまだ一つも成し遂げることがなく死ぬのは、これまで育てた穀物が花を咲かせず、実をつけなかったことに似ているから、惜しむべきかもしれない。

だが、私自身についていえば、花咲き実を結ぶときなのであって、必ずしも悲しむことではない。なぜなら、人の寿命はそれぞれ違う。穀物のように必ず四季をめぐって実るものではないのだ。

十歳で死ぬ者には十歳の中におのずから四季がある。二十歳にはおのずから二十歳の四季が、三十歳にはおのずから三十歳の四季が、五十、百歳にもおのずからの四季がある。
十歳をもって短いというのは、夏蝉を(長命の)霊木にしようと願うことだ。百歳をもって長いというのは、霊椿を(短命な)蝉にしようと望むようなもので、いずれも天寿に達したとはいえない。

私は三十歳で、四季はすでに備わり、花を咲かせ実をつけているはずである。それがもみ殻なのか、よく実ったものなのかは、私の知るところではない。もし同志の中に、私の真意をくみ取って、それを受け継ごうという人がいるなら、それはこの後もまかれた種子(尊王攘夷の志)が絶えずに、収穫のあった年にも恥じないことになろう。同志よ、このことをよく考えてほしい。

-----------------------------

まさに、秀逸な死生観と思えます。私は明日死んでも、花咲き実を結んだ悔いのない人生だった、と言えるかどうか自信がありません。


あの時代、日本は『黒船』という、目に見える危機に直面していました。にもかかわらず、その危機を直視する者はごく少数で、その危機に対して行動を起こそうとする者たちは、さらに限られていました。国全体のことよりも、わが身に危険が及ぶことを恐れていたのです。したがって、大半の藩は「事なかれ主義」の立場に甘んじていました。

最初に起ち上がる者は、たいていの場合、命を落とします。吉田松陰も例外ではありませんでした。しかし、その志が後輩たちに受け継がれたことによって、日本の運命は大きく変わり、その抵抗の激しさに西洋列強もうかつに手が出せずに様子見をするほかありませんでした。

そして、ついに明治維新をむかえて、日本の独立は保たれることになりました。

今日の日本はどうでしょうか。国際情勢は大きく変化し波乱を含んでいますが、まだ我々の危機意識は希薄なような気がします。どこかまだ、対岸の火事を見ているような気分がつづいているのではないでしょうか。

実は、日本の中にも目に見えない危機が潜んでいることに、まだ大半の国民は気づいていません。自然災害など、目に見える危機に対しては、大いに議論もし、対策もなされますが、その全体像が容易に見えない危機については組織だった対応をすることができません。

幕末のピンと張り詰めた空気が、現代日本にあるわけではなく、一世紀半以上前の人たちに比べて、現代人はその思想性も行動様式もいささか幼稚になってしまったような気がします。

さて、吉田松陰は現代の日本と日本人を視て、どんな感慨を抱くでしょうか。

bshoin02.jpg
吉田松陰肖像(松浦松洞筆)
タグ:歴史
posted by orion at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史人物