2017年09月29日

民進合流・自由党も?『希望の党』が『野合の党』に? or 小池女帝の深謀遠慮か?

数日前までは単なるうわさ話で、まさか!と思っていたら、今日(28日)は現実に!、民進党の前原代表が同党の候補者に公認は出さず、『希望の党』から公認を受けることに決定した旨を発表しました。事実上の解党ですね。

bk92902.jpg

実は一昨日、「合流話が進んでいる」とNHKのニュースが公に報じたので、おどろいて、そのことに関する下書記事を書き終わっていたのですが、今はどんどん状況が変化して、書き直しを余儀なくされています。

それにしても小池さん、すごいですねえ。ここ数日、完全にメディアジャックしているではありませんか。テレビも、新聞も、小池氏の一挙手一投足にやきもきしながら、連日大きく取り上げています。

bk92903.jpg
『希望の党』結党メンバー

敵も味方も右往左往して、彼女が都知事を辞めて選挙に出るのか、出ないのか、憶測が飛び交い、上を下への大騒ぎ!! 

まさに『小池劇場』の面目躍如です。良いか、悪いかは別にして、本当に想像以上のすごいパワーです。

でも、民進党どころか自由党の小沢さんも『希望の党』へ合流となると、それこそ『希望の党』『野合の党』にという批判は免れないでしょう。いくら昔のボスとはいえ、新党のイメージダウンは必至です。

まあ、賢明な彼女のことですから、空気を読んで、そんな間違いを犯さないとは思いますが(希望)。私は最初の浮き浮き感が覚めて、現在の状況をすこし引いて見ています。

小池さん、なにをそんなに焦っているの。すこし急ぎ過ぎてはいませんか?

今回は、無理して既存の野党議員をかき集めなくても、まず、手堅く新人数十人を当選させれば、それで十分ではありませんか?

時間がなく、人材・資金も足りず、全国的な組織も整っていないからといって、無節操に他党の議員を引っ張り込むのはいかがなものか。都知事を辞めて、国政に打って出たい気持ちはわかりますが、やはり相当な無理があります。

新党のお仲間も、マスコミも(面白がって)、あなたの衆院選出馬を望んではいましょうが、今は総理大臣を狙う時ではなく、まして都知事の辞職はリスクが大きすぎます。なぜなら、

・自民党や他の野党(共産党など)から「無責任だ」「自分の野望のために都知事を投げ出した」等など、批判の集中砲火を浴びる。

・政権を取るために無理な候補者集めをして、あまりやり過ぎると、既存の(小池派)保守層の支持を失う可能性がある。また、相当な都民の反発を買う。

・今、自民党を倒し、安倍おろしをしても、日本の国益のためにならない。


もともと、小池さんを多少とも応援している保守層の人たちは、民進党議員が新党に入ることさえ嫌なのです。いくら政策の合致を条件にするといっても、国政に失敗して、国民から「ノー」を突き付けられた党所属の議員を、『希望の党』公認だからといっても、応援する気持ちになどなれないですよ。

したがって、今回は勝負の時ではないと思うのです。勝負の時は、都知事の任期を全うし、都民からも批判を受けず、小池派支持層のすべてが待望し、国民も納得して応援してくれる、その時が本当の勝負をかけるベストチャンスではないでしょうか。

いま、無理に無理を重ねると、必ず破たんをきたします。無節操な野党連合は、たとえ政権をとっても、いずれは内部分裂を起こして、短命に終わるということは、過去に学んできたはずです。

要は、一気に自民党に勝とうとしないで、一歩、一歩、段階を踏んで、新党発展の王道を歩むべきだということ。つまり、

他党の議員ではなく、自らが教え、薫陶した新人が育つまで、忍耐も必要だということです。急がば回れ、ということわざもあります。そして、自分の後継者を育てる時間的な余裕があれば、将来のしっかりした構想も立てやすくなります。

あんまり急ぎすぎ、欲張りすぎては足元をすくわれます。墓穴を掘ります。

今回の選挙は数十〜五十人も当選すれば御の字とみて、その地ならしの上に、本当の勝負の時を気持ちよくむかえれば、最善の戦いができると思います。

年齢的なこともありましょうが、目的を成し遂げようとする不屈の精神があれば、たとえ70才を超えても、気力・体力が衰えることはないでしょう。

bk92904.jpg
10月28日、安倍総理が衆議院を解散

首班指名をどうするのかって? しいて言えば、実績・年齢的なことを考慮するなら、『日本のこころ』出身の中山恭子さんで良いのではないですか。今回、無理して選挙に出ても、逆風も受ける中では自民党には勝てないですから。

とにかく焦らずに、都知事としての実績を積んで、誰からも文句を言われない状態で、国政に打って出られることを、心から願っております。


posted by orion at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181134866
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック