2018年01月25日

安倍首相、平昌五輪開会式出席へ:文大統領の支持率上昇に利用されないように気をつけて!

安倍首相は、2月9日に韓国で開幕する平昌ピョンチャン冬季五輪の開会式に出席する意向を表明した。
 首相は訪韓中に文在寅(ムンジェイン)大統領と会談を行い、慰安婦問題に関する日韓合意で韓国政府が示した新方針の受け入れ拒否を伝えるとともに、北朝鮮に対する圧力の最大化を再確認したい考えだ。(1.24 サンケイ・ニュース)


b180125_02.jpg

すこし前から読売新聞が安倍首相の平昌五輪開会式への出席を示唆していましたから、これは反対派に対する地ならしをしているな、やはり安倍さんは行きたいのだな、と思っていました。

慰安婦問題の日韓合意を巡る韓国側の対応に国内では反発が強いが、北朝鮮の核・ミサイル問題を踏まえ、日韓両国の連携維持を重視した。

しかし、自民党内でも反対する議員が多く、山田宏参院議員「日本が韓国の約束破りのような行動に対し、間違ったメッセージを与えてしまうと危惧している。今、平昌に行く必要はない」と語っていました。

b180125_04.jpg

国民の8〜9割が「日韓合意」に関する韓国政府の対応に批判的で、「韓国を信用できない」と回答しており、安倍政権の支持率が下がることを懸念する向きもあります。

おそらく、安倍さんにとっては、韓国政府からの要請もあって、「行かない」選択のほうが勇気がいることだったのでしょう。お人好し、おぼっちゃま政治家、といえばそれまでですが、隣国に対する国民の不快感もあって、それで済む問題ではなさそうです。

どうして無条件で「出席」しようとするのでしょうね。こちらは国民の反対を押し切っていくのですから、「今後、慰安婦問題に関して、日本にいかなる要求もしない。日韓合意はしっかり守る」という確約を韓国政府から取り付けることが外交の駆け引きとして、重要だったのではないでしょうか。

それを、相手の要望を受け入れた後で、相手の国内で「日韓合意をしっかり守るように文大統領に言う」って、ちょっと順序が逆ではないですかね。

米国に対してもそうです。訪韓に関しては米国政府の要請があって、安倍総理はそれに応えるかたちで決断した、という報道もあります。
それなら、政権の支持率下落のリスクを冒して訪韓の決断をしたのだから、米国政府は「日韓合意は守らなけらばならない、という日本の立場を支持する」という発表をしてほしい、となぜトランプ大統領に直接要請しなかったのでしょうか。

支持率に関してはトランプさんも他人事ではないでしょうし、大統領と親しいということを自他ともに認めている安倍さんですから、それぐらいの依頼はしてもよいのではないですか。

「日韓合意を守れ」と安倍さんが百回繰り返すよりも、その仲介役を務めた米国が韓国に「合意を守れ」とひと言ったほうが、よほど効果があると思うのです。なぜ、米国政府に働きかけないのでしょうかねえ。

外務省が無能なのか、安倍総理がそこまで頭が回らないのか、どちらなのでしょう。日韓関係の悪化は、主に韓国がわに非があることを、米国にわからせるのも外交の手腕ではないでしょうか。

こうした状況下で、北朝鮮が韓国を振りまわしています。平昌五輪の参加を表明していながら、韓国内で「反対」集会が起こると激怒して、「今後の措置は慎重にならざるを得ない」と五輪不参加を匂わせたりしています。

b180125_05.jpg
金正恩朝鮮労働党委員長の写真を燃やす
「北朝鮮の平昌五輪参加反対」デモの参加者

北朝鮮は韓国に対して強気な一方で、韓国は日本に対して強気であり、威し、要求を繰りかえしている、って、どこか関係性が似ていて、おかしな感じがします。

北朝鮮の五輪参加に関係して、文政権の支持率が下がっている折柄、安倍総理の訪韓が、その支持率上昇に利用されないか、いささか心配しております。韓国政府の支持率回復には「反日政策」という特効薬がありますからね、効果抜群な。

文在寅大統領が安倍総理との予定される会談で、直接「慰安婦問題の解決にいっそうの努力を」とか「真の謝罪を求める」などと言おうものなら、韓国民も大いに喜んで、北朝鮮への反発など吹っ飛んでしまうかもしれません。

b180125_03.jpg

それでは、韓国政府の思うつぼであり、安倍さんは「鴨ネギ」状態になりますよね。そんなことを言わせないように、日本政府は水面下で文政権に働きかけているのでしょうか。

訪韓する以上、そうしたことを含む危機管理能力が問われるのは当然のことでしょう。つまり、韓国でのあらゆる突発的な状況を想定して、その対処方法をしっかり考えてから行ってほしいのです。

その一: 文在寅大統領が国内世論を考慮して、反日的な姿勢を見せた場合、安倍総理はどう対応するのか。

その二: 突然、慰安婦のおばあさんが安倍総理の目の前に現れたら、どう対応するのか。

その三: 慰安婦の支持団体が慰安婦像の前でデモを始めて、安倍総理を糾弾した場合、どう対応するのか。


その他、日本に対する何らかの侮辱的言動がないとは言い切れません。そうした場合に、日本の総理は毅然とした態度で韓国に抗議できるのでしょうか。
「他国の名誉を傷つけないことは、一流国家としての務めである」と韓国にわからせることができるのでしょうか。

また、米国のペンス副大統領を交えた日米韓の会談があった場合に、ペンスさんに「日韓の慰安婦問題は双方が努力して解決するように」などという日韓合意を無視したような発言を間違ってもさせないように、米国には「日韓合意の順守を双方に求める」と言わせるような外交努力をしてほしい、というか、そんなこと言わなくても、もうしていますよね。

韓国は米国を味方につけることが、日本に対しては「最大の武器」だと思っていますからね。日本を辱(はずかし)め、貶(おとし)めるためにはどんな手段も選ばない韓国のことですから、これ以上、日本国民が嫌な思いをしないように、安倍総理には巧みな外交手腕を発揮していただきたいと思います。

国民の反対を押し切って平昌五輪の開会式に出席するのですから、日本の総理大臣の訪韓が、韓国の政治的勝利として喧伝されないように、総理には毅然とした態度を貫かれることを、心から祈っております。そして、

不測の事態に対する危機管理も忘れずに!



posted by orion at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2018年01月18日

小池さん、『希望の党』をお捨てなさい:復活の可能性は?

ここ数日、民進党と希望の党の統一会派をめぐる話が進んでいましたが、昨日、民進党の両院総会では反対意見が相次ぎ、実現が困難になったようです。

b180118_02.jpg

一方、『希望の党』の玉木代表は16日の役員会で、民進党との統一会派結成に反対するメンバーらに配慮し、党を分割する分党を提案しました。
玉木氏は国会内で開いた役員会で「(結党当初の)オリジナルの希望の党の政策に準じていきたい方がいれば、分党手続きを経て、円満に整理していく」と述べました。

結局、民進党が結論を先送りしたために、『希望の党』の分党もなくなりましたが、代表自ら分党を検討するなんて、ちょっと呆れてしまいます。

b180118_03.jpg
「1月22日に始まる国会に向けて、統一会派を組むという交渉・協議は今日の時点でなくなりました」

やはり、この人の身は『希望の党』にあっても、心は民進党に残留したままだったのですね。今回の分党発言でよくわかりました。

でも、いっそ分党したほうがはっきりして、良かったのではないかとも思ってしまいます。松沢議員(『希望の党』)は統一会派には反対していたようで、ばりばりの保守派である中山夫妻も同様だったでしょう。

b180118_04.jpg

それで、小池さんも分党の時点できっぱり『希望の党』と決別し、彼らと行動を共にしたらどうでしょうか(もちろん、都知事の責任は果たしていくという姿勢は崩さずに)。一度、保守支持層の信頼・信用を完全に失っていますから、よほど腹をくくってかからないと、現在の状況を打開することは困難でしょう。

b180118_01.jpg
『希望の党』結党発表時の小池都知事

政界において、影響力を取りもどす鍵は? そのチャンスはあるでしょうか?

最初に言うべきことは、自分のやり方は間違っていた、とはっきり認めることですね。それを認めないかぎり、先に進むことはできないと思います。彼女の敗因はこれまでにさんざん述べてきたので繰り返しませんが、意外に思ったことがあります。それは小池氏の

情報収集能力の欠如

です。自分の支持層がどこにあるのか、彼らが何を期待しているのかに、まったく無知だったという驚きがあります。支持者だけでなく、一般の国民も、民進党に代わる新しい強力な野党の存在を期待していたはず。そんなことは、ネット、その他の情報源をちょっとだけでも探れば、すぐにわかったはずです。

『排除』発言で急速に人気を落とした、などという印象操作を、今でも繰り返しているテレビ・メディアで、本当のことをはっきりと言った人がいます。それは「ワイドナショー」(フジテレビ)に出演した時の立川志らくさんです。

b180118_05.jpg

彼は、小池氏の失敗は「排除」発言などではなく、民進党と一緒になってしまったことだ、と明言しました。また、玉木氏は最も民進党色の強い人物で「希望の党を乗っ取ってやる」とも強弁していたことを、暴露していました。

局や番組の意向に忖度するしょうもないコメンテーターが多い中で、彼が他の問題でも、真実を突く発言をしている場面を見たことがあります。

いずれにしても、新党を結党時から他党出身の議員に乗っ取られるような失態をやらかす政治家には、危なっかしくて、とても国のかじ取りは任せられないと、当然思われてしまったでしょう。

したがって、小池氏が総理大臣になる芽はほぼ完全に失われたとしても、やりようによっては、少数政党で自民党政権に揺さぶりをかけることはできると思います。あとは、次世代の「期待の星」を発見して育てあげれば、自分の引退後に希望を託すことができますし、日本の未来にとっても有益なことです。

これまで、何度も試みては失敗を繰り返してきた野党の無益なパワーゲームに関与して、うつつを抜かすのではなく、自分の足元をしっかり固めることに専念すること。能力ある者を遠ざけないこと。情報収集をしっかりして、けっして唯我独尊にならないこと。余分な欲を持たないこと。

そうした度量が小池さんにあれば、わずかでも衆院選での大失敗を挽回するチャンスはあると思います。その場合でも、まず過去の失敗を潔く認めることが条件ですが、彼女にもう一度国政にチャレンジするだけの気力と体力が残っているかどうか……

無理だと思ったら、都知事の任期を全うして、そちらで実績を積んで評価されるように努力されれば良いと思います。

九仭の功を一簣に欠く、という格言もあり、一度失った人気・信用を取りもどすことは並大抵なことではありません。でも、これまでの経緯は違いますが、特に保守層に不信感や疑惑をもたれていた政治家が、現在信頼され始めている例もあります。

河野外相がそうです。慰安婦問題に絡んだお父さんのこともあり、彼が外務大臣になることには反対する保守派は多かったと思います。ところが、やらせてみると、慰安婦にかかわる韓国の理不尽な要求をきっぱりつっぱね、また国際会議の席でも北朝鮮への制裁継続の必要性を断固として訴えています。

現在、河野外相の株は保守派の間では急上昇しています。今後、安倍総理がこの問題で韓国に譲歩したり、大使館や領事館前に慰安婦像が残ったままの状態に目をつぶって、ピョンチャン五輪で訪韓でもしたら、一気に人気を失い、来年秋の総裁選では河野外相が有力な対抗馬になるかもしれません。

このように、政治の世界は一瞬先は闇で、何が起こるか、どう変わるかわかりません。小池さんの決断力、人を惹きつけるパワー、男にも勝る度胸はやはり惜しいと思うので、最後の頑張りを見せてほしいとも思います。

二度と保守派を裏切らないこと、他の野党とつるまないこと、支持層が重なる自民党・安倍総理を無駄に批判しないで、むしろ褒める部分を残すこと。「安倍総理もよくやっていらっしゃるとは思いますが、もう少しここをこうしたらいい」とか「ああしたらいい」とか建設的な提言をすること。それが多少とも信頼を回復し、政権に絡むための条件になりましょう。

まだまだ前途多難で、吉と出るか、凶と出るかはわかりませんが、失意のどん底にあるであろう今も、チャレンジ精神を失っていなければ、こうした意見にも耳を傾ける余裕を持たれるように願っています。


posted by orion at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2018年01月11日

戦争回避のため、南北朝鮮は核抜きで統一させ、しばらく米中で共同統治するしかない

北朝鮮の弾道ミサイルによる攻撃の対処能力を向上させるため、政府は新たな迎撃システムを運用する方針だそうです。海上自衛隊のミサイル防衛用のイージス艦は現在4隻あり、20年度には8隻態勢となる予定。

b180111_01.jpg

米国との連携を強めるとのことですが、日本にミサイルが飛んできたら、その瞬間から戦争が始まってしまうわけですよね。北朝鮮が複数のミサイルを発射してきたら、迎撃ミサイルだけで守れるわけがない。

それで、米国が徹底的に北を叩いたら、今度は中国が向こうに加勢しそうだし、ロシアだって軍事介入してくる危険性があります。冗談じゃないですよ。それでいちばん被害をこうむるのは韓国よりも、むしろ日本に違いありません。

しかも、9日に行われた南北会談で文在寅政権は、北の巧妙な時間稼ぎに利用されているとも知らずに、南北融和を歓迎している様子です。共同報道文には「北朝鮮のヒラマサ五輪参加」や「多様な分野にわたる交流と協力を活性化させる」などに加えて、「南北間の問題は同じ民族同士で対話と交渉を通じて解決する」との文言も明記されています。

さて、これに対して米国はどういう反応を示し、どのような行動をとるのでしょうね。米国全土を攻撃できる北のミサイル開発の阻止は「待ったなし!」のところまで来ているような気がします。

今朝もテレ朝のモーニングショーでやっていましたが、タイムリミットまであと8カ月だとか。9月9日が北朝鮮の建国記念日で、建国70周年を祝って新型の長距離弾道ミサイルを発射する可能性があるのだそうです。

韓国が北朝鮮の策謀に呑み込まれていく過程で、米国は自国を守るために、北朝鮮に先制攻撃をしかけるかもしれません。

b180111_04.jpg

北朝鮮への制裁策で国際社会が結束していても、その輪のいちばん弱い部分は韓国であることは間違いないでしょう。同じ民族同士なので、いかんともしがたく、しかも、そうした中で韓国は慰安婦問題をまたも蒸し返そうとしています。

b180111_05.jpg

再交渉は求めない、と言いながら、これでは事実上の「日韓合意」の破棄であり、振り出しに戻ったのと同じことです。日本政府が単に「抗議」などという手ぬるい対応しかできないから、いつまでも侮られてしまうのです。

なぜ、これまでの再三にわたる条約や約束の反故を非難して、本気で怒らないのですか?

国内事情とか、反日感情とか、相手への無駄な忖度をすれば、あの国を益々つけ上がらせるだけです。韓国政府が国民感情と日本との関係悪化の板挟みで困っているとしても、それは際限もなく反日教育・反日政策を続けてきたことの結果なのですから、自業自得です。

日本政府は「その軌道修正をしなければ、日韓の未来はない」と韓国政府にわからせなければいけないのに、その忠告も・警告も、反日政策を止めさせる努力もしていないでしょう。

だから、安倍政権を全面的に支持できないのですよ。

ちょっと話が逸れましたが、こうした状況の中で韓国に多くを求めるのは無理だという結論に達せざるを得ません。結局、米国はやるときはやるでしょう。

でも北朝鮮との戦争になれば、日本は万事休すですから、そうした事態だけはなんとしても阻止しなければなりません。そのうえで知恵をしぼれば、もはや南北朝鮮をどうするか、米中で話し合って「核抜きでの南北統一」を実現させる以外にないのではないでしょうか。

中国を説得するために、朝鮮半島が安定するまで、米中による共同統治を提案するのです。その後は、朝鮮の自由主義社会・選挙制度を守ることを条件に、米軍が半島から撤退すること、中国は統一朝鮮の政治体制に介入せず、圧力を加えないこと、を相互に確約するのです。

金正恩一家については、中国なり、ロシアなりの亡命を認めて、その生命と生活の保証をすることで、中国政府に説得してもらうのです。

それ以外に、朝鮮半島での戦争を回避する方法がないような気がします。政治体制が違う国とのはざかいにあって、まことに気の毒ではありますが、上記の策を実行すれば、もはや同じ民族同士で戦争する危険もなくなるでしょう。

中国は朝鮮半島に対して地の利があり、米国はその点では優位に立つことができません。それが結果的に南北朝鮮を中国に売り渡すようなことになっても、それはそれで仕方がないことです。

日本もそこまでの展開を予想して、今後も膨張するであろう中国の巨大な勢力に呑み込まれないように、米国やインドなどとの連携を強化する策を講じ続けるしかないでしょう。韓国に対しては、反日政策を転換しないかぎり、もはや見捨てるしかありません。敵となることも覚悟するべきです。

posted by orion at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2018年01月02日

紅白・欅坂46の歌を聴いて「貴乃花だ!」と思った

明けまして おめでとうございます。

今年(2017)の紅白歌合戦は昨年(2016)よりもまとまりがあって、いくつかの見せ場もよくできており、司会者も安定感が増して良かったと思います。

b180102_012.jpg

話題のバブリーダンス(郷ひろみの歌の時)も観たし、

b180102_03.jpg

黒柳徹子さんのドラマの主題歌(福山雅治)も聴けたし、「ひよっこ」の寸劇も桑田さんが登場したりして、なかなか面白かったです。

b180102_07.jpg

安室奈美恵さんのステージ・シーンはとても美しく

b180102_11.jpg

X JAPAN・YOSHIKIさんのドラム復活のサプライズもあり

b180102_09.jpg

ただカメラワークが落ち着きがなく、正面から観客の立場で見たいと思っても、突然うしろに回ったり、横から映したり、動きがせわしなく、全体のイメージが損なわれたところがちょっと残念でした。

他にも楽しめる企画がありましたが、なかでも欅坂46のステージを観て、初めて歌詞をじっくり聴いてみたら「あー、これ貴乃花のことじゃない? 貴乃花の立場にそっくりだ!」と思ってしまいました。

b180102_04.jpg

たとえば、

僕はイエスと言わない 首を縦に振らない 〜

最後の最後まで抵抗し続ける 〜

叫びを押し殺す 見えない壁ができてた

ここで同調しなきゃ裏切者か 仲間からも撃たれると思わなかった

僕は嫌だ! 不協和音を恐れたりしない

嫌われたって 僕には僕の正義があるんだ

殴ればいいさ 一度妥協したら死んだも同然

支配したいなら 僕を倒してから行けよ!

ああ 調和だけじゃ危険だ 〜


ね、ねっ、なにか今の貴乃花親方の立場を象徴しているようではありませんか。

一度妥協したら死んだも同然、って本人は本気で思っているのかもしれませんね。

さて、今年はどうなることになりますやら、政治の面でもいろいろ目が離せないことだらけで、私ももうすこしブログ更新できるようにがんばろうと思います。ランキング参戦については、毎日は更新できないので、あきらめました〜<(_ _)>

posted by orion at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・芸能