2018年04月30日

南北会談、非核化だけじゃダメ & あしかがフラワーパーク行ってきたよー!

韓国の文在寅大統領北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は27日、南北軍事境界線上の板門店で史上3回目の南北首脳会談を行い、「朝鮮半島の完全な非核化」と年内に休戦中の朝鮮戦争の終戦宣言を目ざすことで合意しました。

b180430nanboku02.jpg

同日、トランプ大統領は「北朝鮮問題を解決する責任は米大統領の私にある」と述べ、米朝首脳会談に対する意欲を示しました。

「成果を期待している。なにか劇的なことが起きるかもしれない」とも語ったそうですが、劇的なことってなに? 非核化は日本のみならず、世界中の人が期待していることだから、当然のことですよね。

朝鮮戦争の終戦宣言? これも期待されていることです。

拉致被害者の全員帰国は非核化と共に日本の最大の関心事で、全面的な解決は当然期待されています。

それで経済援助が当然のように行われるわけ?

なんか違う。なんか違うでしょ、って思うのは私だけでしょうか。

これって、北朝鮮の政治体制が現状維持のまま保証されるってことですよね。トランプ大統領も「体制を維持する」ことに反対はしていないし、中国も北朝鮮の存続を望んでいるわけです。

結局、大国のエゴが大いに問題のある北朝鮮の現状を非核化の問題だけに集約させて、ごまかしているような気がするのです。北朝鮮の人たちはそれで満足なのでしょうかね。

あの国はまともな選挙さえ行われない、一般の人が自由に海外に旅行もできない異常な状況下にある国ですよ。インターネットの使用さえ制限されているではありませんか。

そんなことには目をつぶって、米中が衝突しないようにすればそれでいい、って、なんかあちらの生活者を軽視というか、無視していますよね。むしろ、バカにしている?

南北首脳の平和的なムードを演出する映像にごまかされてはいけないし、トランプさんが非核化だけで「ノーベル平和賞」を狙っているのだとしたら、間違っています。根本的な問題の解決がなされていないから。

もっと、もっと困難な実情に目を向けて、米中双方が生活者の視点に立って、あえて語られることのない(人道的な)難題に取り組む姿勢を見せてほしいと思います。


それでは政治的な話はこれでおしまいにして「オリオンの生活日記」にいきますね。行ってきたんですよー、お花めぐり。とってもきれいでしたー!

b180430hana03.jpg

館林市の「つつじが丘公園」です。園内には100余品種、一万株のつつじが植えられているそうです。赤やピンクのつつじもきれいだけれど、所どころに見られる白いつつじがとても目立って、存在感を主張していました。

つぎに、あの藤が有名な「あしかがフラワーパーク」です。今年は花の開花がはやくて、紫の大藤はすでに散りかけていましたが、白藤が満開で、長く伸びるアーチ(トンネル?)には人がたくさん集まっていて、とても立ち止まって写真を撮る空間はありませんでした。それで、他の場所で大棚の藤を撮りました。

b180430nana06.jpg

それにしても人が多すぎて、あちこちで中国語もとびかい(どこにいっても中国人はいます (^^;))、もう花を見ているのだか、人だかりを見ているのだかわからない状態に。

b180430hana05.jpg

「人も歩けば、人にあたる」という感じで、藤のソフトクリームの売店には長蛇の列がつらなり、結局、味見するのをあきらめました。

でも、園内には主役の藤ばかりでなく、色あざやかなつつじも結構見られるし、歩道の両側には赤や白、青など、わき役の小さな花々もきれいに咲いており、思いがけない楽しみがありました。

b180430hana07.jpg

良い天気に恵まれてラッキーでしたが、あまりにも混雑していたので、のんびりと花を楽しむ雰囲気にはひたれなかったのは残念でした(入場制限したほうがいいかも)。
今度は、花は少なくてもシーズンオフに訪れて、しずかに園内を散策できたらいいな、と思いました。


posted by orion at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183117691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック