2019年07月23日

参院選の結果&次の総理はだれ?

7月22日に行われた参議院選挙で自民・公明の与党は改選定数124の過半数(63)を超える71議席を獲得しました。うち自民党は57議席、公明党は14議席、野党では立憲民主党が17議席と倍増、日本維新の会は10議席、国民民主党6議席、共産党7議席、社民党1議席となりました。

b190723_02.jpg
当選者に笑顔で花をつける安倍総理

大体、大方の予想どうりではないでしょうか。ただ、今回は投票率が48.80%で50%を下回っているのですよね。戦後2番目に低い投票率だそうですよ。選挙戦の熱気もなく、かなり冷めていたとか。

原因は政治に関心のない若年層が増えたのか、逆に切羽詰まった緊急課題がなく、選挙に積極的に参加する気が失せたのか。間近に迫った消費税の10%上げは「もうしょうがないだろう」という人も多く、憲法改正の論議もそれほど盛り上げってはいません。

さらに、左派系の人の熱意に反して、ライトな保守層は「どうせ自民党が勝つから大丈夫」と思って、あえて選挙に行く手間を省いたということも想像されます。

b190723_03.jpg
参院選の選挙結果

そうなると、「れいわ新選組」のようなポピュリズムの党が票を集めて2議席を獲得するようなことも起こるわけです。さらに「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得!

驚きましたねえ。たった一つの政策を掲げて思いがけなく得票を伸ばしたのですから、今後、1イシューで選挙戦に打って出る新しい党が出てくるかもしれませんね。

それにしてもNHKの幹部は今どんな思いでN党を見ているのでしょう。ひょっとして、次回の選挙でまた議席を獲得するのではないかと戦々恐々だったりして。

そういえば、どこかの選挙特番で「千人に聞きました 次の総理は誰?」というアンケート結果を表にしているのを観ました。ちらっと見ただけですが、それによると、

1位は「特にいない」(366人)だそうですよ。これはどういうことなのでしょう。「誰がやっても同じだから」ということなのか、「次も安倍でいいよ」ということなのか、まったく無関心になっているのか。

要するに、ポスト安倍の突出した候補はいないということですね。以下、

2位 小泉進次郎(189人)
3位 菅義偉(132人)
4位 石破茂(86人)
5位 岸田文雄(58人)
6位 枝野幸男(32人)
7位 麻生太郎(31人)
8位 河野太郎(29人)
9位 小池百合子(25人)
10位 橋下徹(21人)

やっぱり進次郎さんは人気ありますねえ。でもまだ若いし、経験不足でしょう。

菅さんは「令和おじさん」として今、若者にも人気になっていますけど、彼はトップに立つ人じゃなくて、やっぱり副将的にトップを支える人だという印象が強いです。

石破さんはどちらかというと野党の思想に近い人だと思います。日本を任せられるかというとちょっと不安だし、こわいかな。

岸田さんは残念ながら地味すぎて発信力もないので。総理の器ではないかも。

枝野さん「日本をしっかり守ってくれる」という気がしない。隣国からのクレームに対しても毅然とした態度がとれるかどうか。米国との関係も含めて外交が心配。

麻生さんはもう「過去の人」という感じで今さら感が否めないし、失言もしそうだから安倍政権が終わったら引退でいいかも。

河野太郎さんはなんとか8位に食い込んでいますね。6位、7位とも僅差だし、もう少し経てばもっと上に行きそう。外交の手腕が広く認められれば保守層を中心に次期総理の声も大きくなってくるかもしれません。なんといっても最近、徴用工問題で駐日韓国大使を呼び出して、

「韓国側の提案は全く受け入れられないことは以前にお伝えした。それを知らないフリをして改めて提案するのは極めて無礼だ」

と一喝したあの場面が強烈に印象に残っています。韓国に対してこんなに毅然とした態度をとった外務大臣は初めてではないでしょうか。その期待を裏切らないかぎり、安倍総理の任期中にもっと経験を積んで総理候補の筆頭になってほしいと個人的には思っています。

9位に小池百合子さんが入っていることに驚きました。まだ期待をかけている人がいるんですね。先の衆議院選挙で野党(民進党)をまるごと抱え込んで保守層の期待を裏切らなかったら、今も小泉進次郎さんと総理候補を争っていたかもしれませんね。本当に痛恨の失敗だったし、惜しいことをしました。

10位が橋下徹さん。毎度、この人の名前は出てくるのかな。橋下さんの政治思想がいまひとつよくわからないのです。自民党寄りかと思えば、野党的な発言もするし、隣国に甘いし、信頼がおけない。まあ、枯れ木も山の賑わいというところで入ったのでしょうか。本人ももう政治家にはならないと言っているようですからね。


政治面以外に、社会的な問題も今いろいろとホットな話題になっていますね。吉本興業のパワハラとか、ジャニーズの元SMAPメンバーに対する圧力だとか。余裕があったらそのことについても近いうちに書くかもしれません。といって、また1か月後になったら、世間の関心はもう違う話題に移っていますね。さて、どうなるかな。

posted by orion at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2018年07月20日

小泉進次郎さんが次期総理候補って / スカイツリー昇ってみた

総理にしたい政治家NO1が自民党の小泉進次郎さんだそうですよ。
彼、本当に人気ありますよね。地方に行ってもみんな「きゃーきゃー」寄ってきて、アイドル並みのもてもてぶりだし。

b180720_koiz01.jpg
小泉進次郎筆頭副幹事長

そりゃあ、私だって好きですよ。格好いいし、イケメンだし、血筋も申し分ないし、どこといって非の打ち所がないですものね。

でも、政治家としてはどうなのでしょう。若くて、まだ大臣の経験もないし、彼の政治的スタンスがいまひとつあいまいで、ピンとこないのです。いずれ総理になるとしても、外務大臣ぐらいは経験して、国際社会でもいろいろ場数を踏んでからでないと、とっても不安です。

彼を総理に推す人って、そんな経験どうでもいいのかな。ただ、小泉元総理の息子さんで、格好いいからという理由だけで選ばれてるのなら、なんだかなーって思います。自民党も人材不足、ということですかね。

それに、安倍総理に対してなぜあんなに反抗的なのでしょう(反抗期?)
最近のニュースでは、総理に異論を唱えない党内の空気に相当怒っていたって。

「昔の自民党なら倒閣になってた。私や石破さんが言うと、『後ろから鉄砲を撃つ』と言われるが、私は真っ正面から撃っている〜」

うーん、どうなのでしょう。ネットのコメントをちょっと拾ってみると、

・離党してから真正面と言おうね

・んじゃあ ただの敵じゃねえかw 出てけよwww

・結局、何と戦ってるの? つか何がしたくて自民にいるの? 親父は郵政改革という御旗持ってたけど 進次郎には何があるの?

・石破が後ろから鉄砲〜って言われるのは、自勢力が弱った時に乗じて自分の利益の為に後ろから鉄砲撃つからであって野党と同様の妄言を常日頃から堂々と発言しまくるシンジロウみたいなのは単なる馬鹿だと思う。

・今の安倍ちゃんを引き摺り下ろすほどの理由なんか無いぞ モリカケ?なんか1年半やって何も出て来ないじゃないか 真正面から弾を打つという敵対行為をするんなら自民党から出てけ!

まあ、安倍サポーターのコメントもすこし混ざっているようですけれど、「正面から鉄砲撃っている」っていうのは大胆すぎる言いわけだと思えます。「じゃあ、離党しろよ」って言われるのは無理もないし、野党になる勇気もないなら単なるはったり、強がり、と思われてもしかたがない。

表面上の世論に媚びているのか、マスコミの「反安倍キャンペーン」に乗せられているのか、単に粋がっているだけなのか――

本当に残念ですよねえ、進次郎さんの言動。あれだけ「モリカケ問題」で野党やマスコミから攻撃されても、安倍政権の支持率がそれほど下がらず、むしろ現在は微増に転じているのは、なぜなのか。一度、深く掘り下げて考えてみてほしい。表面上の風潮にばかり捕らわれないでさ。

安倍さんに代わる(安倍さん以上に仕事ができそうな)総理候補がいないから、安倍の次は安倍、と言われるのもなんだか情けない話ですけれどね。

進次郎さんはむしろ今の安倍政権を支えたほうが、将来のためにも良いと思うのですが、今、お父さんのほうが安倍批判やっているから、そうもいかないのでしょうかね。どっかで青臭い反抗期から脱してほしいなあ。大人の政治家としての成熟を期待していますよ、若大将!


それでは、ここで「オリオンの生活日記」行きまーす。

東京に出て、スカイツリー初めて昇りました。350メートルの展望デッキまでね。快晴ではなかったけれど、視界はまずまずでした。

b180720_sk03.jpg
窓から見た東京の展望

b180720_sk04.jpg
スカイツリー内のコーヒー店

やっぱり人が多かったですが、一度は昇ってみたいと思っていたので、おもい切って出かけて良かったです。エレベーターがはやくて、展望デッキまで一分弱で着くのは驚きでした。その後、迎賓館も見学してきました。

b180720_ge05.jpg
裏庭にある噴水


b180720_ge02.jpg
門から迎賓館前に通じる歩道

ここはちょっと暑くてばてましたけれど、館内は思った以上に豪華な印象を受けました(館内撮影禁止)。ヨーロッパの貴族・王侯屋敷に優るとも劣らない壁、天井の装飾、シャンデリア……たまにはいいですね。一般庶民がこうした贅沢な雰囲気に浸るのも。

今度はどこに行こうかなー。夏は暑いから出かけませんが、秋になったらまたどこか良いところを探して、今度は泊りがけの旅行をしたいです。まあ、実現するかどうかはわかりませんが、希望ということで。では、今日はこれまでね。最近ぜんぜん更新ができなくてごめんなさい。

posted by orion at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2018年05月21日

内閣支持率回復? / ポピー花祭り

読売新聞が実施した最新の世論調査によると、安倍内閣の支持率は42%で前回調査から3ポイント上昇したそうです。不支持率は47%で前回から6ポイントの低下って、まだ不支持率のほうが高いのですね。読売でこれですから、やはりモリ・カケ騒動の影響は相当大きく影響しているのでしょう。

でも、野党って無責任ですよね。騒ぎに騒いで安倍叩きに夢中ですけれど、仮に倒閣に成功して、そのあとどうするの。自分たちが責任をもって政権を担うつもりなのでしょうか。

野党の政権復帰なんて、国民の大多数が望んでいませんよね。ぜんぜん信頼ないから。政権担当能力もないくせに、内閣倒してどうするの、って話。自民党内で首相が交代するだけで、なにも変わりはしない。

旧民主党一派をふくむオール野党は依然として負け犬。弱い犬ほどよく吠える、って、よく言ったもんです。もっとも自民党も総理候補がいま一つパッとしません。

すこし前に、民放の番組で「自民党総裁選で誰が選ばれるのがふさわしいか」という世論調査で石破茂氏が1位で25%、安倍さんは24%で2位、とかやっていましたが、なんだかこの数値も微妙で、いくらでも調整できそう。

他局でも、内容はちょっと忘れましたが、与党に利ある質問で49.8%となっていたのですが、なんで50%じゃないのかな。この0.2%は誤差の範囲内か、調整可能な数値に思えました。

与党に有利な数値はなるべく出すまいとするメディアの忖度が働いているような気がするのは、それたけテレビメディアに対する信頼がおけないからなのかもしれません。

現在の、ただ政権を叩くことしかできない情けない野党にも、最近、キムチ推しがはげしいTBSをはじめとする「金太郎あめ」各局にも、不信感は増すばかり。いつになったら国民が安心して、希望が持てる状況になるのでしょうね。永遠に「無理」だとは思いたくないのですが。


さて、ここからは「オリオンの生活日記」です。ポピー畑(こうのす花祭り)観に行ってきました。まだ満開ではなく八分咲きだったけれど、十分にきれいで見ごたえがありました。

b180521_kawa01.jpg

花祭り会場の一角に飲食・野菜・衣類などが購入できる屋台がならんでいて、トイレと洗面台も簡易式。周囲は野っぱらで、あしかがフラワーパークのような大規模な観光施設はありませんから、そこは期待しないほうがいいです。

ついでに川越の江戸時代を感じさせる昔の街並みも観てきました。

b180521_kawa02.jpg

ここでも人がいっぱいで、中国人をはじめとする外国人旅行者が浴衣を着て歩いている場面をたくさん見かけました。当然、土産物店も混雑しており、やっと梅たくあんと、酒粕のカステラを購入することができました。

b180521_kawa05.jpg

酒粕かすてらは写真では4切れしか写っていませんが、5切れあります。一切れは食べちゃったの。文字どおり酒粕の味がして、好きな人にはよいかも。珍しい梅たくあんもさっぱりしておいしかったです。値段はどちらも500円だったかな。

b180521_kawa03.jpg
スターバックス(コーヒー店)の建物も古い街並みに溶け込んでいます

あしかがもそうでしたが、やっぱりシーズン中は混みますね。川越の街並みは人の少ない初冬にでも、もう一度行って静かな環境でぶらぶらしてみたいと思いました。


posted by orion at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2018年04月05日

最近のワイドショー・週刊誌の感想&料理の知恵

参院予算委員会がひとまず終わって、個人的にはほっとしています。ニュース・ワイドショーなど各局の情報番組の画一性がこれで少しは解消されるのかな、と期待したのですが、取り上げるニュースってたいして変わらないものですね。

まあ毎日、似たようなコメンテーターが似たような発言をするのを聴かないだけでもましかな。森友問題の連日の常軌を逸した報道合戦には辟易して、その間はワイドショーもほとんど見なくなりました。同じ内容、同じ切り口の政権攻撃ばかりでつまらないのですもの。

b180405sa02.jpg

27日の佐川氏(元財務省理財局長)の証人喚問の時にはNHKだけでなく、テレ東をのぞく全局が生中継していたことには、本当にあきれ返りました。視聴者を無視した金太郎アメみたいな民放って、こんなに必要なの? 一局だけで十分じゃない。

b180405sa03.jpg

それに、安倍昭恵さん(総理夫人)が自身のフェイスブックに寄せられた与党批判の投稿に「いいね!」ボタンを押したことを問題視して大騒ぎ。安倍首相が陳謝する事態になるって、ちょっとおかしくありませんか。

まるで昭恵さんは被告人扱いで、野党・左派勢力による言論封殺が堂々と行われています。すこし前に前川氏(前文科省次官)が行なった某学校での講演について、政府機関がその内容を問い合わせたことは大問題にして、いっせいに政府攻撃をしていましたよね。

b180405mak02.jpg
同じ人間でも、野党側の前川氏には人権があり、
与党側の安倍首相夫人には人権なし、というメディアの扱い


つまり前川氏には言論の自由はあるけれど、昭恵氏には言論の自由はないってことですね。国会で証人喚問するまでは「だまれ! なにも言うな!」と、まるで昭恵氏を罪人扱い。この状況を見ていると、やはりどなたが言っていた「魔女狩り」というのは、あながち大げさな言葉ではないのだと思えてきます。

政府批判をくり返す野党寄りの前川氏には人権があって、与党側の首相夫人・昭恵氏には人権はなくて良い、ということなのでしょう。

さて次は週刊誌です。先週木曜日の新聞広告は「週刊新潮」「週刊文春」ともにトップは安倍総理夫妻の批判記事を箇条書きにした内容紹介でした。

b180405ab05.jpg

「週刊新潮」はもともと左寄りの雑誌ではないかと思っていたので、またか、ぐらいにしか思わなかったのですが、「週刊文春」にはちょっと驚きました。ある時期から政府批判が目立つようになっていたのは気が付いていましたが、「安倍親衛隊」と称する人たちまで取り上げて、個人攻撃をしていることにはびっくりしました。

しかも、米国も日本を軽視しているかのような見出しに違和感を覚え、政府攻撃がしつこすぎる印象を受けました。まるで共産党の御用雑誌になったみたいで、ひょっとして反日工作員にでも乗っ取られてしまったのかな、と思ってしまいました。

今日の新聞広告のトップの見出しは金正恩でしたが、安倍批判の記事もしっかり載っているようです。「安倍政権 テレビ制圧計画」と(放送法改正にからんで)「安倍首相が欲しがる御用テレビ」ですって。

b180405ab06.jpg

今は公共放送を含む全局が「野党の御用テレビ」みたいなものですから、一局ぐらいは政府の「御用テレビ」があってもいいんじゃないですか。でないと、視聴者は与党と野党の意見の相違を公平に聞けません。

ここ数年は人の不倫話ばかり嗅ぎまわって載せるし、「だれ得?」とも思います。以前は週刊誌を買う時は「文春」が多かったのですが、最近はいっさい買わなくなりました。これだけ政治的に左に偏れば、どの雑誌も、どのテレビ番組も、気持ち悪くて読む気・見る気がしないし、夜はもっぱらインターネットで既存メディアが取り上げないニュースを探して見るようになりました。

私は自民党の支持者でも、安倍ファンでも何でもありませんが、既存メディアがすべて政府批判一色に傾くと、いいように洗脳されそうで恐いです。政府への批判は私にもありますが、たったひとりのコメンテーターでも良いから政府寄りの発言を聞かないと、正しい判断ができなくなる気がします。

前回も触れましたが、それほど現在のメディア報道の偏りはひどいと思いますから、放送法第4条など撤廃しても、たいして変わることはないでしょう。かえって、どこの局がどんな色をしているかがはっきりして、視聴者も取捨選択がしやすくなると思います。

公序良俗に反するような番組は罰則を設けて裁けばよいことです。そうした常識からはずれたメディアはいずれ消滅していくでしょう。公共放送ですら左寄りなのですから、新しいテレビ局ができたとして、その一局だけ政府寄りになったとしても、バランスが取れただけで、まったく問題はないでしょう。それで困るのはだれ? と思ってしまいます。

さて、最後にすこし柔らかい話題をひとつ。

この間、料理の話で「地味弁」(NHK「あさイチ」)とかやっていました。豪華でない地味なお弁当のことで、おかずはハムだけ、ベーコン、厚揚げだけ、カボチャの天ぷらだけとか、無理なく作れるお弁当を紹介していました。そのなかで、親子丼があったのですが、お弁当にしても、ご飯がびちゃびちゃしないようにするのはどうしたら良いか?

b180403bento03.jpg
親子丼と厚揚げ弁当

それは水で溶いた片栗粉をお汁に混ぜるのですって。そうしたらお汁がほどよく固まって、親子丼もお弁当にできるのだそうです。なるほどちょっとした知恵ですね。


弊ブログは政治の話に、生活の話を時々まぜるようにしましたので、タイトル下の説明文を変えました。歴史の話はなかなかする余地がないので、余裕が出来たらまた、ということで。



posted by orion at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2018年03月25日

放送法の改正でテレビ局VSネット事業者、勝者はだれ?

最近、安倍総理が放送制度改革を目ざしていることをニュースで知りました。インターネットなどの通信業務とテレビ・ラジオ局などの放送業務の垣根をなくして、ネット事業者が番組制作に参入しやすくするのだそうです。

それには「政治的公正の確保、公序良俗を害さないこと」などを定めた放送法4条の規制を撤廃する必要があるとのこと。目ざすべきゴールとして「多様なコンテンツ制作事業者が競いながら、良質で魅力的な番組を消費者に提供できる環境の創造」を掲げています。

b180325hoso02.jpg

一方で、放送業界では「真偽不明の情報が多いネットと過度に融合すれば、放送の信頼性が損なわれる」との声が出ているとか。安倍さんには自分に対する批判的な報道への不満もあるようで、どうやら放送業界は解体されるのではないかと、戦々恐々としているようです。

放送法4条って、今でもあって無きようなものでしょう。だって公共放送を含めたテレビ局なんて、ほとんどが野党側に立って安倍政権に対して批判的な報道ばかりしているではありませんか。ワイドショーなどでも保守派の論客なんてほとんど見かけませんし、せいぜい申しわけ程度に、穏やかな中立派がたまに出るぐらい。

b180325hoso04.jpg

日曜日朝に放送されるこの番組(TBS)なんて、全員が左派系コメンテーターで固められていますし、もし当局が注意でもしようものなら「報道の自由がー」とか「公権力の介入は許さない」とかギャーギャー文句言うのでしょうね

それでもって、ネットの保守系ニュースやコメントなどは、けしからんとか批判してネトウヨ(差別的名称)呼ばわりし、いわれもなく問題視するのですよね。どうやら既成メディアはネットの報道だけを規制したがっているようです。

その証拠にこの間、NHKで放送記念日特集「フェイクニュースにどう向き合うべきか」(22日夜10:00〜)という番組をやっていました。ネットに出まわる「フェイクニュース」を問題視して、各国の状況、その対策などを紹介していましたが、さもネットにはフェイクニュースしかないみたいな印象操作をしているように思えました。

でも、司会者の大越さんは過去における報道の仕方について、「一方的な観点からしか見なかったのではないか」といった反省をちらっと漏らしていたので、すこし好感をもったけれど、出演者に津田大介氏が入っている時点で、やっぱり左派的視点でネットニュースを敵視しているのが見え見えでした。

ネットではNHKって全然人気ないですものね。コメント拾ってみても、

・マスメディア「報道しない自由はフェイクニュースのくくりには入りません」

・津田はバリバリの偏向コメンテーターだろ
 その時点でNHK自体が既にフエイク

・いつもねじ曲げてんのはマスコミじゃねえか

・ フェイクニュースキングのNHK
 ネットのせいで思うように世論誘導ができずに悔しいんだろ

・日本偏向協会

・NHKの左翼偏向報道が酷い件を何とかしてください


もう、けちょんけちょんですよねえ。公共放送がこれだけ視聴者に嫌われてどうするの、ってレベル。もちろん科学ものとか医学・教育分野などでは良い番組もあるし、年配層にはまだまだ好まれていますけれど、ネットで育った若者のテレビ離れが現実に起きていますからね。今後、どうなっていくのでしょう。

森友問題にしても、政権がわを責めることしか頭にないみたいだし、野党がわに不利な情報って一切流しませんよね。「連帯ユニオン関西生コン支部」ってなに? 「辻本清美公園」ってなに? もっと知りたいなあ。

地上波が報道しない自由を頻繁に駆使しているから、そうした問題もすべて報道しているネットニュースを若年層を中心に見ているのは当然のことでしょうフェイクか真実かは見る者が判断すればよいので、ニュースを知らなければそれすら出来ないのですからね。

放送法4条の規制を撤廃すれば、完全に自由になるのですから、既成メディアは喜びそうなものなのに、なんでイヤなのでしょう。好きに政権批判や左翼的報道ができるのは良いけれど、ネットの保守系事業者が自分たちの縄張りであるテレビ事業に参入するのは許さない、ということなのでしょうかね。

ところで、安倍政権の支持者って、若者層に多いのですってね。ジジ・ババはだませても、ネットに通じた若年層はだませないってことね。民放はもちろん、まず公共放送が危機意識をもって、この現状をしっかり認識してほしいものです。

posted by orion at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治