2017年07月26日

『加計ありき』でいい、いや『加計ありき』でなければならない

まーだ、やってんの? この不毛な論争の繰りかえし。
言った、いや、言わない。文書はあった、いや、なかった。誰かが、誰かと会った、いや、会っていない。首相は指示した、いや、指示していない。知っていた、いや、知らなかった。

政府側、野党側、双方の認識が違うのだから、こんなこと延々とやっても時間の無駄、税金の浪費だって言っているのに、どうしてわからないのかなあ。たとえ、何かの事実がわかったところで、それでどうした、って話ですよ。

要するに、論争すればするほど問題の本質からずれて、離れて、どんどん遠のいてゆくので、しまいには「あれ、結局、何が問題なのだっけ」ってわからなくなってくる、いや、わからなくなっていることさえ、わからなくなっているのです。

政府側が用心深く、言質も、上げ足もとられまいと「記憶によると、記憶にない、記憶があいまい」などという言葉を連発するのは、報道側にその原因の一端があります。彼らが何を言っても、ほぼ全テレビ局、番組が、反安倍政権の立場に立って、視聴者に悪印象を与えるよう意図的な編集をすることが、答弁に立つ政府側の関係者にはわかっているからです。

参議院予算委員会 本テーマの主役たち


bkake725_07.jpg

bkake725_08.jpg

bkake725_04.jpg

情弱な視聴者さえもだんだんと気づいてくるほど、露骨で、えげつないレベル。
それにしても、今回は安倍さん、おぼっちゃま政治家の弱点がもろに出てしまいましたね。脇が甘いよねえ、やっぱりさ、ほんと。どうしても小泉元総理と比較しちゃうんだわさ。


bkake725_05.jpg

でも、時の権力者たちをこれほど臆病にさせているって、たいした権力ですよね、報道側も。それで、安倍政権の支持率下落は、女性層に目立っている?

当たり前でしょう。性懲りもなく偏向報道を繰りかえすテレビの情報番組・ワイドショーなどをみる視聴者は、昼間はヒマな主婦層が圧倒的に多いのですから。

現にこのあいだ、東京の友人(専業主婦)から電話がかかってきて、用件を話したあとの雑談に入ったら、「安倍政権はもうダメだわね。どうしようもないじゃない。安倍さん、はやく辞めたらいいのに」

とのたまうたので、私は一瞬、返答に窮しました。あれ、この人、以前には民主党のこと、くそみそにけなしていなかったかしら。明らかにワイドショーの大々的な「反安倍キャンペーン」に感化されているじゃないの。なんだかんだ言っても、テレビの影響力って、まだ相当あるんだわ。悔しいけどさあ。

でも、その友人には「テレビの報道を信じちゃだめ。一方的だし、反安倍的立場に立つコメンテーターしか出さないし、支持率のデータなども変に操作されていたりするから」とは言いませんでした。彼女ひとりを説いたところで、大勢が変わるわけでもないし。

政権支持率29.9%で30%を割ったとか、首相候補で石破茂氏の支持率が安倍総理を上まわったとか、どの関連番組も嬉々として報じていますけど、なんだか眉唾モノですよねえ。

最近、やたらと石破さん、テレビに出ているようですけど、彼はテレビメディアのアイドルなんですか。ネットでは周知のいかがわしい情報には一切触れもしませんし、メディアの『石破推し』はちょっと気持ち悪いのですけれど。


あっと、そろそろ本日のテーマに入らないと。そう、毎日、毎日、国会でも、テレビでも、新聞でも『加計ありき』、『加計ありき』って、大騒ぎしているけれど、それって、そんなに悪いことなの。いいじゃない、『加計ありき』で。

『加計ありき』でいいし、はっきり言えば『加計ありき』であるべきなのです。

このあいだの閉会中審査では、ほとんどのニュース・情報番組が、加戸前愛媛県知事の発言部分はあっさりカットしたうえで、前川前文科省次官の答弁ばかりを垂れ流していましたよね。今回もそうなのか、と思っていたら、どうやらいくつかの番組では、加戸さんの発言部分も紹介したところがあったようです。


自民党から質問にたった青山繁晴議員の発言要旨:

・ 7月10日の閉会中審査では、加戸参考人の話しはほとんど報道されなかった。

僕という国会議員がこの世にいないかのような扱いにもなっていたが、それはどうでもよい。問題は、当事者の前川さんと並んで、一方の加戸参考人がまるでいなかったがごとく扱われていたこと。

加戸氏の青山議員の質問に対する答弁要旨:

・ 私も霞が関で三十数年生活したが、私の知る限りいままで、メディア批判をして勝った官僚、政治家は誰一人いないだろうと思う。

・ 7月10日の証人(参考人?)喚問ののち、イタリア旅行にでかけて帰国したら、『日本では報道しない自由というのが騒がれていますよ』と知らされた。

・ 『なんですか』と聞いたら、一覧表を見せられて。加戸参考人の発言を紹介したマル、サンカク、バツで、新聞メディア、テレビなどの勤務評定があった。

・ 私は役人時代から慣れっこですから、当然そうだろうな、と思った。ただ、「報道しない自由」というのも有力な手段、印象操作も有力な手段で、そのことは、マスコミ自体が謙虚に受け止めていただくしかない。


なるほど、この青山氏と加戸氏の発言が、すこしは効いたのかな。でも、今回も加戸氏の話を取り上げたといっても、ほんの申し訳程度で、どの番組も反安倍政権・親前川&獣医師会側の立場で報ずることに変わりはなかったようです。

そして、メディアも、民進党などの野党も、相変わらず『加計ありき』、『加計ありき』という印象操作に余念がなく、どのチャンネルを映しても、同じようなコメンテーターが、同じような反政権的な意見を述べて、マンネリ化してつまらなくなってきました。NHK、民放ともにほぼ全ニュース番組が右へならえ(左?)で、変わり映えのしない内容を毎日、毎日繰りかえし、恥ずかしげもなく垂れ流すばかりなのですから。

少なくとも地上波では、前川・獣医師会側を批判して、政権側に理解を示す勇気ある番組など、私の知るかぎりただの一番組もありません(「新報道2001」(日曜、フジTV)がちょっとましなレベルか)。視聴者はこの事実に疑問を持つべきなのですが……報道の表舞台がこんなに左翼系一色に染まってしまって、本当に日本は大丈夫なのでしょうか。

こうした状況の下で、私はあえて言います。

『加計ありき』でいい、いや『加計ありき』でなければならないのだ、と。


愛媛県と今治市が学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部誘致を計画したのは平成19年。相次ぐ家畜伝染病に悩まされ、「獣医師が足りない」という畜産農家の切なる声を受けての動きだったそうです。

獣医学部は半世紀も新設されておらず、定員も54年から930人のまま変わっていないのだとか。この異様な硬直性の背景には、獣医師会の絶え間ない政界工作があって……。

こういう切り口で、どこかのワイドショー・情報番組でやりませんかねえ。他の番組との差別化を図って――やるわけがない? そっか、では、しかたがない。せめて、閉会中審査で加戸前愛媛県知事が参考人として話した内容をすべて、一語もカットすることなく報じてほしいものです

愛媛県と今治市は過去に15回も獣医学部の新設について申請しており、15回ともけんもほろろに却下され続けてきました。

平成25年12月、安倍総理は「岩盤規制をドリルで破る」というスローガンを打ち出し、構造改革特区を国家戦略特区に衣替えして、27年6月に愛媛県と今治市が16回目の申請をすると、実現に向け一気に動き出しました。絶体絶命に追い込まれた獣医師会の妨害はここでもあったようです。

しかし、詳しい内容はすでに政治関連の他ブログでいっぱい紹介されていますので、ここでは割愛させていただきます。

私が今ここで言いたいことは、くり返しになりますが『加計ありき』で良いのだということ。『加計ありき』であるべきなのだということ。

この意味を、加戸氏の答弁内容(&青山議員の発言含)を女性・主婦層を含む全国民に報せれば、大方の人には必ず理解されるはずです。そして、政府側、文科省・獣医師会側のどちらが「行政を歪めたのか」もわかるはずなのです。

つまり、各テレビ局・番組のいかなるバイアスも通さずに、当事者の発言内容をありのままに視聴者に伝えることです。そして、国会中継以外でそれができるのは、公共放送のNHKしかないのでは、と思います。

もしNHKが日本の国益を考えるなら、獣医学部新設・加計学園問題をめぐる不毛な対立・論争を速やかに停止させなければならないという緊急の使命に気がつくはずです。逆に言えば、ここで民放各局の異常とも思える連日の『反政権キャンペーン』に、公共放送が加担してどうするのですか、ということ。

NHKさん、どうか一度でよいから受信料を支払っている国民のためになることを、公平公正にやってください。といっても、その可能性はかぎりなくゼロに近いでしょうか。その場合には、他の解決策があと一つあります。それについてはまた、別の機会に語ることになるでしょう。

本テーマの結論: 不屈の精神で『岩盤規制』に挑み続けた人たちには、報いてやるべきで、それについて『特別扱い』という言葉の範疇で片付けるべきではない。たとえその対象者の一人が、安倍総理の友達でも、友達でなくても、問題の本質は変わるものではない。


追記:い、いまやっと書き終わって、ちょっとテレビをつけてみたら、あっと驚いた! 『直撃ライブグッディ』(フジTV)で青山繁晴議員が民進党の玉木議員といっしょに並んで映っていたのだけれど……これマジ? 保守色の強い青山議員が、通常のワイドショーなどの番組に呼ばれるはずがないのよ。でも、映ってるのだから、呼ばれたんだよね。

これは夢か、まぼろしか? あっ、終わっちゃった。玉木議員との最後のツーショットが見れただけ。残念! 青山さん、いったい何話したんだろう。どんな論争があって、親前川派の反論は論破されたの? 誰かおせーて!


posted by orion at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180456687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック