2017年09月29日

民進合流・自由党も?『希望の党』が『野合の党』に? or 小池女帝の深謀遠慮か?

数日前までは単なるうわさ話で、まさか!と思っていたら、今日(28日)は現実に!、民進党の前原代表が同党の候補者に公認は出さず、『希望の党』から公認を受けることに決定した旨を発表しました。事実上の解党ですね。

bk92902.jpg

実は一昨日、「合流話が進んでいる」とNHKのニュースが公に報じたので、おどろいて、そのことに関する下書記事を書き終わっていたのですが、今はどんどん状況が変化して、書き直しを余儀なくされています。

それにしても小池さん、すごいですねえ。ここ数日、完全にメディアジャックしているではありませんか。テレビも、新聞も、小池氏の一挙手一投足にやきもきしながら、連日大きく取り上げています。

bk92903.jpg
『希望の党』結党メンバー

敵も味方も右往左往して、彼女が都知事を辞めて選挙に出るのか、出ないのか、憶測が飛び交い、上を下への大騒ぎ!! 

まさに『小池劇場』の面目躍如です。良いか、悪いかは別にして、本当に想像以上のすごいパワーです。

でも、民進党どころか自由党の小沢さんも『希望の党』へ合流となると、それこそ『希望の党』『野合の党』にという批判は免れないでしょう。いくら昔のボスとはいえ、新党のイメージダウンは必至です。

まあ、賢明な彼女のことですから、空気を読んで、そんな間違いを犯さないとは思いますが(希望)。私は最初の浮き浮き感が覚めて、現在の状況をすこし引いて見ています。

小池さん、なにをそんなに焦っているの。すこし急ぎ過ぎてはいませんか?

今回は、無理して既存の野党議員をかき集めなくても、まず、手堅く新人数十人を当選させれば、それで十分ではありませんか?

時間がなく、人材・資金も足りず、全国的な組織も整っていないからといって、無節操に他党の議員を引っ張り込むのはいかがなものか。都知事を辞めて、国政に打って出たい気持ちはわかりますが、やはり相当な無理があります。

新党のお仲間も、マスコミも(面白がって)、あなたの衆院選出馬を望んではいましょうが、今は総理大臣を狙う時ではなく、まして都知事の辞職はリスクが大きすぎます。なぜなら、

・自民党や他の野党(共産党など)から「無責任だ」「自分の野望のために都知事を投げ出した」等など、批判の集中砲火を浴びる。

・政権を取るために無理な候補者集めをして、あまりやり過ぎると、既存の(小池派)保守層の支持を失う可能性がある。また、相当な都民の反発を買う。

・今、自民党を倒し、安倍おろしをしても、日本の国益のためにならない。


もともと、小池さんを多少とも応援している保守層の人たちは、民進党議員が新党に入ることさえ嫌なのです。いくら政策の合致を条件にするといっても、国政に失敗して、国民から「ノー」を突き付けられた党所属の議員を、『希望の党』公認だからといっても、応援する気持ちになどなれないですよ。

したがって、今回は勝負の時ではないと思うのです。勝負の時は、都知事の任期を全うし、都民からも批判を受けず、小池派支持層のすべてが待望し、国民も納得して応援してくれる、その時が本当の勝負をかけるベストチャンスではないでしょうか。

いま、無理に無理を重ねると、必ず破たんをきたします。無節操な野党連合は、たとえ政権をとっても、いずれは内部分裂を起こして、短命に終わるということは、過去に学んできたはずです。

要は、一気に自民党に勝とうとしないで、一歩、一歩、段階を踏んで、新党発展の王道を歩むべきだということ。つまり、

他党の議員ではなく、自らが教え、薫陶した新人が育つまで、忍耐も必要だということです。急がば回れ、ということわざもあります。そして、自分の後継者を育てる時間的な余裕があれば、将来のしっかりした構想も立てやすくなります。

あんまり急ぎすぎ、欲張りすぎては足元をすくわれます。墓穴を掘ります。

今回の選挙は数十〜五十人も当選すれば御の字とみて、その地ならしの上に、本当の勝負の時を気持ちよくむかえれば、最善の戦いができると思います。

年齢的なこともありましょうが、目的を成し遂げようとする不屈の精神があれば、たとえ70才を超えても、気力・体力が衰えることはないでしょう。

bk92904.jpg
10月28日、安倍総理が衆議院を解散

首班指名をどうするのかって? しいて言えば、実績・年齢的なことを考慮するなら、『日本のこころ』出身の中山恭子さんで良いのではないですか。今回、無理して選挙に出ても、逆風も受ける中では自民党には勝てないですから。

とにかく焦らずに、都知事としての実績を積んで、誰からも文句を言われない状態で、国政に打って出られることを、心から願っております。


posted by orion at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2017年09月27日

小池新党『希望の党』発足:昨日の単独発表は最善の選択

今朝9時半、小池代表率いる『希望の党』が結党の記者会見を行いました。いよいよ小池新党の本格始動です! それに先立って、昨日、新党立ち上げ、自ら代表となる発表を小池氏ひとりで行なったことは、最善の選択だったと思います。

bk92602.jpg

若狭・細野氏がつくる新党に小池氏を代表として迎えるという形では、インパクトがうすく、ましてメンバーのほとんどが民進党出身議員では、民進党のイメージが前面に出て、保守層有権者の心をしっかりとらえることはできなかったでしょう。

bk92606.jpg

そのことは、小池氏も十分に意識していたはずで、その払しょくのためにも『日本の心』代表の中山恭子氏が結党メンバーに入ったことは、大いに意義のあることでした。また自民党を離党した福田峰之氏が新党に参加することになったことも、バランス上良かったと思います。

bk92604_2.jpg

政策では憲法改正に前向きなことで、保守層や自民支持派を惹きつけ、原発ゼロを打ち出すことで、一部のリベラル左派系の希望にも応え、さらに小泉元首相の支持も取りつけて、その熟練した手腕にさすが小池さんだなあ、と感心しました。

bk92603.jpg

昨日もお昼の情報番組で大の男が4人も雁首そろえて、小池さんの悪口をぐちぐち言い合っていましたが、あんな口先だけのオヤジ連中が束になってかかっても、小池さんひとりにかなわないでしょう。

また、反小池派は滞っている豊洲・築地市場問題をやり玉に挙げていますが、そもそもこの問題は豊洲にあるはずのない地下空間が発見されたことから発しているのであって、それに気づかなかった自民党都議や前知事たちに第一責任があるわけで、小池都知事はその尻ぬぐいをさせられているに過ぎません。

責めるなら、自分たちをまず最初に責めるべきではないでしょうかねえ。あんなものが後から発見されず、地下の有害物質も基準値を超えていなければ、もうとっくの昔に豊洲市場への移転は終わっていたはずで、それをすべて小池知事だけのせいにするのはお門違いだということ。

でも、小池氏にはひとつだけ注文があります。公明党については協力関係を維持することは仕方がありませんが、あまりに頼りすぎるのはどうでしょうか。この党が宗教党であることは、国民も心の中で思っているはずです。

公明党が重視されるのはその集票力でしょうが、もし無党派層をさらに多く惹きつけ、選挙に行かない人たちを投票所に足を運ばせて、投票率を少なくとも60%以上に高めれば、組織票などはほとんど影響力がなくなるのです。

ですから、選挙に無関心な人たちの関心を捉えて、投票所で一票を投じさせる努力をもっと、もっとしてほしいと思います。そうしたら他党に過度にたよる必要もなくなります。もちろん政策上、一致する党と協力する必要もありましょうが、理想は自力で勝利する力を持つことだと思います。

現在、民進党が解党して『希望の党』に合流しようとする動きがあるようです。民進党のメンバーがどっと新党になだれ込むのか、と思うとぞっとします。保守層のなかには民進党アレルギーの方も結構いるのではないでしょうか。

もし、私の選挙区に『希望の党』の候補者が立って、その人が民進党出身者だったら、たとえ小池さんが応援しても投票したくないな、と思ってしまいます。どうしても下心が見えて信用できないから。

新党のなかで勢力を強めて、なにか悪だくみをするのではないか、と心配なので、なるべく民進党出身者の比率を10%以下にとどめてほしいです。

最後に、私は安倍総理と小池氏はいつか和解してほしいと思っています。現在の危うい国際情勢、米国との関係を考えると、選挙の結果いかんにかかわらず、国政を任せられる第一の政治家はやはり安倍さんだろう、と思うからです。ですから、戦いが終わった選挙後は、できれば総理として安倍さんを支持してほしいです。

bk92703.jpg

安倍総理から小池総理へ――こうした流れが生まれるためにも、最後には両者の和解を希望しています。



posted by orion at 13:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治

2017年09月17日

小池新党、まさか細野氏が代表?:衆院解散かって、北朝鮮どうするの!

秋風に伴って、やっぱり解散風が吹き始めてきましたよ。これって、若狭新党というか、事実上の小池新党発足を警戒しての動きなんでしょう? まったくいやですねえ。まだ、若狭氏が主宰する政治塾『輝照塾』が開講されたばかりだというのに。

それに、新党結成をめぐる若狭氏と細野豪志(民進党出身)氏との会談の話もちらほら聞こえてきて、どちらが代表になるかという問題が取り沙汰されています。えっ、まさか細野氏が代表なんて、あるの?

現在、民進党からはまた離党者が何人か出ているようですが、こういう人たちを政治の基本理念で合致すれば、全員入党させるつもりなのでしょうか。小池さんは現在の動きには懸念を抱いているようです。

bkoiketo02.jpg
今朝の『新報道2001』(フジTV)から

蜘蛛の糸のような形になっても意味をなさない!

そうです、そうです。まったくそのとおりです。若狭氏はこの言葉の意味を十分に理解していらっしゃると思いますが、ひとつ、ひとつの木を視ているあいだに、森全体が見えなくなってしまう場合もあります。

bkoiketo03.jpg

万一、新党の代表が細野氏にでもなったら、それこそ民進党離党組の『看板すげ替え党』というイメージは免れません。それがどういう意味を持つか、わかりますよねえ。細野氏は民進党内では保守派といっても、旧民主党から同党の中核を担ってきた人物です。

bkoiketo04.jpg

同党は中国・韓国に対して常に弱腰外交で、毅然とした態度が取れず、鳩山元総理の愚かな言動のおかげで米国にも不信感を持たれ、日本の国益を著しく損ねてきたことは、まだはっきりと国民の記憶に残っています。

彼があまりにも前面に出れば、「昔の名前で出ています」のような印象で、新味はなくなるし、離党したとはいえ民進党臭はまだふんぷんとしており、なんのための、誰のための新党か、ということになります。

たとえ憲法改正などの基本政策に同意しても、いまや泥舟と化したあの党出身者の新党参加には歯止め目を掛けるべきなのです。でないと、党の中で民進党出身者の派閥ができてしまいます。それを許してしまったら新党をつくった意味がありませんし、国民からも早々に見放されるでしょう。

小池氏は優れた戦略家ですから、そこから生ずる悪しき結果をはっきり見ているはずです。政治経験者が少ないからといって、安易に(選挙に落ちそうな)既成の政治家に入党の門戸を広げるべきではありません。

新人が多くなるのは新党の弱点であっても、それを乗り越えていかなければ成功はなく、トップリーダーの選択を誤れば、生き残るより以前に選挙で勝つことはできないでしょう。

先の都議選は小池都知事ひとりの人気と知名度で大勝したことを忘れないでください。彼女の側面援助だけで勝てるほど選挙は甘くないのです。小池氏もそれがわかっていたから、選挙期間中だけでも代表に就任したのだと思います。

若狭氏と新党結成メンバーはそのことを肝に銘じて、なんとか批判を受けずに小池氏が新党に中心的に関与できる手段を、知恵を絞って考えていただきたいと思います。

それにしても安倍さんは本当に10月にも解散に打って出るつもりなのでしょうか。北朝鮮の核実験やミサイル発射が連続している危険な時期に、解散権を行使するって、そんなことしていいのですか。

bkoikita09.jpg

それこそ党利党略ではないですか。恥ずかしい行為だし、いくら支持率が持ち直してきたといっても、国民はあきれ返りますよ、きっと。投票率もぐっと落ちるかもしれません。現在の衆院での政権勢力3分の2を割るリスクを冒しても、解散総選挙に踏み切るメリットってあるのでしょうかね。

まあ、安倍総理がそう決断するなら仕方のないことですが。私としては若狭新党ならぬ、小池新党の準備不足を克服しての健闘を祈っております。

やはり自民党一強は良くないし、民進・社民・自由党の連携を国民の大多数は期待していないでしょうし、小沢さんも何やら動いているようですが、もはや『終わった人』という印象はぬぐえません。

国民に注目され、期待され得るのは、これから誕生しようとする(余人ならぬ)小池・若狭両氏が関与する新党でしょう。ですから、その経過・発足のあり方は重要で、誤らないでいただきたいのです。すなわち、

小池新党は既成の政党・政治家と安易に妥協・連携するなかれ

むしろ孤高たれ!



posted by orion at 16:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治

2017年09月04日

眞子さまご婚約&北朝鮮が核実験:戦争と平和は紙一重?

秋篠宮家の長女・眞子さまと国際基督教大学で同級であった小室圭さん(共に25歳)が3日、婚約(内定)の記者会見に臨まれました。15分に満たない短い会見ではありましたが、さわやかで周囲がぱっと明るくなるような、素敵なお二人の会見でした。

bmakom03.jpg

小室さんは眞子さまも話されていたとおり、笑顔がとてもチャーミングで清潔感にあふれた好青年という印象を受けました。最近は政界でも、芸能界でも、やれ不倫だ、詐欺だ、不正行為だ、など、どろどろとしたイヤーなニュースが多かったので、皇室の祝い事で日本中が無条件で喜べるのって、「良いなー」って改めて思ってしまいました。

眞子さま、小室さん、おめでとうございます。平和な日本を象徴するようなニュースでしたが、それに前後して北朝鮮がまたも核実験をやらかしました。「大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着用の水爆実験に成功した」(北朝鮮発表)ですって!

bkitam03.jpg
9月3日、6度目の核実験を強行

ついこの間、日本の上空を越える弾道ミサイルの発射実験をして、世界中から非難を浴びたばっかりだったのに、北の独裁者はまったく何を考えているのだか――どんな抗議も、非難も、あの男には「馬の耳に念仏」のようです。

bkitam05.jpg
8月29日、中距離弾道ミサイル「火星12」発射

トランプ大統領もそうとう忍耐しているようですが、今回の核実験は彼の言う「レッドライン」を越えたのか、どうなのか。「何をするかわからない」というこわさは、米国大統領にもありますからね。

北朝鮮問題・解決の出口はない?

超大国・米国を、こちらがはらはらするほど挑発する金正恩(朝鮮労働党委員長)の自信はいったいどこから来ているのでしょうか。

 トランプ大統領から「北朝鮮をなんとかしろ!」と責め立てられている中国が、石油の供給を制限したとしても、その分をロシアが穴埋めする可能性がある。

 それに、中国の本心は、北朝鮮の崩壊を望んではいない。金正恩もそれを知っているから、なかなか中国の言うことをきかない。

 そのうえ、米国は北朝鮮を軍事攻撃できない、と正恩は半ば確信している。攻撃すれば、同盟国である韓国・日本が危険にさらされ、多大な被害をこうむることになる。だから米国は逡巡し、思い切った行動がとれない。

 しかも、正恩は米国という「虎の尾を踏む」一歩手前で、巧みに踏みとどまり、破滅を回避するしたたかな戦略家としての資質を備え、大国中・露をも有効に利用する手立てを心得ている。 米国と中露がにらみ合う力の絶妙なバランス、ほとんど何もできない日本と韓国は事実上の人質、国連で北朝鮮への非難決議はするものの、他の諸国は単なる傍観者。


こうして見てくると、北朝鮮問題に解決への糸口はあるのか? 我々は出口のない暗闇の道を無駄に探り進んでいるだけではないのか、という疑問がわき上がってくるのです。戦争と平和は紙一重、とも思えてきます。

中国自体が一党独裁国家であることを考えれば、この体制が崩壊しないかぎり、現在の膠着状態は永遠に続いてしまうのかもしれません。中国は今も民主国家ではないけれど、なんらかの市民革命が起こって成功し、現体制が崩壊したら、それはそれで大きな危険を伴い、その混乱はおそらく北朝鮮の比ではないでしょう。

体制の崩壊が必ずしも民主国家の成立を促進するものではないことを、我々は中東やアフリカ諸国で、宗教・人種問題などもからみ、その悲惨な現実を目撃しています。

ですから、北朝鮮、中国などの独裁国家が正しい選挙制度に基づく民主主義国家に変貌することを望んでいても、心のどこかでは、その過程で起こりうる大混乱、大量の難民問題の発生を恐れているのです。

どちらにしても出口が見つからないようです。こうした不安の払しょくはどうしたらなされるのでしょうか。そう考えると、過去にさかのぼってみて、やはり『明治維新』は奇跡だったと思えてきます。最後の内乱が西南戦争で終わったのですから。

おそらくは日本の歴史や文化的背景、民族性などが関係しているのでしょうが、世界は日本よりももっと、もっと複雑です。寛容な宗教感などもたない国や特定の宗教信者が異教徒を排斥することが、現在も行われているのが現実なのです。

憎しみの上に憎しみを重ねて、なかなか宥和できない者たちもいます。こうしてみてくると、北東アジアにかかわる諸々の問題も一朝一夕に解決できるとは思えません。カギは米国が握っていると思いますが、さて、かの大統領はどのような解決策を提示してくるでしょうか。

それに対して、日本政府の対応と行動はこの国と国民を守り抜くほど賢明なものになるのでしょうか。この出口の見えない闇のなかで、我われ自身も知恵を絞って考えなければならないのかもしれません。



posted by orion at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際