2017年11月22日

米ハーバード大学が日本史を教材に使用している理由は…


先日(11月20日)の読売新聞に「ハーバード大 教材に日本史」という興味深い記事が掲載されていたのでご紹介いたします。

米ハーバード大で日本史がどう教えられているかを教授、学生に取材した『ハーバード日本史教室』(中公新書)という書籍が刊行されたそうです。

br1122_06.jpg

著者の佐藤智恵(作家・コンサルタント)氏によると、日本史が通史の授業だけではなく、経済学、文化人類学、環境史、経営史、リーダーシップ論など、様々な授業でテーマとして取り上げられているのだとか。

例を挙げると、「民主主義と人権」という授業(アマルティア・セン教授 ノーベル経済学賞受賞)では聖徳太子と「17条憲法」が、文化人類学の授業では和食の歴史など、環境史では東日本大震災、経営史では三菱グループの創業者、岩崎弥太郎、リーダーシップ論では昭和天皇の「終戦の詔書」がそれぞれ教材になっています。

通史の授業を受ける学生のあいだで特に人気があるのは、「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士の事件。合理的なアメリカ人でも「大義のためにすべてを犠牲にする姿」には感銘を受けるのだそうです。

経営史を教えるジェフリー・ジョーンズ教授は「アメリカは不確実性の高い時代を迎え、学生の間で歴史から学びたいという機運が高まっている」と述べ、その中でも特に歴史の長い日本から普遍的な知恵を学び取ろうとしているのではないか、ということです。

おもしろいですねえ。日本人にはわからない、というか、気づかない日本の文化や歴史の魅力や価値が、ここ数十年のうちに外国人によって見出されるという現象が起きています。外国人にはわからないだろう、という我々の先入観がどんどん崩されているのですね。

豆腐は味が淡泊すぎて、外人、とくに西洋人の味覚には合わないと思っていたら、最近、米国でも豆腐がダイエット食品・健康食品としてブームになっているのだとか。味にクセのある味噌もまたしかり。寿司やラーメンは言うまでもなくすでに人気の日本食ですし、蕎麦も人気になりつつあります。

でも、食文化だけでなく、日本の歴史そのものに興味をもってくれるのは、歴史サイトを持つ私としては大変うれしいことです。まあ、忍者・侍とかは以前から関心を持たれているようですが、もっと具体的な歴史上の事件や人物に興味の対象が広がっても、驚くことではないという気がしています。

たとえば、リーダーシップ論でいえば、戦国時代の信長・秀吉・家康を取り上げて、三者の特徴を語っている言葉を紹介すれば、学生は興味を持つかもしれません。

「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」は信長、「泣かぬなら鳴かせてみせようホトトギス」は秀吉、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」は家康、と天下をとった三人の武将の特徴的表現を紹介して、あなたはどのタイプか、どのリーダー像に惹かれるか、などと学生に問いかけるのです。

強引だが実行力あるリーダーか、自信家で説得力のあるリーダーか、機が熟するのを辛抱強く待って風雪に耐えるリーダーか?

こんなふうな切り口で語ったら、日本史もなかなか面白い、と改めて思い、ではこの三人はいったいどんなことをしたのか、とさらに興味を深めるきっかけになるかもしれませんね。

他にも、やはり『幕末・維新』の歴史は語りようによっては、ドラマ以上にドラマチックな印象を与え得るのではないでしょうか。高杉晋作のたった一人の蹶起から始まる長州内戦の勝利とか、桂小五郎と彼を支える芸妓幾松の逃亡と再会の危機感いっぱいのリアル・ドラマなど、外国人の学生たちにぜひ紹介したいものです。

br1122_05.jpg

「おもしろき こともなき世を おもしろく」(晋作)してくれた人たちは、他にもたくさんいるでしょう。

国際社会では、西洋の歴史ばかりがメジャー視されて、注目されるのでしょうが、近年はフィギュアスケートでも、スキー競技でも、東洋の国・日本が強みを見せてきました。ですから歴史・文化においても、いつか日本が外国で当たりまえに学ばれ、話される時がくるかもしれませんね。

日本食はすでに国際化されていますし、我々の気づかない日本の魅力はまだまだ発掘されそうです。

posted by orion at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史

2017年11月20日

孤高の貴乃花 VS 相撲協会 横綱暴行事件の真相は?

どうも今回の事件は相撲協会VS貴乃花親方という構図を浮かび上がらせているようです。日馬富士(横綱)は貴ノ岩に対して暴力を振るったことは認めています。

bs1118_10.jpg
暴行した横綱・日馬富士

その時にビール瓶を使った、使わなかった、で大きく話が分かれており、実兄とか貴ノ岩がわに近い人たちは「使った」と言い、白鵬など、日馬富士に同情的な人たちは「使わなかった」と語っています。

bs1118_11.jpg
暴行を受けた貴ノ岩関

つまり、どちらかがウソをついていることになりますよね。それで、双方の話を公平に扱わなければいけないのに、TVメディアなどはなぜか相撲協会・日馬富士がわに拠って語っている番組が目立ちます。

とくにフジテレビなどは、『とくダネ!』とか、『ライブグッディ』とか、明らかに横綱・日馬富士がわに味方して、貴乃花の行動を批判しているし、貴ノ岩に不利な情報ばかり取り上げています。あまりに偏った報道ぶりなので、なにか利害関係でもあるのかと、疑ったほどです。

『ひるおび!』(TBS)は相変わらずの偏向報道ぶりで、言うまでもありません。そのあとの『ゴゴスマ』(TBS)は、政治ネタなどでも比較的、反対意見も取り上げてくれるので『ひるおび!』ほどひどくはありません。

貴乃花親方は明らかに相撲協会に対して不信感を抱いているようで、第三者を間に入れなければ暴力事件が隠ぺいされると思ったのでしょう。

bs1120_02.jpg
渦中にある貴乃花親方

日馬富士がわに味方しているテレビ報道では、横綱に対する貴ノ岩の態度をことさら問題にしています。説教中にスマホをいじったとか、「これからは僕らの時代だ」とか生意気なことを言ったので、横綱の怒りを買ったのだと。

だからって、横綱が暴力を振るってよいのでしょうかね。

だれも注目していないようですが、最初に貴ノ岩が頭の怪我について「階段からころげ落ちた」と親方に話したということ。貴ノ岩はなぜ横綱から暴力を振るわれたことを隠したのでしょうね。そこのところが気になります。

日馬富士が貴ノ岩をビール瓶でなぐったのか、なぐらなかったのか、真相はまだわかりません。白鵬は同じ横綱を庇っている可能性もあり、一方的に白鵬の言い分が正しいと決めつけるのは、いかがなものでしょう。

まだ事実関係が明らかになっていない以上、どちらの言い分も公平に扱うべきだと思うのです。報道がわが一方的に日馬富士がわに肩入れして、印象操作をするのはやめてほしいです。

最初の改革派というのは、とかく煙たがれれるものですが、貴乃花もそのひとりかと思われます。孤高を貫くがゆえに誤解されることも多いのでしょう。今は、沈黙することがベターと判断しているのでしょうが、いつかご自分の意見を堂々と公の場で語ってくれることを期待しています。

posted by orion at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ

2017年11月08日

トランプさん&選挙結果の総括(遅いけど)

トランプ米大統領が娘イヴァンカさん(大統領補佐官)離日直後に来日し、華やかで活発な外交を繰り広げました。もちろん、北朝鮮問題については緊迫した会談もなされたに違いありません。

bn1108_02.jpg

(カメラが壊れちゃって、古いカメラを探し出して撮ったので、、ちょっとピントがずれているかも。新しいデジカメはすでに発注しており、現在、到着を待っている状態です)

もうニュースやワイドショーで散々取り上げられているので、ここで改めて言う必要もないと思いますが、印象としては、トランプ大統領は言いたいことをすぐに口に出して言ってしまうので、非常にわかりやすいです。

その率直(あけすけ?)な物言いが物議をかもすこともあり、非難の対象ともなりますが、今までとは違ったタイプの大統領だとおもえば、許容しやすくもなりましょう。ビジネスマンタイプで利害を計算しますから、いきなり乱暴な行動に出ることもないのではないでしょうか(と希望)。

韓国は相変わらず反日プロパガンダまっしぐらで、なにも変わってはいないですね。こんな状況下で、晩さん会のメニューに『独島』エビなるものを入れたり、元慰安婦のおばあさんを招待したり、国家間の約束事なんて明日は反故にするのがあたりまえ。いつまでたっても三流国家のふるまいから抜けきれないのです。

米国大統領にも、かのおばあさんが無理やり抱きついたりして、その映像をこれ見よがしに垂れ流していましたね。日本のテレビニュース・ワイドショーでも繰り返し取り上げられていました。


さて、衆議院選挙結果についてですが、『希望の党』&小池さんへの失望が大きすぎて、書く気にもなれず、だいぶ時間が過ぎてしまいました。でもこれまで彼女を応援してきた手前、やはり言及するべきではないかと思い、遅ればせながら記事をあげることにいたしました。

モーニングショー(テレ朝)の画像をお借りして、お話しします。

bn1108_06.jpg

立候補者235人のうち当選者は50人。結党メンバーが6人も落ちているうえに、当選したのはほどんどが元民進党議員の方々です。『希望の党』の独自候補は98人で、当選者はたったの一人だけ。その一人もえこひいきの比例復活だったとか。
bn1108_07.jpg

この結果は本当に悲惨ですねえ。これじゃあ『第二民進党』と言われても仕方がありません。とくに都知事選から小池さんと共に戦ってきた側近の若狭氏の落選は私にとっても驚きでした。『希望の党』は有権者から完全に見放されてしまったのですね。

それ以外は、これまでに私がしてきた予想と懸念がことごとく的中して、本当にこわいくらい。マスコミは『希望の党』大敗の原因を小池氏の「排除」発言のせいにしているようですが、それは原因の一端にすぎません。

安倍首相のいわゆる「こんな人たち」発言と、小池氏の「排除します」発言は、これを過剰に問題視して騒ぎ立てたマスコミの同じ匂いのする『印象操作』と思えます。

彼らは『希望の党』大敗の本当の理由をけっして言おうとしません。彼女の「排除」発言の前から選挙の敗北は予想できたことです。それは一つには民進党議員を(条件を緩和して)大量に受け入れてしまったこと。

不人気「民進党」の大半と合体したら、その不人気も一緒についてくることに、どうして気づかなかったのでしょうねえ。放っておけばかの党は衰退の一途をたどり、旧社会党(現社民党)と同じ運命にあったはずなのです。

もう一つの理由は、選挙戦に入って突然、「安倍自民」を批判しだして、他の野党と同じように「モリカケ」問題を連呼したこと。これで保守支持層に嫌気を与え、反発させてしまったと思います。

あなた、ついこの間まで自民党議員ではなかったですか?
それに、旧民主党政権時代に、政権奪取するまでは「髪を切らない」と願を掛けていた人はだれ?

その敵ともいうべき民進党(旧民主党)と手を組んで、自民党政権を倒そうとする姿に、我慢のならない人がいたようです。どこか民放のニュースで流れた映像を偶然みて、聞いたその言葉は、

裏切者、神戸へ帰れ!

でした。これで他の野党と同じレベルに落ちて、大多数の国民が政権担当能力がないとみなしている野党のひとつ、ワン・オブ・ゼムになり下がってしまったのです。

安倍総理を『都議会のドン』と同じ感覚で批判して、支持層が重なる有権者の心が離れてしまいました。こうして、おそらくは100万単位の保守層の票を失ってしまったのではないでしょうか。

私もそのうちの一人です。だって、小選挙区の『希望の党』立候補者をみれば、元民進党議員であり、比例代表の名簿をみれば元民進党議員が上位にずらりと並んでいるのですから、これでは『希望の党』に入れたという気はしませんよねえ。

これ以上言うと愚痴になるので、ここらへんでやめておきます。これ以前に書いてきたことと重なってしまいますから。

『希望の党』は今は民進党色、一色に染まっているようですが、いつか小池さんが党を取りもどして、独自色に染め上げ、保守支持層の信頼を回復する時が来ることを心から祈っています。

結果的に、今回の選挙は安倍さんの作戦勝ちでしたね。電撃解散で、野党を慌てふためかせて、見事に『希望の党』の足をすくってしまいました。でも、それで良かったと思います。

小池さんにとっては、今回、大敗していろいろ反省する機会を持てたことをよしとしましょうよ。これまでの人気をいつかは回復できるのか、あるいは二度と浮上できないのかは、すべて小池さんの今後の言動にかかっています。

捲土重来を期して、がんばってください。

posted by orion at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治