2017年04月07日

米中会談・北朝鮮・シリア・ロシアなど最近の危ないニュース

北朝鮮のミサイル発射、シリア政府の化学兵器使用(サリンか?)、サンクトぺテブルク地下鉄の爆破事件など、世界中が混とんとして、明日になにが起こるかわからなくなってきました。果たして人類の未来に希望はあるのでしょうか?

こうした諸問題を話し合うため、トランプ大統領(米国)と習近平国家主席(中国)が米フロリダ州で会談を行いました(現在進行中)。


bkita06.jpg

トランプ大統領は国連安全保障理事会が科した対北朝鮮制裁について、中国の履行が不十分だとして、さらなる協力を引き出そうとしています。経済面では貿易の不均衡や為替操作の問題について話し合う予定です。

しかし、日本政府は米中が日本の頭越しに政治と経済の「取引」を行うのではないかと警戒しています。オバマ前政権は発足直後に、米中が国際社会を主導する「G2時代」を肯定したことがあり、こうした事態の再現を避けたいと思うのはもっともなことでしょう。世界は2国のためにだけあるわけじゃない。

経済的な譲歩や利益を交換に、北朝鮮問題をあいまいに終わらせたら、直接的な被害を蒙りそうな日本はたまったものではありません。トランプさんが中国の詐術にコロッとはまってしまうのではないか、という心配は拭いきれないのです。

台湾問題でも「中国はひとつ」という大陸中国の言いぶんを、あっさり認めてしまいましたからねえ。最初は威勢が良かったトランプさん。竜頭蛇尾にならないことを祈りたいものです。


米中会談前に北朝鮮がまたもミサイル発射

bkita03.jpg

発射時間は4月5日午前6時42分ごろで、ミサイルは約60キロメートル離れた日本海に落下しました。米中首脳会談を事前にけん制した行為とみられます。

金正恩にはもう何を言っても無駄でしょう。米国が北朝鮮を核保有国として認めないかぎり、こうした挑発行為は今後も続けるに違いありません。父親の金正日政権時代からの有力幹部を次から次へと粛清する、実の兄を毒殺する、国際社会の批判も顧みずミサイル発射を繰りかえすなど、どう考えても正気の沙汰とは思えません。きち●いに刃物、とはこのことでしょう。

発射された新型弾道ミサイルは「北極星2型」とみられ、米戦略軍のハイデン司令官は「我々にとって非常に挑戦的な技術だ」と警戒感を示しました。同ミサイルは短時間で装着可能な固体燃料を使い、捕捉が難しい移動式発射台からの発射が可能だから、米国としても、もはや「対岸の火事」と見ていられなくなるわけです。


bkita02.jpg

北朝鮮のミサイル開発は今後も進んでいきそうで、どこかで歯止めを掛けなければならない。さて、米中首脳会談の結果は日本にとって、吉と出るか、凶と出るか?

サンクトペテルブルクの地下鉄で爆破

4月3日午後2時半(日本時間午後8時半)ごろ、ロシア北西部のサンクトペテルブルク中心部の地下鉄駅で爆発があり、14人が死亡、約50人が負傷した、とタス通信が報じました。

bpeterburg02.jpg

プーチン大統領は当時、同地を訪問しており、爆弾テロとの見方が広まるなか、ロシア連邦捜査委員会は4日、爆発は自爆テロで、容疑者はキルギス出身のアクバルジョン・ジャリロフ(22)だと発表しました。ジャリロフ容疑者はロシアで活動が禁じられているイスラム過激派組織と関連があると、捜査当局はみています。

無辜の一般市民がこうした爆弾テロに巻き込まれることは、本当に痛ましいことです。容疑者の青年も過激な思想を植え込まれた犠牲者だったのでしょうか。こうした若者たちを正しい方向に導くには、どうしたらいいのでしょうかね。


シリア政府が反政府軍の支配地域に化学兵器使用か?

シリアのイドリブ県ハンシャイフン市を攻撃したアサド政権。反体制派のシリア国民連合は、アサド政権はサリンとみられる毒ガスを使用した、と非難しました。

bsyria02.jpg

これはちょっとひどいですね。一線を越えてしまったのではないでしょうか。死者は子どもを含め70人を超えたとか。5日に国連安全保障理事会の緊急会合が開かれましたが、非難決議の採択についてはロシアの反対を予測して見送られたようです。

米国、英国は「ロシアが守るかぎり、アサド政権は化学兵器を使い続ける」と懸念を表明し、トランプ大統領は「言語道断で文明世界はこれを看過できない。アサド政権の凶悪な行為は、過去の米政権の弱さと決断力のなさの結果だ」と暗に前オバマ政権を批判しました。

アサドさん、もう手段を選ばなくなりましたね。ヤバいですよ、なんとかしなければ。子供が身体をけいれんさせている映像がテレビで流れましたが、あまりにむごいし、かわいそう。いくらなんでも常軌を逸した行為だし、なんとかならないのでしょうか。



いやーなニュースばかりなので、芸能ニュースをひとつ。これもちょっと問題がありそうですが……

桜田淳子(58)の芸能活動にクレーム

bsakura02.jpg

1993年に芸能活動を休止して、2013年にデビュー40周年記念イベントで20年ぶりに歌を披露。そして今日、桜田淳子さんが3年4か月ぶりにステージ復帰(15分ほどのゲスト出演)で大騒ぎ!

霊感商法の被害総額800億円とも言われている統一教会をめぐる事件に、信者の桜田淳子さんが広告塔の役割を果たしていたということで、批判されています。

元信者・弁護士団(全国霊感商法対策弁護士連絡会)が「教会が現在も反社会的な活動を行っており、桜田さんが芸能活動をすることで被害が増えかねない」と懸念を表明したことに対して、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は「今回のコンサート出演に協会はかかわっていない。人権侵害云々」と反論しています。

2010年に旧協会の創始者・文鮮明氏は亡くなっており、現在、内部分裂が起きているそうです。

可愛らしく、さわやかな印象があった桜田淳子さん。現在、お子さんが確か3人いらっしゃって、母親として、また妻として、幸福に暮らしているようです。洗脳されているんだ、って他者から言われても、本人は認めないでしょうし――うーん、宗教って難しい問題ですよね。すぐには答えがでない……


た、大変! これ書いている間に、米国がシリアを攻撃したって、NHKのニュースが報じました。はやく、録画、録画っと。

ニュースの要点をまとめますと、

トランプ大統領シリアの空軍基地に対する軍事攻撃を指示した。この攻撃は化学兵器の使用と拡散をやめさせるため、アメリカの安全保障上、非常に重要な国益だ」

米国防総省「地中海に展開の米軍駆逐艦からシリア軍の飛行場に巡航ミサイル59発を発射した」


bsyria05.jpg

米国のアサド政権への攻撃は今回が初めて。

「越えてはならない一線「レッドライン」をはるかに越えている」
とトランプ大統領は昨日の記者会見で発言していた。

なにか展開がはやくて、ついていくのがやっとです。この先、どうなりますことやら
……

posted by orion at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179345352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック