2020年03月03日

マスク・トイレットペーパーの買占め恥ずかしいからやめて!

新型肺炎の不安・恐怖に捕らわれて、我々日本人は東日本大震災時に世界中で称賛された他者に対する思いやりや譲り合いの精神をどうやら忘れてしまったようです。

マスクはもちろんトイレットペーパーの買占めなんてほんとに恥ずかしいからやめてほしいです。

b200303_02.jpg

「トイレットペーパーはほぼ100%近く国内生産なので在庫がなくなることはないから慌てて買占めに走らないでほしい」
と業者の方も言っています。

多数の人が買占めに走ると、当然買い損なった方もでてきて大変迷惑しますから、「自分とこだけあればいい」なんて考えないでほしいです。私は通常2カ月単位で購入しているので、これまでの消費をみて一か月後に購入するつもりです。その時にちゃんと入手できることを祈っています。

通常の購入慣習を守っていれば誰も心配になることはないのですから、どうか落ち着いて他者のことも考えてあげましょうよ。

それから今、花粉症で困っており、マスク(使い捨て)はあと5枚ぐらいしか手持ちがありません。でもガーゼのマスクが1枚ありますから、自分は内側にティッシュペーパーを四つ折にして使おうと思っています。ガーゼですから何回かは洗って使えるでしょう。

大変なのは医療や介護施設だと思います。どうかたくさん買い占めていらっしゃる方はこれらの施設にマスクを送ってあげてください。個人ではハンカチでマスクを作ることもできますから、いろいろ工夫すればなんとかなります。

大体、生活必需品の買占めに走るような元気な人は感染しても死に至ることはないから落ち着きましょうよ。


公共の利益のために協力することも大事なことで、それでお年寄りや病弱の方の感染リスクが低まれば、死亡者数も抑えられるのです。


あと、各局で毎日新型コロナウイルスに関する報道をしていますよね。なかには政府批判や誰が困るだの彼が迷惑するだの、文句ばかり言っているワイドショーもあります。

小中高校の一斉休校についても「子供を守るためなのか、それとも他の人に移さないためなのか、目的がはっきりしないからはっきりさせるべきだ」などとバカな発言をしているコメンテーターもいます。

両方の目的に決まっているでしょうが。ほんとにこういう「批判すればいい」みたいなくだらない発言しかできない人はテレビに出さないでほしいです。

批判や文句、要望などは政府や各自治体に直接訴えればいいのです。そればっかりに終始する番組だと視ているほうはうんざりするし、国民にはなんの役にも立ちゃしない。

そんなことよりも、海外での感染情報やその対策がどうなっているのか、感染しないように気を付けるべきこと、生活の知恵みたいな情報をもっと出してくれたほうが有益だし、視て良かったと思えます。

そうした観点からすると、TBSの「ひるおび!」は比較的「役に立つ情報・国民が知りたい情報」重視でやっているようです。

b200303_09.jpg
中国・韓国を含む世界の感染情報を説明する司会者

素人コメンテーターが多いフジTVの「バイキング」は批判・文句中心で視聴者が本当に知りたい情報はあまり得られません。

b200303_03.jpg

確かに政府が初動の対処を誤ったことは事実です。おそらく周主席の来日を控えていたので、中国に過度な配慮をしてしまったのでしょう。中国旅行者の無制限の受け入れなど経済を重視して、新型コロナの感染を甘く見たこともあったでしょう。その点は安倍総理も大いに反省してほしいと思います。

b200303_07.jpg
国会で答弁をする安倍首相

でも今は今後の拡大を防ぐために官民が一致協力することがもっとも重要なことだと思うのです。与野党、地方自治体などとの過度の対立煽りは、かえって国民を憂鬱にし気持ちが沈んでしまいます。

国に要望するところは要望し、国民一人一人が感染しないために何ができるか互いに意見を出し合うことこそ大切で有益なことだと思います。

政府と国民、世界各国と一致団結してこの新型肺炎と戦い、できるだけ早く正常な日常を取りもどすべく互いに協力していきましょう。

posted by orion at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題