2019年05月15日

河野外相、日韓関係改善の前に言うこと言って!

日韓両政府が22〜23日にフランス・パリで開かれる経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に合わせ、河野太郎外相と康京和(カンギョンファ)外相が会談する方向で調整していることがわかった。実現すれば、河野氏は元徴用工らへの賠償問題で日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう要求し、日本産水産物の輸入規制についても解除を求めるとみられる。(2019/05/13 朝日新聞)

190514kono02.jpg
河野太郎外務大臣

河野外相は日韓関係改善に意欲を見せているようですが、たとえ慰安婦、元徴用工、レーダー照射事件など、個別の問題を解決できたとしても、日韓関係の根本的な問題が解決されたことにはなりません。

なぜなら、韓国の大統領が変われば解決されたはずの諸問題がまたぶり返される可能性が大いにあるからです。そんなことは過去を振り返れば容易に想像できるはず。

b190514k4.jpg

腐った根の上に真の花が咲くはずもなく、偽りの造花がもっともらしく外面を繕っているだけで、むしろ経済面で韓国が得をするように、日本からいくらでもむしり取ろうとするでしょう。それが当然だと思っている国なのですから。

まず、日本でなぜ嫌韓が広がっているのか、韓国政府と国民にその理由を明白にわからせる必要があります。ですから日韓関係を改善する前に、言うべきことをはっきり言ってください。

b190514k2.jpg
文在寅(ムンジェイン)韓国大統領

大統領が変わるたびにそれまで二国間で交わした条約や約束を平気で破る国は信用もできないし、尊敬もできない。日本国民はそのことで怒っているのだ、と。

もっと現在の日本を視て、若い世代のため、将来の世代のために真の友好関係を築く努力をしてほしい。反日政策を推進する今の韓国を日本国民が好きになれるはずがないし、憎しみには憎しみしか返ってこない、と。

河野外相、これをはっきり、はっきり言ってください。

韓国が反日活動を続けるのも、平気で約束を破るのも、それを阻止できない現安倍政権が無策だからです。日本政府にも大いに責任があります。

たとえ上辺の問題が解決されても、韓国国民の反日マインドが劇的に改善されないかぎり、日本を仮想敵国とみなしているかぎり、日韓関係に明日はありません。

先の戦争前に欧米や日本の植民地だった国で、これほど長きにわたって謝罪と賠償を求め続ける国は他にいないし、日本が敗戦国だった弱みに付け込んでいるとしても、これほど世界史的視野で歴史を観られず、半島国の狭い視点に固執している国も珍しく、特殊な民族性と言わざるを得ません。

良い悪いは別として、そうした特殊な国と対峙していることを忘れずに、決して相手をつけ上がらせるような妥協をすることなく、毅然とした対策を講じてください。

安倍総理も6月に大阪で開かれる主要20カ国(G20)会議の際に、日韓首脳会談がなされるとしても、決して甘い顔をすることなく、ウィーン条約にも違反している疑いのある韓国に対して「これ以上の無礼は許さない」という気概を持って大統領に接してください。まあ、今回の会談はなされないほうが効果的ではありますが。

もう一度言いますが、韓国の反日活動を止められないのは日本政府が有効な策を講じないからで、そのことをどうか肝に銘じて今後の対策を練るよう、一国民としてお願いいたします。

日韓両国の真の友好のためには、一時的な関係悪化もしかたのないことで、そのことを恐れずに、韓国大統領の理不尽な反日利用にくぎを刺してください。

河野外相、本当にお願いしますよ。
posted by orion at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186001480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック