2019年08月04日

アメリカさんも韓国に言うべきこと言って!

日本政府が貿易管理上の優遇対象国からの韓国除外を決めたことについて、米政府は日韓のさらなる関係悪化を懸念している。
2日にはポンペオ国務長官が、事態の沈静化に向けて両国の仲介に乗り出した。

ポンペオ氏は2日、バンコクで河野太郎外相、韓国の康京和外相との3カ国会談に臨み、「(日韓の状況を)深く憂慮している。米国としてできる役割を果たす」と語った。関係悪化が、日米韓3カ国間の安全保障協力や北朝鮮の非核化に向けた取り組みに影響を及ぼしかねないという危機感がある。

ただ、米政府は日韓いずれかの立場を支持することには慎重な姿勢を崩していない。当面は、15日に行われる文在寅大統領の演説や、韓国側が破棄を示唆した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)への両国の対応を注視。緊張緩和に向けて自制と対話を促していく方針だ。(時事通信社)


b190803_02.jpg
康京和韓国外相、ポンペオ米国務長官、河野太郎外相

日本政府が第2次経済報復として韓国を「ホワイト国」から除外したことは、韓国国内の日本製品不買運動に油を注ぐものとなった。特にユニクロやアサヒビールなど日本ブランド製品の不買を越えて、日本産原料・素材などを使用した製品にまで「ボイコットジャパン」が拡散している。(中央日報 8/3)

韓国の文在寅大統領は、日本から「ホワイト国」を除外されたことについて「盗っ人たけだけしい」などと強く批判し、「相応の措置をとる」と報復を宣言した。
文在寅大統領「今後、広がる事態の責任は、全面的に日本政府にあるという点を明確に警告する」(FNN 8/2)

b190803_03.jpg
文在寅大統領(「盗っ人たけだけしい」のはどちら?)

どうも米国は逃げ腰のようですが、韓国のお守を日本にだけ押しつけるってどうなの? こんな反日感情にとり憑かれたヒステリックな人たちには日本が何を言っても無駄でしょう。

b190803_04.jpg

最近、韓国大統領訪米時の首脳会談がたったの3分で終わった、とかいうニュースを聞いた覚えがありますが、トランプ大統領も文在寅氏を信用してないのではないですか。

貿易に関する安全保障上の問題については米国もその疑惑、あるいは把握している事実をはっきり韓国政府に伝えて、警告するべきではないでしょうか。

今回の措置(韓国をホワイト国から除外)についてはどうもトランプ大統領は了解済みで、安倍総理と綿密に話し合った結果のような気がしてならないのですよ。

いくら韓国が米国の同盟国で自由主義陣営に繋ぎ留めておきたいからといって、日本にだけ韓国への対応を任せて、米国が中立の立場をとるというのは、ちょっとずるいと思うのです。

日本はこれまでこの隣国にはほとほと手を焼いてきたのですから、今回ははっきり日本の味方をしてくださいよ、米国さん。でないと事実をそのまま伝えられていない韓国民の反日感情は益々エスカレートして、日本も断交を考えざるを得なくなってしまいます。

そんな最悪の事態になったら、米国だって困るでしょう。激化する対日感情を鎮めるには、米国のくぎを刺すひと言が必要だし、またここで日本が下手に譲歩すれば、韓国はさらに解決のゴールポストを動かして、新たな問題が発生するのは今までの経験から明らかなことです。

米国さん、一度でいいから日本側に立って、駄々っ子のような困った我が隣国に喝を入れてくださいな。

文在寅は北朝鮮のスパイではないか? と本当に疑っているならさ。


南北朝鮮の仮想敵国は日本なんですよ。

将来、わが国に牙をむくであろう反日国家にこれまでたくさんの経済・技術援助、貿易上の優遇措置を講じて肥え太らせてきたのはわが日本なのですから、ほんとに正気の沙汰ではありません。

相手はそれを当たり前と見て感謝するどころか、益々居丈高になっているではありませんか。


たとえ南北統一がなされたとしても、半島国が必ずしも西側につくとは限らないこと、地理上の観点からも、中国に呑み込まれていく可能性は決して低くないこと、その危険性を日本は今から米国と共有しておくべきだと思うのです。

その将来のあり得るべき展望について、日本政府は米国にしっかり伝えておいてほしいものです。

唯一の希望的観測は、民間交流で相互のネガティブな感情を改善して真に友好的な関係を築き上げることだと思いますが、その交流さえも今は制御できない反日感情によって次々と中止されている状況なのですから、あまり期待はできませんね。

奇跡でも起こらないかぎり、彼らの反日感情が親日に振れることはまずないと、最悪の結果を想定して、我々は将来に向けた準備をしておいたほうがよいと思います。

北への瀬どり、レーダー照射事件、戦略物資の横流し……
韓国の数々の疑惑について、日本を矢面に立たせるばかりでなく、米国自ら韓国に問いただすように、安倍総理はトランプ大統領にはっきり要請してほしいです。

とにかく、あまりにも激情的で、まともな交渉さえできない国家ですから、いざという時には米国が引導を渡すしかないでしょう。トランプさんでも、ポンペオ国務長官でもいいですから、韓国の裏切り行為については明確に言及するべきだと思います。

米国さん、日本と韓国、どちらの同盟国がより信用できるか、よくよく考えて、最悪の事態が生ずる前に、その立場を鮮明にする決断をよろしくお願いします。日本はもう我慢の限界超えていますから。
posted by orion at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186367676
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック