2019年10月09日

香港やばい、北朝鮮のミサイル発射でトランプ大統領は?

香港政府は4日、長期化する抗議デモに対し「緊急状況規則条例」の発動に踏み切った。
5日、抗議運動参加者がマスクなどで顔を隠すことを禁じる「覆面禁止規則」が施行されたのを受け、香港住民がマスクをつけて反対デモを行なった。


b191008_09.jpg
デモ中の最初の怪我人発生時

一部デモ隊が暴徒化し、地下鉄駅の施設や中国系の銀行、商店を破壊した。
私服警官がデモ隊の集団に襲撃された際、自衛のために実弾を1発発砲したことを明らかにした。香港メディアは、14歳の少年が太ももに被弾し負傷したと伝えている。

さらに、7日に起きた抗議運動の際に「覆面禁止規則」に違反した罪で男女2人が逮捕された。住民は反発を強めているが、香港政府は取り締まりを強化する姿勢を崩していない。

b191008_07.jpg
デモのリーダー的存在:アグネス・チョウさん。2014年の「雨傘運動」も主導した。


香港、ヤバイですよ、本当に。香港市民の要求は、

b191008_08.jpg

であり、要求が通ったのは一番上だけ。すべての要求が通るまで絶対引き下がらないような気配を感じます。そのうえ「覆面禁止」令ですからね。デモはますますエスカレートしていく可能性があります。

そうすると中国政府はいずれ軍隊を投入して鎮圧にかかるんじゃないですか。習近平さんは不気味です。「第二の天安門」にならなきゃいいですけど、香港政府がデモを鎮静化できなければその危険性は十分にありそうで、そうなったら米国はどう動くでしょう。

b191008_02.jpg
中国・習近平国家主席

ただでさえ経済・貿易問題で衝突している米中が、今度は香港の民主主義をめぐって対立することになったら、ちょとしたきっかけで軍事衝突が起きるかもしれません。そうなれば、西側諸国の同盟国も追随して、まさか第三次世界大戦に発展する、なんてことはないでしょうか。考えすぎですかね。

でも「まさか」は起こる確率が高く、日本もこうした有事のシミュレーションをやっておく必要はあると思います。トランプ大統領が経済以外の問題に興味を持つか、という問題はありますが、台湾のこともありますし、米中の覇権をめぐる争いは、起きないよりは起きる確率が高いとみたほうが良さそうです。

平和ボケの日本人も、すこし背筋を伸ばして周辺の政治情勢を注視していく必要があるでしょう。


次は北朝鮮問題です。

b191008_06.jpg

北朝鮮の非核化をめぐる米国と北朝鮮の実務者協議が5日、スウェーデンの首都ストックホルム郊外で行なわれた。協議は約8時間に及んだが、北朝鮮代表のキム・ミョンギル氏は「協議は我々の期待に沿わず、決裂した」と述べ、ICBM発射と核実験について「中止が維持されるかは米国にかかっている」として再開の可能性を示唆した。

北朝鮮は2日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射しており、今後、挑発の度合いを深める可能性がある。(参照記事:読売新聞)


トランプ大統領は来年の大統領選前に、米朝交渉での成果をアピールしたいため、北朝鮮に対して大幅な譲歩をするのではないかと心配していましたが、どうやら最終段階まで経済制裁を維持する基本方針は変えなかったようです。

ひとまずほっとしましたが、「短距離ミサイルの実験に関しては問題にしない」と言っているトランプ大統領ですから、まだまだ安心できません。

自分とこ(米国)にミサイルが飛んでこなければいい、みたいな態度は我々日本人には納得がいきませんよね。何回も日本海に落ちるミサイルを飛ばされるこっちはたまったものではありません。

トランプさんはやっぱり同盟国を守る意識が薄いのではないかと疑心暗鬼になります。

大体、米国は過去にも北朝鮮に譲歩して制裁を解除した結果、核兵器の開発を許してしまいましたよね。ブッシュ大統領の時代でしたか「悪の枢軸」とか非難していたのに、途中でへたれちゃったじゃないですか。北朝鮮がどれだけ狡猾かわかっているはずなんですけど、また騙されちゃうのだとしたら、よほどのおバカさんですよ。

金正恩のほうがトランプ大統領よりも一枚上手、ということにならなきゃ良いですけどね。なにしろトランプさん、何考えているかわからないところありますから。日本は国連の非難決議で満足するしかなくなったら、将来、防衛のあり方も重要な現実問題になりそうです。

ましてお隣の韓国が現在、政治的に不安定になっていますし、その行く末は嫌でも日本に影響を及ぼしてくるでしょう。北主導による朝鮮半島統一ということになったら、目も当てられません。なにしろ大統領が共産主義者なのか、北にどんどん寄ってきていますからね。

今から、日本は不測の事態に備えて準備したほうが良いのではないかと思います。

posted by orion at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年09月08日

旭日旗に罪なし:ショーン・レノンは反撃できるのに日本政府はなぜできないのか

韓国・ノーカットニュースによると、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンが旭日旗を擁護し、韓国人から批判を浴びているのだそうですよ。

事の発端は、ショーン・レノンの恋人として知られる米国出身のモデルで歌手のシャーロット・ケンプ・ミュールが、19日にSNSに旭日旗デザインのTシャツを着て撮影した写真を投稿したこと。これに対し韓国人から「あなたが着ている服の模様はナチスと同じ意味」との指摘が寄せられると、ミュールは「旭日旗は明治時代に日本軍が初めて使用したもの。日本植民地時代より前から存在しているためナチスの精神的理念とは本質的に異なる」「非常に退屈で虚しい論争」などと反論していた。

b190908_02.jpg
旭日旗デザインのTシャツを着たシャーロット・ミュール

その後、ここにショーン・レノンも加勢し「全ての人に自分の意見を自由に述べる権利がある。アジアのナチスなどというものは存在しない」と強調した。その上で「僕らの新世代は過去の世代の行動について互いに非難しないでいよう。僕は君が(僕の)気分を害する権利を尊重するが、それに対する責任が僕にあるとは思わない。国旗に対する意見は一致していないが、僕は君たち全員に思考と表現の自由を信じてもらいたい」と訴え、「英語を無料で教えようか?」と皮肉ともとれる発言もしたという。

b190908_03.jpg
ショーン・レノン

さらに、ショーン・レノンは米国に住む韓国人ユーチューバーとも議論し、「ナチスは悪魔だったが日本は悪魔でない。僕は今後も旭日旗デザインを着用するし、韓国人が旭日旗にどんな感情を持とうが知ったことではない。僕の彼女もただかっこいいTシャツを着ただけだ」などと主張したという。

これに対し、韓国のネットユーザーの間では「歴史の勉強をしていないの?」「被害者でないから分からないんだ」「母親が日本人だから日本を擁護するに決まっている」「デザインがかっこいいのはハーケンクロイツも同じ。ドイツで着たらどう?」「歴史を知らないのはいいけど、知らないのに知ろうとせず、自分を正しいと思い込むのは幼稚だ。英語を教える前に歴史の勉強をしてほしい」「ジョン・レノンは平和主義者だったのに…。日本はアジアのナチスだったんだよ」など反発の声がさらに高まっている。 (一部抜粋 Record china 2019.09.05)


kyoku03_1.png
帝国海軍の軍旗だった旭日旗。現在も海上自衛隊や陸上自衛隊が使用


このニュースのコメント欄で「旭日旗が戦犯旗になった歴史は、反則行為をした韓国のサッカー選手がとっさに嘘吐いて誤魔化したのが起源なんだろ?」という指摘がありましたが、日本政府はこの問題に関してどうして効果的な反論をしないのでしょうね。

韓国に向かってだけではなく、韓国人が旭日旗の間違った認識をまき散らす国際的な場で堂々と反論するべきなのに、それをやっているというニュースを聞いたことがありません。

韓国人は自分たちが絶対に正しくて、相手(ショーン・レノン)が歴史を知らない、歴史の勉強をしろ、といって非難していますが、要するに問題のすり替えなのですよね。旭日旗の問題と日本に植民地にされてひどい目に合ったと信じる彼らの主張とは直接的な関係がないにも関わらず、日本に関するすべての問題をこうした歴史に結びつけて、異なる意見には一切耳を傾けません。

韓国にはいまだに反日活動を世界規模で推進する組織がありますし、韓国政府もそれに加担しています。なぜ日本政府はこうした活動の存在を世界に向けて知らしめようとしないのでしょう。

彼らのナショナリズムの高揚に反日活動が利用されている事実を日本政府ははっきりと国際的な場で指摘するべきなのです。そして

「日本をどれだけ侮辱し貶めても、自国(韓国)の国際的な地位が高まることはない。ところかまわず他国の悪口を言って、尊敬される国はない」ぐらいは言ってほしいと思うのですよ。

韓国に向かってだけ言っても効果はないでしょう。でも、今後は彼の国の若者たちに向かって正しい事実を知らせる努力は必要であり、国際的にも反論をしていかないと、旭日旗に対して誤った認識が広まらないとも限りません。

韓国の言い分の誤りを徹底的に正していかないと、またWTOでの紛争に敗北するような不利益を蒙ることにもなりかねません。

旭日旗の意匠はデザイン的にも多様性があって美しいものであり、一国のクレームによって禁止されるようなことがあってはならないことです。Tシャツのデザインでも、芸術的な作品でも、どの国でも、誰にでも自由に使えるデザインであるべきなのです。

その普遍的な価値にもぜひ触れて、日本政府は国際的な場で日韓のこの不毛な紛争に終止符を打つべく、しっかりとした外交体制を整えてほしいものです。

日本政府よ、ショーン・レノンに頼らず、自ら旭日旗の名誉を守りなさい。

posted by orion at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年08月04日

アメリカさんも韓国に言うべきこと言って!

日本政府が貿易管理上の優遇対象国からの韓国除外を決めたことについて、米政府は日韓のさらなる関係悪化を懸念している。
2日にはポンペオ国務長官が、事態の沈静化に向けて両国の仲介に乗り出した。

ポンペオ氏は2日、バンコクで河野太郎外相、韓国の康京和外相との3カ国会談に臨み、「(日韓の状況を)深く憂慮している。米国としてできる役割を果たす」と語った。関係悪化が、日米韓3カ国間の安全保障協力や北朝鮮の非核化に向けた取り組みに影響を及ぼしかねないという危機感がある。

ただ、米政府は日韓いずれかの立場を支持することには慎重な姿勢を崩していない。当面は、15日に行われる文在寅大統領の演説や、韓国側が破棄を示唆した日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)への両国の対応を注視。緊張緩和に向けて自制と対話を促していく方針だ。(時事通信社)


b190803_02.jpg
康京和韓国外相、ポンペオ米国務長官、河野太郎外相

日本政府が第2次経済報復として韓国を「ホワイト国」から除外したことは、韓国国内の日本製品不買運動に油を注ぐものとなった。特にユニクロやアサヒビールなど日本ブランド製品の不買を越えて、日本産原料・素材などを使用した製品にまで「ボイコットジャパン」が拡散している。(中央日報 8/3)

韓国の文在寅大統領は、日本から「ホワイト国」を除外されたことについて「盗っ人たけだけしい」などと強く批判し、「相応の措置をとる」と報復を宣言した。
文在寅大統領「今後、広がる事態の責任は、全面的に日本政府にあるという点を明確に警告する」(FNN 8/2)

b190803_03.jpg
文在寅大統領(「盗っ人たけだけしい」のはどちら?)

どうも米国は逃げ腰のようですが、韓国のお守を日本にだけ押しつけるってどうなの? こんな反日感情にとり憑かれたヒステリックな人たちには日本が何を言っても無駄でしょう。

b190803_04.jpg

最近、韓国大統領訪米時の首脳会談がたったの3分で終わった、とかいうニュースを聞いた覚えがありますが、トランプ大統領も文在寅氏を信用してないのではないですか。

貿易に関する安全保障上の問題については米国もその疑惑、あるいは把握している事実をはっきり韓国政府に伝えて、警告するべきではないでしょうか。

今回の措置(韓国をホワイト国から除外)についてはどうもトランプ大統領は了解済みで、安倍総理と綿密に話し合った結果のような気がしてならないのですよ。

いくら韓国が米国の同盟国で自由主義陣営に繋ぎ留めておきたいからといって、日本にだけ韓国への対応を任せて、米国が中立の立場をとるというのは、ちょっとずるいと思うのです。

日本はこれまでこの隣国にはほとほと手を焼いてきたのですから、今回ははっきり日本の味方をしてくださいよ、米国さん。でないと事実をそのまま伝えられていない韓国民の反日感情は益々エスカレートして、日本も断交を考えざるを得なくなってしまいます。

そんな最悪の事態になったら、米国だって困るでしょう。激化する対日感情を鎮めるには、米国のくぎを刺すひと言が必要だし、またここで日本が下手に譲歩すれば、韓国はさらに解決のゴールポストを動かして、新たな問題が発生するのは今までの経験から明らかなことです。

米国さん、一度でいいから日本側に立って、駄々っ子のような困った我が隣国に喝を入れてくださいな。

文在寅は北朝鮮のスパイではないか? と本当に疑っているならさ。


南北朝鮮の仮想敵国は日本なんですよ。

将来、わが国に牙をむくであろう反日国家にこれまでたくさんの経済・技術援助、貿易上の優遇措置を講じて肥え太らせてきたのはわが日本なのですから、ほんとに正気の沙汰ではありません。

相手はそれを当たり前と見て感謝するどころか、益々居丈高になっているではありませんか。


たとえ南北統一がなされたとしても、半島国が必ずしも西側につくとは限らないこと、地理上の観点からも、中国に呑み込まれていく可能性は決して低くないこと、その危険性を日本は今から米国と共有しておくべきだと思うのです。

その将来のあり得るべき展望について、日本政府は米国にしっかり伝えておいてほしいものです。

唯一の希望的観測は、民間交流で相互のネガティブな感情を改善して真に友好的な関係を築き上げることだと思いますが、その交流さえも今は制御できない反日感情によって次々と中止されている状況なのですから、あまり期待はできませんね。

奇跡でも起こらないかぎり、彼らの反日感情が親日に振れることはまずないと、最悪の結果を想定して、我々は将来に向けた準備をしておいたほうがよいと思います。

北への瀬どり、レーダー照射事件、戦略物資の横流し……
韓国の数々の疑惑について、日本を矢面に立たせるばかりでなく、米国自ら韓国に問いただすように、安倍総理はトランプ大統領にはっきり要請してほしいです。

とにかく、あまりにも激情的で、まともな交渉さえできない国家ですから、いざという時には米国が引導を渡すしかないでしょう。トランプさんでも、ポンペオ国務長官でもいいですから、韓国の裏切り行為については明確に言及するべきだと思います。

米国さん、日本と韓国、どちらの同盟国がより信用できるか、よくよく考えて、最悪の事態が生ずる前に、その立場を鮮明にする決断をよろしくお願いします。日本はもう我慢の限界超えていますから。
posted by orion at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際

2019年07月23日

参院選の結果&次の総理はだれ?

7月22日に行われた参議院選挙で自民・公明の与党は改選定数124の過半数(63)を超える71議席を獲得しました。うち自民党は57議席、公明党は14議席、野党では立憲民主党が17議席と倍増、日本維新の会は10議席、国民民主党6議席、共産党7議席、社民党1議席となりました。

b190723_02.jpg
当選者に笑顔で花をつける安倍総理

大体、大方の予想どうりではないでしょうか。ただ、今回は投票率が48.80%で50%を下回っているのですよね。戦後2番目に低い投票率だそうですよ。選挙戦の熱気もなく、かなり冷めていたとか。

原因は政治に関心のない若年層が増えたのか、逆に切羽詰まった緊急課題がなく、選挙に積極的に参加する気が失せたのか。間近に迫った消費税の10%上げは「もうしょうがないだろう」という人も多く、憲法改正の論議もそれほど盛り上げってはいません。

さらに、左派系の人の熱意に反して、ライトな保守層は「どうせ自民党が勝つから大丈夫」と思って、あえて選挙に行く手間を省いたということも想像されます。

b190723_03.jpg
参院選の選挙結果

そうなると、「れいわ新選組」のようなポピュリズムの党が票を集めて2議席を獲得するようなことも起こるわけです。さらに「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得!

驚きましたねえ。たった一つの政策を掲げて思いがけなく得票を伸ばしたのですから、今後、1イシューで選挙戦に打って出る新しい党が出てくるかもしれませんね。

それにしてもNHKの幹部は今どんな思いでN党を見ているのでしょう。ひょっとして、次回の選挙でまた議席を獲得するのではないかと戦々恐々だったりして。

そういえば、どこかの選挙特番で「千人に聞きました 次の総理は誰?」というアンケート結果を表にしているのを観ました。ちらっと見ただけですが、それによると、

1位は「特にいない」(366人)だそうですよ。これはどういうことなのでしょう。「誰がやっても同じだから」ということなのか、「次も安倍でいいよ」ということなのか、まったく無関心になっているのか。

要するに、ポスト安倍の突出した候補はいないということですね。以下、

2位 小泉進次郎(189人)
3位 菅義偉(132人)
4位 石破茂(86人)
5位 岸田文雄(58人)
6位 枝野幸男(32人)
7位 麻生太郎(31人)
8位 河野太郎(29人)
9位 小池百合子(25人)
10位 橋下徹(21人)

やっぱり進次郎さんは人気ありますねえ。でもまだ若いし、経験不足でしょう。

菅さんは「令和おじさん」として今、若者にも人気になっていますけど、彼はトップに立つ人じゃなくて、やっぱり副将的にトップを支える人だという印象が強いです。

石破さんはどちらかというと野党の思想に近い人だと思います。日本を任せられるかというとちょっと不安だし、こわいかな。

岸田さんは残念ながら地味すぎて発信力もないので。総理の器ではないかも。

枝野さん「日本をしっかり守ってくれる」という気がしない。隣国からのクレームに対しても毅然とした態度がとれるかどうか。米国との関係も含めて外交が心配。

麻生さんはもう「過去の人」という感じで今さら感が否めないし、失言もしそうだから安倍政権が終わったら引退でいいかも。

河野太郎さんはなんとか8位に食い込んでいますね。6位、7位とも僅差だし、もう少し経てばもっと上に行きそう。外交の手腕が広く認められれば保守層を中心に次期総理の声も大きくなってくるかもしれません。なんといっても最近、徴用工問題で駐日韓国大使を呼び出して、

「韓国側の提案は全く受け入れられないことは以前にお伝えした。それを知らないフリをして改めて提案するのは極めて無礼だ」

と一喝したあの場面が強烈に印象に残っています。韓国に対してこんなに毅然とした態度をとった外務大臣は初めてではないでしょうか。その期待を裏切らないかぎり、安倍総理の任期中にもっと経験を積んで総理候補の筆頭になってほしいと個人的には思っています。

9位に小池百合子さんが入っていることに驚きました。まだ期待をかけている人がいるんですね。先の衆議院選挙で野党(民進党)をまるごと抱え込んで保守層の期待を裏切らなかったら、今も小泉進次郎さんと総理候補を争っていたかもしれませんね。本当に痛恨の失敗だったし、惜しいことをしました。

10位が橋下徹さん。毎度、この人の名前は出てくるのかな。橋下さんの政治思想がいまひとつよくわからないのです。自民党寄りかと思えば、野党的な発言もするし、隣国に甘いし、信頼がおけない。まあ、枯れ木も山の賑わいというところで入ったのでしょうか。本人ももう政治家にはならないと言っているようですからね。


政治面以外に、社会的な問題も今いろいろとホットな話題になっていますね。吉本興業のパワハラとか、ジャニーズの元SMAPメンバーに対する圧力だとか。余裕があったらそのことについても近いうちに書くかもしれません。といって、また1か月後になったら、世間の関心はもう違う話題に移っていますね。さて、どうなるかな。

posted by orion at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

2019年06月26日

トランプ大統領、日米安保破棄の考えを側近に漏らす

トランプ米大統領が最近、日本との安全保障条約を破棄する可能性についての考えを側近に漏らしていたことが分かった。トランプ大統領は日米安保条約が米国にとって不公平だと考えている。

関係者によれば、トランプ氏は同条約について、日本が攻撃されれば米国が援助することを約束しているが、米国が攻撃された場合に日本の自衛隊が支援することは義務付けられていないことから、あまりにも一方的だと感じている。旧条約から数えて60年余り前に調印された安保条約は、第二次世界大戦後の日米同盟の基盤となっている。以下略(ブルームバーグ)

b190624ko8.jpg
トランプ大統領

だからトランプさんは突然何を言い出すかわからない人だから。彼は経済人だから基地費用の負担増や貿易問題での譲歩を日本側に要求する取引材料として発言した可能性もあるけれど、同盟国相手だからといって全面的に信用してはいけない、ということを我々が考える良い機会かもしれません。

というか、戦後の日本が軍隊を持てないようにしたのは米国でしょう。それを朝鮮戦争だの、米ソ冷戦だので、あわてて日本に自衛隊を創設させたのも全部アメリカさんの意向ですよね。トランプ大統領はそうした歴史をご存じなのでしょうかね。

それに日米安保は日本だけでなく、アジア太平洋地域の安全保障にもかかわっており、ベトナム戦争でも日本の基地を利用したし、日本の米軍基地はいわば米国の飛び地みたいなもので米国にとっても大いに役立っているはずなのです。

もし日米安保が破棄されたら、もはや中国の思うつぼで、この地域での米国の影響力は著しく低下し、中国が覇権を握るのは間違いありません。

そんなことは米国もわかっているはずだとは思いますが、その一方でいつまでも日本の安全保障を米国だけに頼って良いのか、という問題も当然持ち上がってきます。

100年後、200年後も日本に外国の軍隊が駐留していること自体、独立国として健全な状態と言えるのか。

年々高まってくる強大な中国の脅威にどう対峙すれば良いのか、70年経っても100年経っても、謝罪と賠償を求め続けるであろう韓国とどう付き合ってゆけば良いのか、今から未来の青写真をしっかり描いて、日米安保抜きの日本の在り方を、政府も、野党も、我々国民も真剣に考え、最良の答えを見いだしてゆかなければならないでしょう。

中国とは経済面や民間交流で良好な関係を保って、北朝鮮に対する日本の立場を理解してもらえる努力をすると同時に、決して中国に取り込まれないように警戒を怠らないことも必要でしょう。

さて、ここからは「オリオンの生活日記」です。

北海道行ってきましたー!

b190624ko6.jpg
旭山動物園の白クマさん

ガラス越しなのでちょっと写りが悪いです。


b190624ko4.jpg
美瑛・白金「青い池」

一番見たかったところです。本当に水面が不思議な青色をしていて、神秘的な雰囲気が漂っていました。

b190624ko5.jpg

定番の摩周湖にも行ってきました。20歳の時に一人旅をして一度訪れていたので、若き日の思い出がよみがえって、とても懐かしかったです。

b190624ko7.jpg

これは網走刑務所内に飾ってあった受刑者が描いたという似顔絵です。プロ並みのうまさにびっくりしたのでご紹介しました。左から皇太子妃時代の美智子上皇后さま、美空ひばりさん、えーと外国女性は誰だったかな。

その他、メルヘンの丘、オシンコシンの滝、釧路湿原など行ってきましたが写真たくさんになっちゃうのでここらへんでやめときます。また、秋になったらどこか行きたいなー。実現したら、ここでまたご報告しようと思います。

posted by orion at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際