2017年09月27日

小池新党『希望の党』発足:昨日の単独発表は最善の選択

今朝9時半、小池代表率いる『希望の党』が結党の記者会見を行いました。いよいよ小池新党の本格始動です! それに先立って、昨日、新党立ち上げ、自ら代表となる発表を小池氏ひとりで行なったことは、最善の選択だったと思います。

bk92602.jpg

若狭・細野氏がつくる新党に小池氏を代表として迎えるという形では、インパクトがうすく、ましてメンバーのほとんどが民進党出身議員では、民進党のイメージが前面に出て、保守層有権者の心をしっかりとらえることはできなかったでしょう。

bk92606.jpg

そのことは、小池氏も十分に意識していたはずで、その払しょくのためにも『日本の心』代表の中山恭子氏が結党メンバーに入ったことは、大いに意義のあることでした。また自民党を離党した福田峰之氏が新党に参加することになったことも、バランス上良かったと思います。

bk92604_2.jpg

政策では憲法改正に前向きなことで、保守層や自民支持派を惹きつけ、原発ゼロを打ち出すことで、一部のリベラル左派系の希望にも応え、さらに小泉元首相の支持も取りつけて、その熟練した手腕にさすが小池さんだなあ、と感心しました。

bk92603.jpg

昨日もお昼の情報番組で大の男が4人も雁首そろえて、小池さんの悪口をぐちぐち言い合っていましたが、あんな口先だけのオヤジ連中が束になってかかっても、小池さんひとりにかなわないでしょう。

また、反小池派は滞っている豊洲・築地市場問題をやり玉に挙げていますが、そもそもこの問題は豊洲にあるはずのない地下空間が発見されたことから発しているのであって、それに気づかなかった自民党都議や前知事たちに第一責任があるわけで、小池都知事はその尻ぬぐいをさせられているに過ぎません。

責めるなら、自分たちをまず最初に責めるべきではないでしょうかねえ。あんなものが後から発見されず、地下の有害物質も基準値を超えていなければ、もうとっくの昔に豊洲市場への移転は終わっていたはずで、それをすべて小池知事だけのせいにするのはお門違いだということ。

でも、小池氏にはひとつだけ注文があります。公明党については協力関係を維持することは仕方がありませんが、あまりに頼りすぎるのはどうでしょうか。この党が宗教党であることは、国民も心の中で思っているはずです。

公明党が重視されるのはその集票力でしょうが、もし無党派層をさらに多く惹きつけ、選挙に行かない人たちを投票所に足を運ばせて、投票率を少なくとも60%以上に高めれば、組織票などはほとんど影響力がなくなるのです。

ですから、選挙に無関心な人たちの関心を捉えて、投票所で一票を投じさせる努力をもっと、もっとしてほしいと思います。そうしたら他党に過度にたよる必要もなくなります。もちろん政策上、一致する党と協力する必要もありましょうが、理想は自力で勝利する力を持つことだと思います。

現在、民進党が解党して『希望の党』に合流しようとする動きがあるようです。民進党のメンバーがどっと新党になだれ込むのか、と思うとぞっとします。保守層のなかには民進党アレルギーの方も結構いるのではないでしょうか。

もし、私の選挙区に『希望の党』の候補者が立って、その人が民進党出身者だったら、たとえ小池さんが応援しても投票したくないな、と思ってしまいます。どうしても下心が見えて信用できないから。

新党のなかで勢力を強めて、なにか悪だくみをするのではないか、と心配なので、なるべく民進党出身者の比率を10%以下にとどめてほしいです。

最後に、私は安倍総理と小池氏はいつか和解してほしいと思っています。現在の危うい国際情勢、米国との関係を考えると、選挙の結果いかんにかかわらず、国政を任せられる第一の政治家はやはり安倍さんだろう、と思うからです。ですから、戦いが終わった選挙後は、できれば総理として安倍さんを支持してほしいです。

bk92703.jpg

安倍総理から小池総理へ――こうした流れが生まれるためにも、最後には両者の和解を希望しています。



posted by orion at 13:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
今現在、選挙動向が流動的なので確固とした事は言えませんが一応ご意見させて頂きます。
>メンバーのほとんどが民進党出身議員では、民進党のイメージが前面に出て
本日の報道で「民進・前原代表は希望者は全員、希望の党から立候補させたい」と発表したみたいですから、これはもう「“小池百合子”の看板を掲げた“第二民進党”」と世間から言われても仕方がありませんね。

>昨日もお昼の情報番組で大の男が4人も雁首そろえて、小池さんの悪口を
選挙で自民党に対抗できるのは事実上希望の党のみなのですから、おそらく今後マスメディアは(「あの公明党」と反目する事になったので都知事選の時ほどではないでしょうけど)「小池支援・反安倍自民」の姿勢になると思いますよ。

>豊洲にあるはずのない地下空間が発見されたことから発しているのであって
>地下の有害物質も基準値を超えていなければ
地下空間がある事の何が問題なのか分かりません。
また、地下水に有害物質が含まれていても地下水などそもそも使用しません。使用するのは水道水だけです。そんな事が問題になるのであれば豊洲以外の他の都内の市場も使用中止になってしまうでしょう。有害な地下水など都内にいくらでも存在しますから。と言いますか、この手の豊洲移転問題は既に「主に共産党や築地移転反対派が扇動したデマに小池氏が便乗したもの」(=豊洲市場に瑕疵は無かった)という事で、既に決着がついている問題だと思うのですが。
だからこそ小池氏も最終的には豊洲移転を認めた訳ですから(時間だけ無意味に浪費して)。

私は必ずしも反小池という立場ではありません。
東京2020を成功させる為には都知事としての自覚をもっと強く持ってもらわないと困る、という話をしているだけの事です。

小池氏は国政で一体何がしたいのが?私には全く分かりません。
そして以前書いたような気がしますが、ブログ主様が小池氏に何を期待をしているのか?という事も今もって全く分かりません。

今回の新党騒動で一つだけ分かった事は「この人(小池氏)は、そうまでして総理大臣になりたいのだな」という事だけで、ひょっとしてこれは、ブログ主様も彼女と同様の考え方をされているのではないでしょうか?

まあポスト安倍の一人として名乗りをあげたいのでしょうけれど、せめてそういった活動は2020年以降にしてもらいたいものだと思います。
Posted by 薩道 at 2017年09月27日 22:42
連投ですみません。

>(「あの公明党」と反目する事になったので都知事選の時ほどではないでしょうけど)

「都知事選」じゃなくて「都議選」の誤りでした。

失礼しました。
Posted by 薩道 at 2017年09月27日 22:51
> 地下空間がある事の何が問題なのか分かりません。
地下空間に問題はなくとも、マスコミが(必要以上に)大騒ぎし、都民が不安がるのが現実なのです。でも、この話はこれでおしまいにしましょうね。

私も無条件で小池氏を応援しているわけではありません。
最新の更新記事(09.29)をお読みになられたら、多少とも私のスタンスがお分かりいただけると思います。

今後、民進党議員を多数『希望の党』に受け入れたか、『自由党』が合流した時点で、今回は『希望の党』には投票しないと思います。この場合は自民党一択です。
Posted by orion at 2017年10月01日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181116770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック