2019年06月26日

トランプ大統領、日米安保破棄の考えを側近に漏らす

トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。旧条約から数えて60年余り前に調印された安保条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。以下略(ブルームバーグ)

b190624ko8.jpg
トランプ大統領

だからトランプさんは突然何を言い出すかわからない人だから。彼は経済人だから基地費用の負担増や貿易問題での譲歩を日本側に要求する取引材料として発言した可能性もあるけれど、同盟国相手だからといって全面的に信用してはいけない、ということを我々が考える良い機会かもしれません。

というか、戦後の日本が軍隊を持てないようにしたのは米国でしょう。それを朝鮮戦争だの、米ソ冷戦だので、あわてて日本に自衛隊を創設させたのも全部アメリカさんの意向ですよね。トランプ大統領はそうした歴史をご存じなのでしょうかね。

それに日米安保は日本だけでなく、アジア太平洋地域の安全保障にもかかわっており、ベトナム戦争でも日本の基地を利用したし、日本の米軍基地はいわば米国の飛び地みたいなもので米国にとっても大いに役立っているはずなのです。

もし日米安保が破棄されたら、もはや中国の思うつぼで、この地域での米国の影響力は著しく低下し、中国が覇権を握るのは間違いありません。

そんなことは米国もわかっているはずだとは思いますが、その一方でいつまでも日本の安全保障を米国だけに頼って良いのか、という問題も当然持ち上がってきます。

100年後、200年後も日本に外国の軍隊が駐留していること自体、独立国として健全な状態と言えるのか。

年々高まってくる強大な中国の脅威にどう対峙すれば良いのか、70年経っても100年経っても、謝罪と賠償を求め続けるであろう韓国とどう付き合ってゆけば良いのか、今から未来の青写真をしっかり描いて、日米安保抜きの日本の在り方を、政府も、野党も、我々国民も真剣に考え、最良の答えを見いだしてゆかなければならないでしょう。

中国とは経済面や民間交流で良好な関係を保って、北朝鮮に対する日本の立場を理解してもらえる努力をすると同時に、決して中国に取り込まれないように警戒を怠らないことも必要でしょう。

さて、ここからは「オリオンの生活日記」です。

北海道行ってきましたー!

b190624ko6.jpg
旭山動物園の白クマさん

ガラス越しなのでちょっと写りが悪いです。


b190624ko4.jpg
美瑛・白金「青い池」

一番見たかったところです。本当に水面が不思議な青色をしていて、神秘的な雰囲気が漂っていました。

b190624ko5.jpg

定番の摩周湖にも行ってきました。20歳の時に一人旅をして一度訪れていたので、若き日の思い出がよみがえって、とても懐かしかったです。

b190624ko7.jpg

これは網走刑務所内に飾ってあった受刑者が描いたという似顔絵です。プロ並みのうまさにびっくりしたのでご紹介しました。左から皇太子妃時代の美智子上皇后さま、美空ひばりさん、えーと外国女性は誰だったかな。

その他、メルヘンの丘、オシンコシンの滝、釧路湿原など行ってきましたが写真たくさんになっちゃうのでここらへんでやめときます。また、秋になったらどこか行きたいなー。実現したら、ここでまたご報告しようと思います。

posted by orion at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際